コツコツ

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

f0152079_1734876-1

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。

その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。

多分夜中の日付が変わった頃だと思う。

もう疲れていたので、ズボンだけ脱いでそのままベッドに横になった瞬間に眠ってしまったんだよ。

そのままもう朝まで起きる事はないだろうと思ってたんだけど、上の階からの物音で目が覚めた。

「ドン、ドン、ドン、ドン、ドン」

てな感じの一定のリズムで足踏みをする様な物音が5分くらい続いたのかな。

そんなに大きい音でもなかったから無視して寝ようかと思ってたら、今度は俺の部屋の窓を「コツ、コツ、コツ」ってまるで爪を立てて軽くノックするような音がし始めた。

半分寝ぼけてた俺はベッドの位置関係でちょうど頭の上のにある窓を見たら、カーテン越しにでもハッキリ分かる人間の上半身のシルエットが張り付いていた。

寝ぼけてた俺はそこですっかり覚醒して、僅かに空いてるカーテンを引っ張って隙間を咄嗟に埋めた。

あのままだと隙間から目が合うと思ったから。

その間も「コツ、コツ、コツ」って窓を叩き続けてたんだけど、どれくらいかして外が白んできた頃にはそいつは消えてた。

チェックアウトの時に、年配のフロント係にそれとなく聞いたら「気のせいですよ」と即答されたわ。

関連記事

押し入れ(フリー写真)

白く小さな手

中学校の時、先生に聞いた話です。幼い二人の姉妹が家で留守番をしていました。両親は夜にならないと帰って来ません。暇を持て余していた姉は、家でかくれんぼをする事を思い付きま…

トンネル(フリー写真)

壁の向こう側

トンネルで不思議な現象に出遭った。そんな話をよく聞くのだが、実は私にもそんな経験がある。この時期になると思い出すのだ。※ちょうど冬休みに入った日のこと…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

夏みかんの木(フリー写真)

夏みかんの木の神様

少し不思議な話を親から聞きました。自分の親は今から25年前、八丈島という所に転勤になったそうです。そこの社宅(一軒家)の庭に、一本の夏みかんの木が植えてあったのですが…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

土地にまつわる因縁話

知り合いの霊能力がある人の話。普通、霊能者と言えば厳かな感じの人が多いというイメージがあるんだが、知り合いの人はそこら辺にいそうな、筋トレ好きな体育会系のおっさんなのよね。 …

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。T県のとある海鮮料理を出すお店…