鏡に写る幽霊

田舎の夜(フリー素材)

僕は現在、建築関係の仕事をしています。

主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。

これは僕が新人の時の話で、田舎にある一軒家のお風呂を作っていた時の話です。

その日はいつものように仕事をしていたのですが、時間が掛かってしまい夜中の午前0時まで作業をしていました。

普段なら夜の20時を過ぎると周りの住人の迷惑になるため、作業を打ち切って次の日に続きをやることになります。

でもそこは田舎で山近くの遠い場所にあるし、この日に終わらせると次の日が休みになることもあり、管理会社に連絡を取り作業を続けることにしました。

22時頃になると、僕の相方の先輩が「家の用事があるため帰りたい」と言い始めました。

僕は新人ですがある程度の仕事はできるようになっていました。いつもなら作業が終われば先輩と一緒に帰っていましたが、今日は別々で帰ることになり、僕は居残りで仕事をしていました。

先輩が帰ってから1時間程で作業も一段落し、最後の仕上げにお風呂の鏡を取付けて完成です。

『やっと終わった~』と思って鏡に写った窓の外の風景をふと見た時…、女の人が立っているのが見えました。

こんな山奥で、しかも時間は深夜。周りには住居もありません。

単なる見間違いだと思い込むようにし、怖くなった僕は急いで後片付けをし始めました。

まずは窓を閉め、なるべく鏡は見ないように仕事を済ませます。

そして最後の確認をした時、窓ガラスに女の人のシルエットが見えていました。

さっきよりも近付いている!!

半ばパニックになりながら、逃げるようにすぐ風呂を出て、車に乗り込み発進しました。

帰り道で冷静に『あの人は一体誰なのだろう』と考えると、本当に怖くなってきました。

そして最悪なことに気が付きました。

僕の会社では仕事が終了すると、お風呂の保証書を風呂の湯船の底に置いて行かないといけないのですが、それをすっかり忘れていました。

折角こんなに遅くまで作業したし、休みの明日にまた来るのも面倒です。悩んだ挙句、怖いけど戻って置いて来ることにしました。

現場に到着すると車のトランクから書類を取り出し、さっきの物件の鍵を開け、周りを見ないように一目散に風呂の扉を開けました。

そして湯船の中に書類を置こうとした時、僕の携帯が鳴りました。

「うわっ!」

あまりにビックリして痛いほど心臓は脈打ち、変な汗も吹き出してきます。

着信は地元の友達で、心霊体験が豊富で占いもやっている人からでした。

さっきのこともあって、丁度話をしたい人からだったのですぐに電話を取りました。

「お前、今○○に居るだろ? そこ本当にやばいからすぐに戻ってこい」

電話で開口一番にそんなこを言われたので、僕は猛ダッシュして車に戻りエンジンを掛けようとしましたが、なかなか掛かりません。

これはいよいよやばいなと感じた時にエンジンが掛かり、ヘッドライトを照らすと車のすぐ目の前に、ワンピースを着たかなり長身の女が立っていました。

アクセル全開でバックして車を出し、夢中で地元に帰りました。

後日、先輩にこんなことがありましたと話をしました。

すると先輩は真っ青になりながら、

「やっぱりか。実はな…」

と続けました。

詳しく聞いてみると、先輩もその辺りの山の麓の別の物件で作業していた時、同じように女の顔が鏡に写ることがよくあったらしく、夜遅くまでの作業は絶対にしたくないと思っていたそうです(ちなみに僕と行った日は本当に用事があったようです)。

電話を掛けてくれた友達の話では、大昔にその辺りの集落で一家心中した家があったらしいです。

その家族の霊魂が固まったものが、僕の目の前に現れたのだそうです。

これまでは全く幽霊を信じなかったし、テレビ番組で取り上げられているのもどうせ嘘だろうと思いながら見ていました。

でも、この体験をしてからは幽霊の話も信じるようになりました。

もう二度と怖い体験はしたくないと思います。

関連記事

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。 当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。 崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。 麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。 Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。 そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。 光や顔が写り込んでいるもの。 体の一部が消えているもの。 体が変色しているもの…。 これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。 それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

横穴

ゆうちゃんとトミー

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」という男がいた。 彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。 俺…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。 その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。 それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…