黒い鳥居

石段

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。

当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。

その日は学校をさぼり、町外れにある無人の神社に二人の先輩(アキさん、コウさん)とタムロっていました。

バイク談義も一段落し、そろそろたまり場に帰る雰囲気になっていたのですが、アキさんが「この神社の裏山に遺跡みたいなのがあるらしいから行ってみよう」と言い出したのです。

見ると確かに裏山の奥へ続く石段がありました。

僕は基本的に先輩に付いて行くタイプだったので、「いっすよ」てな感じでしたが、コウさんはだいぶラリっており「だりー、お前ら行って来ていいよ。俺はここで待ってるから」と言って待つことに。

僕も実は面倒臭いと思っていましたが、アキさんに付いて石段を登り始めました。

その裏山は多分高さが20~30メートル程で、夏ではありましたが石段をトンネルのように木が覆い、涼しさすら感じます。

緩やかな石段を登りつつ、世間話をしながら5分程登りました。

するとまだ上がありそうなのに草木が石段を隠し始め、かなり長い間人が立ち入っていない様相を呈し始めたのです。

「…アキさん、遺跡とかないっすね」

「でも、まだかなり上まで続いてそうだなこの階段。ひょっとして頂上まで行くんちゃうか? 展望台みたいのがあったりして!最後まで行ってみようぜ」

……アキさんにこんな趣味があったとは…意外に思いながら更に登ります。

草は既に腰の高さまで伸び、一歩づつ踏み倒しながらでないと進めません。

つづら折れを曲がったところで異様な物が目に入りました。

殆ど草に隠れていましたが、鉄柵が道を塞いでいるのです。

赤錆びて今にも朽ち果てそうなその鉄柵には、『立入禁止』のプレートが架けられていました。

やはりかなりの時間の経過を感じさせる程錆に侵食されながら…。

立入禁止と言われたなら、もう僕らとしては立ち入らない訳にいきません。

「この先には何かびっくりするような面白いモノがあるに決まってる!」

アキさんと僕は少し興奮しながら、崩れ落ちそうな鉄柵を乗り越え頂上を目指しました。

………今思えばここで引き返していれば、あんな忌まわしい出来事に遭わなくて済んだのでしょうが、あの時の僕らは何か得体の知れない力によって死の淵へと導かれているようでした…。

神社前の通りから山を見るのと実際登るのとは大違いで、小高い丘くらいに思ってたのがこんなに深い森だったとは…。

鉄柵から更に15分程登り、ようやく頂上付近と思われる場所まで来ました。

大分前から石段は途切れ、広い獣道みたいな坂に変わっています。

半径30メートル程の開けたその場所は、木々に陽光が遮られ薄暗く、下界からの音すら聞こえない薄ら寒い雰囲気をたたえ僕らを迎え入れました。

しかし、そんな事より誰の目から見ても明らかに異様な物がありました。

それは僕らが期待していた廃墟などではなく…。

その場所の中央ど真ん中に鳥居が立っていたのです。

普通サイズよりかなり小さな高さ2メートルくらいの鳥居です。そして何故か真っ黒に塗られています…。

草むらの中にぽつんと立つその鳥居は実に気味悪く、見てはいけないものを見てしまったような、そしてここに居てはいけないような気分にさせられました。

「おい…なんか不気味なとこに来ちまったな」

「なんか保護文化財みたいなやつじゃないですかね? だから立入禁止とか」

「夜とかシャレにならんなここ」

僕らはさっきまでの興奮など忘れ、急に馬鹿馬鹿しくなって山を降りる事にしたのです。

僕が先に立って降り始めました。いや、そのはずだったのです。

しかし降り始めてすぐアキさんが居ない事に気が付きました。

「あれ? アキさん?」

振り返ると先輩は何故か例の鳥居に向かってガサガサと歩いて行くではないですか!

不思議に思いながら見ていると、鳥居の下をくぐり抜けその先の森へ…。

「アキさん!どこ行くんすか!?」

聞こえていないのかそのまま森へ入って行きます。

その時、僕の耳元で

「オイ、オマエモ…」

と男の声がはっきり聞こえたのです。

次の瞬間、アキさんが消えるのを見ました。崩れ落ちるように消えたのです。

『消えた…? まさかコケたんやろ…でも今の声何や?』

その場の異様な空気もあり、悪夢でも見ているようでした。

先輩を助けなければとは思いましたが、あの鳥居がどす黒い怨念を放っている気がして、とても近付く気になれません。

足が勝手に逆方向へと進んで行きました。

その時「オ~イ!○○~!」と僕を呼ぶ声が聞こえました。

『コウさんだ!迎えに来てくれた!』

夢中で声のする方へ一歩踏み出した瞬間、僕はアキさんに何が起こったのか理解しました。

踏み出した先は高さ10メートルの崖でした。

目が覚めると病院の一室でした。

僕は手首の骨を折り、脳震盪で気絶していたそうです。

アキさんは腰と大腿骨を折り重傷でした。

アキさんが言うには「確かにお前の後ろを歩いて行ったのに、途中でフッと消えた」との事。

コウさん曰く「お前らが遅いから心配になって見に行ったら、お前が降りて来るのが見えた。声をかけたらいきなり崖から飛び降りて、気が狂ったかと思ったわ」との事。

警察にも色々聞かれました。そしてあの場所は…150年前の刑場だったみたいです。

以前は首斬り坂と呼ばれた曰く付きの場所でした。神社もその関係で建立されたものだとか。

そんな場所で騒いで霊を怒らせてしまったのでしょうか。

…でも、一番不思議なのがあの鳥居の事です。

あれからそこには近付いていないのですが、山頂に鳥居など存在しないらしいです。

僕らは一体何を見たのでしょう……。

呪詛

相も変わらずこのスレは荒れてるようで。 怖い話の怖さとは、それを見聞きする環境にも左右されるのはご存知の通りだと思いますが、現在のスレのような状況では、仮に良質な話が投下されたと…

御業(ゴギョウ)様

俺がまだ小学生だった頃、母方のじっちゃんの田舎で体験した洒落にならない話。 口止めされていたけど、もう爺ちゃんが他界して十年くらいになるから話す。関わりたくない人は、読まない方が…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

人間の闇

新婚の頃、旦那のお祖母さんの妹の家に挨拶に行った。古い大きな家だった。 その時は玄関で挨拶して帰っただけだったが、テレビの音が凄いボリュームだったのが妙に印象に残った。 そ…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。 人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。 村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。 Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。 その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

事件事故

父親が道警勤務で、事件事故は親父の出動の方がニュース速報よりも早い。だから事件事故は「親父の仕事」のイメージが強かったりする。 でも、豊浜トンネルの崩落のときはちょっと違った。 …

都会の景色(フリー写真)

報道されない事件

新聞にも載らなかった話。 とあるマンション(市内では自殺の名所で知られている)で女性の死体が見つかりました。 仰向けに寝かされた状態。年齢は20代後半くらい。革のミニスカ-…