竹林

1024-768

小学校の頃の話です。

おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。

俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構周りには行ってる人が多くて、みんな

「変な小屋があって浮浪者が住んでる」とか、

「小屋があって扉がどうしても開かない」とか、

まあ要は木造の古い小屋が一つぽつんとあるってみんな共通して言ってました。

何時の間にかその小屋に行ったという事実は「勇気のある奴」のステータスみたいな感じになって、悪ガキ連中はみんな行こうとしてた記憶があるっす。

んである日、Oって奴とUって奴が二人で「行こう」って話になったらしいのね。両方一応友達だったんだけど。

まあ、行く奴はもうみんな行ってて、今更行くのは言わば遅れ馳せながらって感じやったんやけど。

そして放課後二人して行ったらしいです。つーか行きました。

この辺は後で人伝に聞いた話と俺の想像。とにかく小屋に向かった二人は深い竹林の中を、例の小屋を捜して歩きます。

遠目には小さい竹林やったのに、ちょっと入ったらすごい暗かった記憶があります。あれは不思議やった。

そんで二人、小屋は例のごとく発見したらしいです。んですぐ入ってみようって話になったんやと。

木造の扉を開けて中に入ったんですが、先に入ったUが「うわ、やべ!」って思ったらしいです。

中で人が首吊って死んでたんやと。そんでどうしよとか思ってたら、突然後から入ってきたOがすごい声で叫び出したらしいです。

「お母さん!!」って。

叫び続けるOを置いてUはダッシュで逃げたらしいです。そん時俺は学校のグラウンドでみんなとドッヂボールか何かをやってて、そこへUがダッシュでやって来たんすよ。

グラウンド越しに見える竹林の方角から。めっちゃでかい声で「Oのおかんが死んでる!」って言いながら。あん時は凍りました。

その日はすごい騒ぎになったと思いますが、よく憶えてないっす。とにかくOはその日から学校に来なくなって、そんで結局一度も顔出さないまま転校していきました。

ここまでは記憶の限りマジ話。多少の間違いはあると思うけど、問題はここから。

ありがちな話っす。「あの小屋に幽霊が出る」って話になるんすよ。その自殺以来、本当に行く奴はめっきり減って、みんな行きもしないのにキャーキャー言ってました。

まあ、俺もそうか…。当時物知りの方だった俺は首吊り死体が凄まじい状態になるって何かで知ってたので、それを詳しくみんなに話してました。面白半分に。みんなまたそれを聞いて騒ぐわけですよ。

「首吊り女の霊が出る」って。

そんである日、また別の友人Sに誘われたんすよ。

「お前、そんなに霊に詳しいんやったら見に行かん?」て。

俺はビビリだったんで速攻断ったんですが、後で話を聞かせてもらう約束はしました。

Sは結構仲間内でも悪い方で、奴なら本当に行くと思ったので。そんで何人かで本当に放課後例の小屋を見に行ったらしいです。

次の日、学校に行った頃には俺はもうすっかりそんな話は忘れてたんですが、Sがその日すんげー暗かったのね。いつも騒いでばかりの問題児が。

それで俺も昨日の事思い出して「本当に行ったの?」って訊いたんすよ。そしたら「うん」ってそれだけ。

いつもなら自分から、がーって喋るはずのSがすごい大人しかったんで「これはマジで出たか!?」って思ってその日一日Sにべったりくっついて根掘り葉掘り聞いてたんですよ。

「昨日小屋で何があったか」を。

ところが、何聞いても教えてくれない。

「何か見たの?」には「うん」って言うけど、

「何を見たの?」には答えてくれない。

例えハッタリでも「すごい顔した女の幽霊見た」とか言うじゃないですか?

俺はもう「Sは本当に幽霊を見たんだ」って思って興奮して「どんな幽霊か、どんな感じしたのか」って結局放課後までずっと聞いてました。

そしたら遂にSが「誰にも言うなよ、そんであそこには絶対行くな」って言い出しまして。そん時俺がどんなに嬉しかったかは解ると思います。

Sが言ったのは一言だけです。

「扉開けたら中にすげー声で叫んでるOがいた」って。

オチらしいオチはありません。

Sはその後、二度とその話はしてくれないし、俺もおもしろ半分で人に怖い話をする事は減りました。

小屋のあった竹林は潰されて、今は筆ペンを作る工場が建っています。転校していったOがその後どうしてるかは誰も知らないし、俺は一回だけ見せてもらったOの妹の顔を時々思い出すだけです。

これが俺が小学校の時あった洒落にならない怖い話です。多少脚色は入ってますが、大体事実です。

後日談

先々週末、お酒を随分飲んで帰る機会がありまして、その日普段と違う帰り道を夜中べろんべろんに酔って一人で歩いて帰ったんですよ。

その道は僕が通っていた小学校の裏道に当たり、もうかなり長い間使った事が無かったんですよ。川を挟んだ向こうには工場が建っていました。

あの竹林の跡地に…。

工場が目に入った瞬間、ちょっとぶるっと来ました。何しろあの忌まわしい事件の顛末を事もあろうに2ちゃんねるに書き込んだという前科が自分にはあったので。

考えないようにしていたのですが、何の気まぐれかもう絶対通らないと決めていた道を通ってしまったんですよね。

もうすっかり暗くなって工場の外灯の薄暗い光しか見えない。そこで僕は見てしまったんですよ、あの竹林が潰されずに残っているのを…。

十数年前のあの事件以来、友人の忠告通り竹林には行かず傍を通る事すら無かったんですよ。

それでどうやら記憶が勝手に捻じ曲げられていたようです。竹林は無くなってなどいなかった…。

普通の状態なら速攻ダッシュで逃げてたんでしょうけど、何しろ酔ってましたから。変な使命感もあったんでしょうなぁ、馬鹿だ。

向こう岸に渡れる古いコンクリートの橋があって何を考えたか渡ってしまったんですよ、竹林に行くために。

小学校の時、みんなが肝試しに使っていた竹林。僕自身は初めて来ます。あの事件の前にちょっと遠目に見た事があるくらいでした。

大人になった今、外から見ると随分小さく見えました。竹林を囲むようにびっしりと緑色の壁が覆っているように見えていて、近くまで寄ってそれが周囲に配置されたフェンスに群生するシダのような物だとわかりました。

足はふらふらでしたが、僕はフェンスをさっくり乗り越え竹林の中に入りました。何かに魅入られていたとしか思えないっす。

やたら草が茂っていて中は真っ暗でした。それでとりあえず工場の外灯に向かって進みました。

するとすぐ傍に、小屋がありました。外からはまったく見えないのに…。

さすがに足は止まりました。本当にあるとは。そしてまだ残っているとは。

ここでOの母親が…。無意識のうちに手を合わせました。そして止せばいいのに小屋に入ろうと思ってしまったのですよ。

『あの話を不特定多数の人が見る掲示板に書いた。最早まったくの部外者とは言えない。すっきりするためにも自分は中を確認する必要がある』

そう思って…多分。いや酔っ払いはそこまで考えないですか。

扉は横引きの木戸で、鍵はかかってないのに妙に重かったです。一気に引いて中を覗き込みました。

小屋の中は真っ暗で最初何も見えない。

僕は小屋の中に入り、すぐに何かに躓きました。倒れこそしなかったものの、よろよろとそのまま小屋の中奥深くにまで進んでしまいました。あちこちで何か硬い物が足に当たります。

しばらく何も見えなかったんですが、目が慣れるに従って、小屋の中そこかしこにびっしりと林立する異常に大量の地蔵がある事に気がつきました。

地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵!

心臓が止まりそうになりました。一瞬地蔵が全部こちらを見ていると思って腰を抜かしそうになったのですが、彼らの視線は小屋の中の違う一点で結ばれていました。

『何かある!?』と思いそちらを見ましたがその空間には何もありません。

ただ、その空間の上方。少し目を向けるとそこに小屋を貫くようにまっすぐの長い梁が存在し、それは人一人くらい簡単にぶら下げられそうなくらい太く、僕はそこに「何があったのか」を容易に想像する事が出来て…。

酔いと悪寒で吐き気が込み上げ、口元を抑える僕の耳にはっきりと「おかあさん?」という小さな声が聞こえました。

思わず振り向くと小屋の入り口、入ってすぐの所に立っているのは紛れも無く当時と変わらぬ姿のO、その人!

Oはまん丸の目をキュッと音が聞こえそうなくらいはっきりと歪め、そして…理解できたのです。彼が次の瞬間に叫び出そうとしているのが!

竹林からどのように抜け出たかはよく覚えていません。気が付いたら吐きながらいつもの帰り道を全力で駆けていました。

それが二週間前くらいの出来事です。腕とか傷だらけっす。

大分悩みましたが、多分勘違いか夢だろうと思ったので、ここに投稿して全部無しって事にする事にしました。

南無…もう忘れます。誰か理性的な突っ込みを下さい。本当泣きそうでした、ここ最近…。じゃ。ごめんなさい、本当ごめんなさい。

関連記事

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。1年生の授業で、『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。入り口まで着き、…

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。海辺の生き物を探し…