路地裏の子供

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

Three_Butterfly-Glue,_Chalk_by_Chip

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。

最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思いますが、飲み屋街や歓楽街もあり、深夜まで賑わっています。

終電で帰っても駅の周りは賑やかなのですが、一本道を脇にそれると以外に寂れたところもあります。

僕はいつも近道なので、裏通りのようなところを通って帰りますが、不景気のせいか潰れてしまった店も多く、本当に暗くてごみごみしています。

1週間程前、僕は携帯で電話をしながら歩いていたので、いつも通る道と少し違う道を通っていました。ふと見るとその裏路地で女の子が2人遊んでいます。

こんな時間に?(なにしろ終電で帰るような時間ですから)とも思ったのですが、大きな赤いちょうちんの前で遊んでいたので、きっとその家の子だと思います。

その通りはより一層寂れていて、もうその店しか開いていないので間違いないと思います。一人は白いタートルネックに赤のつりスカートを着て、縄跳びをしていました。

もう一人はしゃがみこんで道路に何かチョークのようなもので落書きしています。

寒い日だったので、子供は元気だなあぐらいに思って家路を急ぎました。次の日もやはり帰りが遅くなったのですが、その道は通りませんでした。

そしてその次の日、やはり終電で帰ったのですが、いつの間にかその通りを歩いていました。

見ると先日と同じ場所で、やはり女の子が2人遊んでいます。

なんだか可哀想に感じて、少し先に行くとコンビニとかもあるので何か暖かいものでも…と思ったのですが、怖がられるだろうし、僕も変な誤解を受けるのもいやなのでやはり家路を急ぐことにしました。

次の日、やはり終電で帰った僕は、今度は意識してその場所へ向かいました。どうせ通り道です。

やはり少女たちはいました。

今日は縄跳びではなく、ボールをついて遊んでいます。でもそのボールはドッジボールのようなものでなく、本当に毬のようなものをついているのです。

今どき珍しいなと思いました。色は白っぽいのですが、つくとゆっくり返ってくるのでドッジボールではないと思います。しかも少し小ぶりでした。

もう一人の子は相変わらず落書きをしています。二人が今日も元気に遊んでいたので、なんとなくほっとして僕は家に帰りました。

でもね、何か引っかかってたんです。妙な違和感というか。

家に帰って寝る直前に、ふと思ったのです。どうしてあの子達はいつも同じ服なのだろう。そして僕は何より、少女たちの顔も、声も知らないのです。

毬つきしていた子は向こうを向いていたし、もう一人は下を向いて、一心不乱に落書きしているからです。そして、この2人の間には会話がなかったからです。

年は判りませんが、あのくらいの子供なら、気が散ったり騒いだりしそうなものですが、いつ見ても黙々と自分のしていることに夢中になっているのです。

今の時代、縄跳びも毬つきも、そんなに楽しい遊びのように思えないのですが。そしてもうひとつ、あの赤提灯の店からは客の声なども聞こえず、本当にひっそりとしているのです。

僕はいきなり気味が悪くなりました。でも、あれは確かに幽霊ではなく人間です。

次の日の朝、僕はその道に言ってみました。

大きなちょうちんが見えてきました。近付いてみると、見事に古くなって字も読めないような代物で、中に電球のように光を灯すものは入っていませんでした。

というより吊るしているだけで、電気を通すコードもなく所々破けてすらいるのです。

ふと地面を見ました。落書きの痕跡は殆ど消えていました。そんな人も通る道でもないのに、そんなに簡単に消えるものなのでしょうか。

うっすら残っていた絵を見ました。ぐしゃぐしゃになっているのでなんだかよくわかりません。僕は角度を変えて、少女の方から見ました。

よく見るとそのぐしゃぐしゃの部分はどうやら髪のようで、よく見ると男の人のようでした。

幼稚園なんかで後ろに貼ってありますよね、お父さんの絵。あんな感じです。メガネのようなものもかけています。

でもそのお父さんの絵には、大きな牙のようなものが描かれていました。いえ、口の中に、ぎざぎざの歯が重なり合うように描かれているのです。ぞっとしました。

いきなりその日陰の裏路地にいること自体気味が悪くなった僕は、急いで会社に行きました。それからその道を通れないのです。

僕は怖くなってしまったのです。確かめるのが怖くてわざわざ遠回りをする程でした。

でもまた2、3日経って、何かの間違いかと思うようになりました。今日もきっと終電です。

書いているうちに落ち着いて冷静になるかと思ったら、余計に気味が悪くなってしまいました。

今日はもう一度行ってみようと思います。本当にあの店は営業しているのか。あんな提灯で営業できるはずないです。

店の中も暗く薄汚れていて、とても商売ができる状態には見えませんでした。

もし営業していたら入ってやろうかと思います(一人は怖いので、友人を連れて行こうかと思いますが、終電まで仕事する僕を待ってくれるかどうかが問題です)。

今日がだめでも2月に入ればずっと楽になるし、明後日には行ってこようと思います。

読みづらい上にあまり面白くなくてすみません。

それでは。

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。 就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。 降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…

校庭(フリー写真)

あやこさんの木

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。 何という種類かは分からないが、幹が太く立派な木だ。 何故、あやこさんの木と言うのかは判らない。 みんなそう呼…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。 その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。 「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。 俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。 ある日、隣の市の…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。 おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…