人身事故

A5B9A5ABA5A4A5C4A5EAA1BCA5DFA5E9A1BC

6月の中旬頃の話。

当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。

その日も特にする事がなかったので、次の日が休みという事もあり神奈川方面へ結構な遠出をした。

その帰り道、確か夜の12時過ぎくらいだったと思う。

走る道とかも適当で、標識を頼りにあまり車通りの多くない道を世田谷方面に向かって進んでいると、急に前を走っていた車が急ブレーキを踏んで蛇行しガードレールにぶつかった。

目の前で事故を見たのは初めてだったのでかなりびっくりしたが、そうも言ってられないので、ひとまずバイク路肩に停めて車の方へ駆け寄った。

車の窓から中を覗き込むと、中には女の人がいて両手でハンドルを持ったまま頭を項垂れてガタガタ震えている。

『え?これヤバくね?』と思い、とりあえず窓越しに「大丈夫ですかー?」と声をかけたのだが、女の人から返事は無い。

結構パニック気味だった俺は、ここで警察に電話しなければと気付いて110番をした。

警察を待っている間、俺が何度か「大丈夫ですかー?」と聞いていると、女の人はやっと車から降りてきた。

見た感じ怪我は無さそうだが、顔色は真っ青で何かぶつぶつと呟いている。

少し呟きが気になったので「どうしたんですか?」と口元に耳を近付けると、震えた声でとんでもない事を呟いていた。

「子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…」

俺はかなりギョっとした。事故の瞬間を見てはいたが、子供なんていたか?

記憶を思い返しても道路に人影があったようには見えなかった。慌てて道路の方を振り返ったが、どこにも子供の姿はない。

俺は女の人を路肩に座らせて、あちこち歩いて見て周ったのだが、子供なんてどこにもいない。

そうこうしているうちにパトカーがやってきて、警官が2人降りてきた。

警官に俺が事情を話し、警官もかなりあちこち探してみたのだが結局子供はいなかった。

俺も色々事情を聞かれたのだが、少なくとも俺は女の人の乗る車が急ブレーキを踏んでガードレールにぶつかったところしか見ていないし、道路に人影も見ていない。俺は自分の記憶にある通り警官に伝えた。

再度警官が女の人に事情を聴きに行き、俺も一緒に聞いていたのだが、女の人が言うには急に道路脇から子供が飛び出してきて、衝突する音も聞いたという。

でも、現実にはどこにも子供の人影は無い。警官の一人がパトカーに戻り無線で何か話し始め、もう一人の警官が女の人に怪我はないかとか痛い所はないかとか聞いていた時、急に女の人が道路脇にあったカーブミラーを見て

「ぎゃあああああああああああああ」

と物凄い絶叫を挙げた。

びっくりして、俺と色々聞いていた警官もカーブミラーを見た、カーブミラーには俺が一番手前に、歩道の路肩に女の人が座り、その横に警官が屈んでいたのだが、女の人と警官の後ろ、本来誰もいないその場所に子供が写っている…。

年は4歳か5歳くらい、ちょっと良いところの幼稚園児が着る様な服を着て、無表情に鏡越しに俺たちを見ていた。

俺と警官は多分ほぼ一緒に後ろを振り向いたと思う。しかし、そこには誰もいなかった。もう一度ミラーの方を見ると、そこには俺たち3人しか写っていなかった。

女の人はこれで完全にパニックになって、とても話が聞けるような状態ではなくなってしまい、警官が呼んだ救急車でそのまま運ばれていった。

そして、俺には一応後でまた事情を聞くかもしれないと住所や電話番号を聞き、最後に「ああいうのはさっさと忘れたほうが良い、気にしないほうが良いよ」と言ってきた。

そう言っている警官もかなり顔色が悪かったが…。

その後、警察からは特に連絡など何もなかったので、申し訳ないが後日談とか真相とか曰くとか、そういうのは全く判りません…。

関連記事

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

山では不思議なことが起きる

この話を聞いたのはもう30年も前の話。私自身が体験した話ではなく、当時の私の友人から聞いた話。その友人は基本リアリストの合理主義者で、普段はTVの心霊番組や心霊本などは…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…