人身事故

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

A5B9A5ABA5A4A5C4A5EAA1BCA5DFA5E9A1BC

6月の中旬頃の話。

当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。

その日も特にする事がなかったので、次の日が休みという事もあり神奈川方面へ結構な遠出をした。

その帰り道、確か夜の12時過ぎくらいだったと思う。

走る道とかも適当で、標識を頼りにあまり車通りの多くない道を世田谷方面に向かって進んでいると、急に前を走っていた車が急ブレーキを踏んで蛇行しガードレールにぶつかった。

目の前で事故を見たのは初めてだったのでかなりびっくりしたが、そうも言ってられないので、ひとまずバイク路肩に停めて車の方へ駆け寄った。

車の窓から中を覗き込むと、中には女の人がいて両手でハンドルを持ったまま頭を項垂れてガタガタ震えている。

『え?これヤバくね?』と思い、とりあえず窓越しに「大丈夫ですかー?」と声をかけたのだが、女の人から返事は無い。

結構パニック気味だった俺は、ここで警察に電話しなければと気付いて110番をした。

警察を待っている間、俺が何度か「大丈夫ですかー?」と聞いていると、女の人はやっと車から降りてきた。

見た感じ怪我は無さそうだが、顔色は真っ青で何かぶつぶつと呟いている。

少し呟きが気になったので「どうしたんですか?」と口元に耳を近付けると、震えた声でとんでもない事を呟いていた。

「子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…子供轢いちゃった…」

俺はかなりギョっとした。事故の瞬間を見てはいたが、子供なんていたか?

記憶を思い返しても道路に人影があったようには見えなかった。慌てて道路の方を振り返ったが、どこにも子供の姿はない。

俺は女の人を路肩に座らせて、あちこち歩いて見て周ったのだが、子供なんてどこにもいない。

そうこうしているうちにパトカーがやってきて、警官が2人降りてきた。

警官に俺が事情を話し、警官もかなりあちこち探してみたのだが結局子供はいなかった。

俺も色々事情を聞かれたのだが、少なくとも俺は女の人の乗る車が急ブレーキを踏んでガードレールにぶつかったところしか見ていないし、道路に人影も見ていない。俺は自分の記憶にある通り警官に伝えた。

再度警官が女の人に事情を聴きに行き、俺も一緒に聞いていたのだが、女の人が言うには急に道路脇から子供が飛び出してきて、衝突する音も聞いたという。

でも、現実にはどこにも子供の人影は無い。警官の一人がパトカーに戻り無線で何か話し始め、もう一人の警官が女の人に怪我はないかとか痛い所はないかとか聞いていた時、急に女の人が道路脇にあったカーブミラーを見て

「ぎゃあああああああああああああ」

と物凄い絶叫を挙げた。

びっくりして、俺と色々聞いていた警官もカーブミラーを見た、カーブミラーには俺が一番手前に、歩道の路肩に女の人が座り、その横に警官が屈んでいたのだが、女の人と警官の後ろ、本来誰もいないその場所に子供が写っている…。

年は4歳か5歳くらい、ちょっと良いところの幼稚園児が着る様な服を着て、無表情に鏡越しに俺たちを見ていた。

俺と警官は多分ほぼ一緒に後ろを振り向いたと思う。しかし、そこには誰もいなかった。もう一度ミラーの方を見ると、そこには俺たち3人しか写っていなかった。

女の人はこれで完全にパニックになって、とても話が聞けるような状態ではなくなってしまい、警官が呼んだ救急車でそのまま運ばれていった。

そして、俺には一応後でまた事情を聞くかもしれないと住所や電話番号を聞き、最後に「ああいうのはさっさと忘れたほうが良い、気にしないほうが良いよ」と言ってきた。

そう言っている警官もかなり顔色が悪かったが…。

その後、警察からは特に連絡など何もなかったので、申し訳ないが後日談とか真相とか曰くとか、そういうのは全く判りません…。

関連記事

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

エレベーター

病院での心霊体験

自分が子供の頃の話。 両親の付き合いで誰か(多分二人の共通の知り合いか何かだと思う)のお見舞いに行ったんだ。 何故か病室には入れてもらえず、その階の待合室で弟と絵本を読みな…

発見した遺体

数年前、森の中を歩いていたとき、とっても甘い香りを嗅いだんだ。 今まで嗅いだことがないほど甘い香りで、どこから漂ってくるのか突き止めたくなった僕は、その辺りの草むらを探ってみた。…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

着物女性の後姿

お礼参り

家の近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは日…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。 その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。 夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。 それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

黒いワゴン

俺の後輩が実際に体験した話です。 後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。 車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。 時刻は夕方の17…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…