俺の住んでいるマンション

公開日: 心霊体験 | 笑える怪談

d0015247_13334763

大阪市西区の駅近マンションに引っ越した当初の事。

駅まで徒歩5分、コンビニまで1分くらいなのに家賃3万円。

おかしいと思ったけどとりあえず便利だから住むことにした。

それからすぐ怪奇現象が起こった時の話を聞いてくれないか?

あれは3年前、引っ越した当初の事。

駅近くなのにこの家賃はおかしいなと思っていたが便利だったので住むことにしたんだ。

その日、風呂場の電球がいきなり切れた。変えたばかりなのに。

そしてまた変えたらまたいきなり切れた。光が飛ぶ、って言えばいいのかな……。

仕方ないから電気付けずに風呂に入ることにした。

そしてその2日後。今度は家の電気がいきなり消えた。

スイッチ押したらすぐ直ったけどまた消えた。

だから霊も少しは気を遣ってくれてるんだなと思った。

そしてその後も、いきなり本棚から物が落ちてきたりした。だから俺はその場所に物を投げて「お前じゃない俺がやった」と、一人部屋でドヤ顔した。

他にも夜中寝てる時に天井に女の人が張り付いていたからカードを投げて「そこか!」とか言ったり、ラップ音がするから俺は寝れなくて舌打ちをした。

舌打ちしてもうるさかったので、とりあえず舌打ちでリズム取り始めたら楽しくなってラップ音に合わせて出来もしないボイパを試みた。

そして俺自身満足したので、寝た。

他には何もないキッチンからいきなりフライパンが落ちてきたから、3秒ルールだといいフライパンごと霊も外に投げた。

それから何日かは何も無かった。

そして悪夢をみた。髪の毛で首を絞められる夢。

夢の中で俺はキレた。

そしたら夢から覚めてなんの気配もなくなっていた。

それからは霊がでなくなった。

その日から3年経つが、もう出ていない。

その後霊感ある友達が家に来た時、「……お前なんかした?」って言われた。

何が? と答えると

「いや、お前の部屋のカーテンの脇くらいに何人か霊が見えるんだけど、お前のことすげー怖がってるから……」

どうやら俺は霊に打ち勝ったらしい。

関連記事

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

すごく地味な

中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。ちなみに自分女、友達はユキといって、幼馴染の女の子。中学から家までは、大体歩いて30分ぐらいの距離だった。 …

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。色んな角度で…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。ところが、何故かどこもかしこも…

何で俺なんだよ

最近体験した怖い出来事です。文章が堅いのでいまいち怖くないかもしれませんが、洒落にならないくらい怖かったです。 ※ 今年の2月下旬、出張で都内のビジネスホテルに泊まった。 …

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。色々突っ込みたかった…

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…