アケミくるな

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

abstract-art-faces-wallpaper-2

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。

ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。

Sは仕事中だというのに、ある一点を睨みつけ、小さな声で何か呟いているのです。

不思議に思い近付くと、Sの声が微かに聞こえてきました。

「アケミくるな。アケミくるな。アケミくるな」

彼はひたすらそう呟いていました。

当時、会社には霊感が強いドライバーが二人いました。SとAです。

Aは、生まれつき霊が見えるとのことで、よく何もない空間を指差しては「あそこに青いお婆さんがいる」などと言っておりました。

Aは霊に対してある程度の耐性があるらしく、Aの言うことには、霊には大丈夫なやつとヤバイやつとの二種類があるそうです。

なんでも大丈夫なやつは全く以て生者に感心を持たずに、ただ決まった場所にいるだけだとか。

そういうのは大抵が何日もすればいなくなるそうで、全く無害なのだそうです。

A曰く、人に興味を持たないのは大丈夫らしいのです。

それに対してヤバイやつは、いつもこちら側、つまり生者を執拗に見ているらしいのです。

普段私たちの周りにもいるようで、その存在を知っているそぶりを見せると付き纏い、時には命に関わる問題を起こすそうです。

ですので、必ず見えないフリをして近寄らないようにしなくてはいないそうなのです。

Sは霊感があると言ってもAとは少し様子が違いました。

Sが霊の存在を感じるようになったのは、つい一年程前からなのです。

彼はそれまでは全く霊の存在を感じた事などなかったそうです。

きっかけは信じられない話ですが、ある遊園地のお化け屋敷に入り、出た後で急に見えるようになったというのです。

S曰く最初は霊だとは思わず、お化け屋敷から出ると、突然遊園地に顔つきの暗い人が増えたので不思議だったとのこと。

Sには、Aのようにヤバイやつと大丈夫なやつとを区別することはできませんでした。

話を戻します。

呟くSの様子を見て、僕は心配になり「どうした?」と声をかけました。

Sは返事をせず、ただ必死に呟いています。

「アケミくるな。アケミくるな。アケミくるな」

ただならぬSの様子に、霊絡みのことが起きていると思った僕は、Aに報告しに行きました。

AはSを見るなり言いました。「とてもヤバいやつとSが見つめ合っている」と。

僕には何も見えませんでしたが、どうにも薄笑いを浮かべた不気味な女が、Sの傍で彼をじっと睨んでいるのだそうです。

Aは言いました。「ああいうのは絶対に目を合わせたらいけない。気が付いていないフリをしなければ。今日はSに近寄らない方が良い」と。

そう言うと事務所から塩を持ってきて自分と僕に振りかけました。

それから退社時間まで僕はSに近寄らないないよう作業しました。

Sは時折首を振ったり、泣きそうな顔になったりしていました。

その様子はまるで、誰かにお願い事をしているようでした。

その日の退社時、僕の車のキーが無くなっていました。

困った僕がどうしようかと考えていると、背後からSが声をかけてきました。

「家まで送るよ」

Sの顔は真っ青でした。微笑んでいるものの、目がやけに真剣で僕は怖くなりました。

Aの言葉が浮かび僕は断りましたが、Sは頑なに送ると言い張ります。

その抵抗し難い迫力に押され、とうとうなし崩し的に僕は受け入れていました。

しかし、駐車場に停めてあるSの車の前に立った時、得も知れぬ嫌な予感を感じたのです。

『絶対に車には乗ってはいけない』そう直感しました。

僕は必死になってSを説得しました。今日は事務所に泊まるから良い。

しかしSは納得しません。次第に声が荒くなります。そうこうするうちにAが通りかかりました。

事情を知ったAは、自分が僕を送るとSに言いました。

Sは一変して塩らしく頼むから送らせてくれと言いましたが、僕は断ってAの車に乗り込みました。

Aの車が発進し、遠ざかるのをSはただ見ていました。

車内で僕はAに礼を述べました。

Aは真面目な顔をして言いました。

「実はな、途中から薄気味悪い女のヤバいやつは、Sの傍から離れてお前の傍にいたんだ。

途中からいなくなったから、お前が気付かないと諦めたんだと思ったんだが、さっきSの車の助手席に座ってお前をじっと見ていたんだよ。

あのまま乗っていたら、多分お前の家まで憑いて来ていたぞ。

ただ、Sは危ないな。完全に目をつけられてる。あいつからしばらく離れたほうがいいぞ」

翌日、Sは会社を無断欠勤しました。

そのまま1週間経っても来ない彼を心配して上司が見に行きましたが、彼は家にいませんでした。

家族の話では、1週間前から家に帰っていないらしいのです。

とうとう1ヶ月が過ぎても彼は帰って来ませんでした。

会社はSを解雇し、家族が捜索届けを出したと聞いたのですが、その後Sがどうなったのか僕には判りません。

ただ、町でSの車に似た車を見るとつい隠れてしまうのです。

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。 埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。 それにまつわるお話です…

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。 当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。 元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。 ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。 当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。 私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。 その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。 ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…