青い手首

木造校舎

ネタではありません。実際の体験談です。

世田谷区立某小学校での出来事。

入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。

2年生になった頃に木造校舎の建て替えで、自分のクラスだけが他の校舎と離れた体育館脇のプレハブの仮校舎で勉強することになりました。

一番近いトイレは体育館の近くの離れにあり、昼間でも薄暗く、男女兼用で汲み取り式のため、いつも異臭が漂っていました。

便壷への転落事故が過去に何度もあり、低学年は個室に入ることを禁止されていましたが、新しい校舎の便所が遠く、よく女子もその便所の個室で用を足していました。

ある日の休み時間、トイレに行くと真ん中辺りの個室が一つ閉まっていました。

悪戯好きの自分は女子が入っていると思い、その個室の戸を叩いたり、「お~い誰が入ってるんだ~」と叫んだりしたのですが、中からは返事は返ってきませんでした。

戸も引っ張ってみたんだけど、鍵が掛かっているらしく開きませんでした。

その後もその個室の戸だけが閉まっており、幾度となく戸を開けようと引っ張りましたが開きません。何かの故障で閉鎖しているんだなと思いました。

1週間くらいして休み時間に用を足しに行くと、その個室の中から「カラカラカラ」とトイレットペーパーを引っ張る音が聞こえてきました。

自分は怖くなり立ちすくんでしまいましたが、A君が「誰か入ってるの?」と聞いたら、個室から「鍵が開かないの、助けて」と返答がありました。

声の主はすぐにクラスのN美だと判りました。彼女はおとなしい子で、今思えば陰鬱な子供です。

B君がすぐに先生を呼びに行き、大人2人かかりで戸を引っ張って無理矢理開けました。

個室の中は凄い事になっており、床一面にトイレットペーパーが散乱していて、トイレットペーパーには所々に血が付いていました。

N美は呆然として便器にまたがり、立ち尽くしていました。

すぐに先生が保健室に連れて行き、その場に残された自分たちは怖いもの見たさに個室に入ってみました。

臭い便壷の中を覗くと、何と青い手首が、干からびた大便の山の中から生えていたんです。

3人とも物凄い勢いで教室に戻り、その事をみんなに話しました。

そしたらクラスの殆どのやつが見に行き目撃しました。

みんなで出した結論は、あれは粘土の作り物だという事になりました。

それにしてもリアルで、到底小学生には作れそうもないようなものでした。

翌日、N美は何事もなかったかのように登校して来ましたが、いくら聞いても「覚えてない」と返答するだけでした。

個室の方も翌日には使用禁止の紙が貼られ、男子も女子もそのトイレは怖くて使わなくなりました。

時が過ぎて冬になり、漢字の書き取りをしていた時に、教室の真下辺りから「どすんっ、ガラガラ」という音が静かな教室に響き渡りました。

崖が崩れるような音です。外も見ましたが、何事も起きていないようです。

先生も「小さな地震でもあったんだろ」と言っていました。

春休みにN美は真相を語らぬまま転校して行きました。

噂ではM沢病院に入院したとも聞きましたが…。

3年の夏休みになり、2学期から新築の校舎に移ることになっていました。

夏のプール授業に行ったらちょうどプレハブを壊しているところで、よく見てみると床のコンパネを外していました。

2、3枚外したところで怒鳴り声が聞こえ、現場は騒然としてきました。

何事かと思い、工事のオッサンを振り切りながら駆け寄って床の下を覗くと、2メートル×5メートル×深さ2メートルくらいの範囲が陥没していました。

陥没している土の中から、骨と思われる白いものが多数と、何とあの青い手首が見えました。

これも10人くらいのクラスの人間が見ています。

その後の話では、陥没したのは防空壕で、出てきた骨は防空壕とは関係ない相当古い人骨だということを聞きました。

誰も入れない個室に入っていたN美の行動は?

そして、あの青い手首は何だったのでしょうか?

今でも謎です。

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。 真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。 気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。 人だ…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。 四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。 かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。 店の辺りには風俗店の…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。 一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。 その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

宇宙は数字でできている(長編)

不思議な体験をした。 簡単に説明すれば、幽体離脱をして宇宙を覗いたら、螺旋状に永遠に伸びる、うねうねとした膨大なカラフルな数字から成る道を高速スピードで飛んでいた。 あまり…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。 日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。 私の住んでいる町は小さ…

マリエ

うちの近所にまことしやかに囁かれている「マリエ」というお話です。 オッチャンは焦っていた。今日も仕事の接待で深夜になってしまった。いつものT字路を曲がるとそこには古びた神社があっ…