青い手首

木造校舎

ネタではありません。実際の体験談です。

世田谷区立某小学校での出来事。

入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。

2年生になった頃に木造校舎の建て替えで、自分のクラスだけが他の校舎と離れた体育館脇のプレハブの仮校舎で勉強することになりました。

一番近いトイレは体育館の近くの離れにあり、昼間でも薄暗く、男女兼用で汲み取り式のため、いつも異臭が漂っていました。

便壷への転落事故が過去に何度もあり、低学年は個室に入ることを禁止されていましたが、新しい校舎の便所が遠く、よく女子もその便所の個室で用を足していました。

ある日の休み時間、トイレに行くと真ん中辺りの個室が一つ閉まっていました。

悪戯好きの自分は女子が入っていると思い、その個室の戸を叩いたり、「お~い誰が入ってるんだ~」と叫んだりしたのですが、中からは返事は返ってきませんでした。

戸も引っ張ってみたんだけど、鍵が掛かっているらしく開きませんでした。

その後もその個室の戸だけが閉まっており、幾度となく戸を開けようと引っ張りましたが開きません。何かの故障で閉鎖しているんだなと思いました。

1週間くらいして休み時間に用を足しに行くと、その個室の中から「カラカラカラ」とトイレットペーパーを引っ張る音が聞こえてきました。

自分は怖くなり立ちすくんでしまいましたが、A君が「誰か入ってるの?」と聞いたら、個室から「鍵が開かないの、助けて」と返答がありました。

声の主はすぐにクラスのN美だと判りました。彼女はおとなしい子で、今思えば陰鬱な子供です。

B君がすぐに先生を呼びに行き、大人2人かかりで戸を引っ張って無理矢理開けました。

個室の中は凄い事になっており、床一面にトイレットペーパーが散乱していて、トイレットペーパーには所々に血が付いていました。

N美は呆然として便器にまたがり、立ち尽くしていました。

すぐに先生が保健室に連れて行き、その場に残された自分たちは怖いもの見たさに個室に入ってみました。

臭い便壷の中を覗くと、何と青い手首が、干からびた大便の山の中から生えていたんです。

3人とも物凄い勢いで教室に戻り、その事をみんなに話しました。

そしたらクラスの殆どのやつが見に行き目撃しました。

みんなで出した結論は、あれは粘土の作り物だという事になりました。

それにしてもリアルで、到底小学生には作れそうもないようなものでした。

翌日、N美は何事もなかったかのように登校して来ましたが、いくら聞いても「覚えてない」と返答するだけでした。

個室の方も翌日には使用禁止の紙が貼られ、男子も女子もそのトイレは怖くて使わなくなりました。

時が過ぎて冬になり、漢字の書き取りをしていた時に、教室の真下辺りから「どすんっ、ガラガラ」という音が静かな教室に響き渡りました。

崖が崩れるような音です。外も見ましたが、何事も起きていないようです。

先生も「小さな地震でもあったんだろ」と言っていました。

春休みにN美は真相を語らぬまま転校して行きました。

噂ではM沢病院に入院したとも聞きましたが…。

3年の夏休みになり、2学期から新築の校舎に移ることになっていました。

夏のプール授業に行ったらちょうどプレハブを壊しているところで、よく見てみると床のコンパネを外していました。

2、3枚外したところで怒鳴り声が聞こえ、現場は騒然としてきました。

何事かと思い、工事のオッサンを振り切りながら駆け寄って床の下を覗くと、2メートル×5メートル×深さ2メートルくらいの範囲が陥没していました。

陥没している土の中から、骨と思われる白いものが多数と、何とあの青い手首が見えました。

これも10人くらいのクラスの人間が見ています。

その後の話では、陥没したのは防空壕で、出てきた骨は防空壕とは関係ない相当古い人骨だということを聞きました。

誰も入れない個室に入っていたN美の行動は?

そして、あの青い手首は何だったのでしょうか?

今でも謎です。

関連記事

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。現在は危険と…

じいちゃんの話(長編)

これは俺が10年以上前に体験した話。当時、俺は田舎にある実家に住んでいた。実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、辺り一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。あれは確か冬の雨の日のことだった。…