息子を迎えに来ますからね

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

抽象画

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。

そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、おばあさんを含め6人の子どもを産んだ。

6人目の男の子どもが2歳の頃に、Aさんの実母が病弱で、危篤を報せる電報が来たそうな。

けれど直ぐには実家に帰ることが出来ず、実家に帰ることが出来た時には、実母は亡くなっていたらしい。

Aさんは元来気が強く、性格もきつい人だったらしいが、実母の死に目に立ち会えなかったことが悲しくて、夢でも良いから会いたいと願っていたそうだ。

そんなある日、願いが叶って母親が夢に出てきた。

ところが、夢に出てきたのは実母ではなく、旦那の母親、つまり義母(姑)に当たる人。

しかしこの義母は、旦那が14歳の頃に既に亡くなっていて、Aさんは写真でしか知らない。

その義母が夢に出てきてこう言った。

「49歳になったら息子を迎えに来ますからね」

当時Aさんは40代前半で、旦那さんは47歳だったとのこと。

子どもが6人居て、一番下の子がまだ2歳だったAさんは、

『まだ主人を連れて行かれては困ります。

どうか下の子が一人前になるまで迎えに来るのを待ってください。

私はその為なら、不足を言いません。

これからは人に尽くして生きます』

と誓いを立て、毎日仏壇に手を合わせながら祈り続けた。

自分の幸せなんて顧みず、時には訪問販売などの詐欺に遭ったりしても、人に蔑まれたり厭がらせを受けたりしても、

『人を恨んだらその分、自分に返ってくるかも知れない。

私の所為で主人の寿命が縮まるかも知れない』

と思い、それまでの気の強さが嘘のように慎ましく生きたらしい。

当時、子どもが一人前になるというのは、成人するということではなく、結婚して家庭を持つということ。

それから20年後、22歳の春に結婚した下の子どもを祝った年の秋口に、突然何の前触れもなく、旦那さんは亡くなったという。

つまり、67歳まで生きた訳だ。

旦那さんが亡くなったのは悲しいことだったが、義母が祈りを聞き届けてくれたのかと思ったAさんは、それからも自分の生き方を変えることもなく、90歳くらいまで生きたらしい。

そんな話を突然聞かされ、訳が分からないまま自分は、

「はあ、そうですか、凄い話ですね」

と相槌を打っていただけなんだけど、ぶっちゃけどうでも良かった。

そして、話を聞いたその後、友人(仮にBとする)の家にそのままの足で行った。

友人Bの家は、お婆ちゃんが昔お祓いする人だったとかで、客間兼仏間には物凄く大きな仏壇があるんだけど、いつお邪魔しても何だか仏壇が大きすぎて緊張し落ち着かない。

友人Bの母親は気質の優しい人で、霊とかそういうものが目で見える訳じゃないけど、何かが居るとか気配で敏感に感じる人だという。

いつものように友人の家に行き、客間(仏間)に勝手知ったるで入って行った時、その和室の敷居を跨いだ瞬間に身体から力が抜け落ちてしまって、何故かその場に座り込んでしまった。

『何だこれ?』と疑問に思ったし、意味が分からないし、でも立ち上がる気力も無いしで戸惑っていたら、Bの母親が部屋に入って来て、

「○○(私)ちゃん、うちに来てホッとしたでしょう。何処からか沢山引き連れて来てた。

全部お婆ちゃんが落としてくれたわよ」

と言う。

そしておばさんに肩を叩かれた後、いきなり身体が軽くなって立ち上がることが出来た。

そう言えば知人のおばあさんと別れた後から、何だか身体が重いなと思っていたことに気付いたんだ。

しかし、Bのお婆ちゃんはもう亡くなっているんだけどな。まさか仏間に居るの?

自分は霊感とか一切無いので、何だか不思議な体験でした。

ホテル(フリー素材)

鶯谷のホテル

これは実際に体験した不思議な話です。皆さん、鶯谷をご存知でしょうか?山手線沿線でありながら最も人気の無いエリア。江戸時代にあった遊郭が今も尚息づくソープランド街「吉原」…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。ある日の朝、オレはいつものよう…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

幼稚園児(フリー写真)

死期を悟る子

小学校に上がる前の小さな男の子の話です。その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、子供達はそれぞれ船や飛行機、車などの絵を描きました。小さな子供の…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…