息子を迎えに来ますからね

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

抽象画

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。

そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、おばあさんを含め6人の子どもを産んだ。

6人目の男の子どもが2歳の頃に、Aさんの実母が病弱で、危篤を報せる電報が来たそうな。

けれど直ぐには実家に帰ることが出来ず、実家に帰ることが出来た時には、実母は亡くなっていたらしい。

Aさんは元来気が強く、性格もきつい人だったらしいが、実母の死に目に立ち会えなかったことが悲しくて、夢でも良いから会いたいと願っていたそうだ。

そんなある日、願いが叶って母親が夢に出てきた。

ところが、夢に出てきたのは実母ではなく、旦那の母親、つまり義母(姑)に当たる人。

しかしこの義母は、旦那が14歳の頃に既に亡くなっていて、Aさんは写真でしか知らない。

その義母が夢に出てきてこう言った。

「49歳になったら息子を迎えに来ますからね」

当時Aさんは40代前半で、旦那さんは47歳だったとのこと。

子どもが6人居て、一番下の子がまだ2歳だったAさんは、

『まだ主人を連れて行かれては困ります。

どうか下の子が一人前になるまで迎えに来るのを待ってください。

私はその為なら、不足を言いません。

これからは人に尽くして生きます』

と誓いを立て、毎日仏壇に手を合わせながら祈り続けた。

自分の幸せなんて顧みず、時には訪問販売などの詐欺に遭ったりしても、人に蔑まれたり厭がらせを受けたりしても、

『人を恨んだらその分、自分に返ってくるかも知れない。

私の所為で主人の寿命が縮まるかも知れない』

と思い、それまでの気の強さが嘘のように慎ましく生きたらしい。

当時、子どもが一人前になるというのは、成人するということではなく、結婚して家庭を持つということ。

それから20年後、22歳の春に結婚した下の子どもを祝った年の秋口に、突然何の前触れもなく、旦那さんは亡くなったという。

つまり、67歳まで生きた訳だ。

旦那さんが亡くなったのは悲しいことだったが、義母が祈りを聞き届けてくれたのかと思ったAさんは、それからも自分の生き方を変えることもなく、90歳くらいまで生きたらしい。

そんな話を突然聞かされ、訳が分からないまま自分は、

「はあ、そうですか、凄い話ですね」

と相槌を打っていただけなんだけど、ぶっちゃけどうでも良かった。

そして、話を聞いたその後、友人(仮にBとする)の家にそのままの足で行った。

友人Bの家は、お婆ちゃんが昔お祓いする人だったとかで、客間兼仏間には物凄く大きな仏壇があるんだけど、いつお邪魔しても何だか仏壇が大きすぎて緊張し落ち着かない。

友人Bの母親は気質の優しい人で、霊とかそういうものが目で見える訳じゃないけど、何かが居るとか気配で敏感に感じる人だという。

いつものように友人の家に行き、客間(仏間)に勝手知ったるで入って行った時、その和室の敷居を跨いだ瞬間に身体から力が抜け落ちてしまって、何故かその場に座り込んでしまった。

『何だこれ?』と疑問に思ったし、意味が分からないし、でも立ち上がる気力も無いしで戸惑っていたら、Bの母親が部屋に入って来て、

「○○(私)ちゃん、うちに来てホッとしたでしょう。何処からか沢山引き連れて来てた。

全部お婆ちゃんが落としてくれたわよ」

と言う。

そしておばさんに肩を叩かれた後、いきなり身体が軽くなって立ち上がることが出来た。

そう言えば知人のおばあさんと別れた後から、何だか身体が重いなと思っていたことに気付いたんだ。

しかし、Bのお婆ちゃんはもう亡くなっているんだけどな。まさか仏間に居るの?

自分は霊感とか一切無いので、何だか不思議な体験でした。

関連記事

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

かごめかごめ

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。これは私が大学時代にその友人か…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…