息子を迎えに来ますからね

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

抽象画

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。

そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、おばあさんを含め6人の子どもを産んだ。

6人目の男の子どもが2歳の頃に、Aさんの実母が病弱で、危篤を報せる電報が来たそうな。

けれど直ぐには実家に帰ることが出来ず、実家に帰ることが出来た時には、実母は亡くなっていたらしい。

Aさんは元来気が強く、性格もきつい人だったらしいが、実母の死に目に立ち会えなかったことが悲しくて、夢でも良いから会いたいと願っていたそうだ。

そんなある日、願いが叶って母親が夢に出てきた。

ところが、夢に出てきたのは実母ではなく、旦那の母親、つまり義母(姑)に当たる人。

しかしこの義母は、旦那が14歳の頃に既に亡くなっていて、Aさんは写真でしか知らない。

その義母が夢に出てきてこう言った。

「49歳になったら息子を迎えに来ますからね」

当時Aさんは40代前半で、旦那さんは47歳だったとのこと。

子どもが6人居て、一番下の子がまだ2歳だったAさんは、

『まだ主人を連れて行かれては困ります。

どうか下の子が一人前になるまで迎えに来るのを待ってください。

私はその為なら、不足を言いません。

これからは人に尽くして生きます』

と誓いを立て、毎日仏壇に手を合わせながら祈り続けた。

自分の幸せなんて顧みず、時には訪問販売などの詐欺に遭ったりしても、人に蔑まれたり厭がらせを受けたりしても、

『人を恨んだらその分、自分に返ってくるかも知れない。

私の所為で主人の寿命が縮まるかも知れない』

と思い、それまでの気の強さが嘘のように慎ましく生きたらしい。

当時、子どもが一人前になるというのは、成人するということではなく、結婚して家庭を持つということ。

それから20年後、22歳の春に結婚した下の子どもを祝った年の秋口に、突然何の前触れもなく、旦那さんは亡くなったという。

つまり、67歳まで生きた訳だ。

旦那さんが亡くなったのは悲しいことだったが、義母が祈りを聞き届けてくれたのかと思ったAさんは、それからも自分の生き方を変えることもなく、90歳くらいまで生きたらしい。

そんな話を突然聞かされ、訳が分からないまま自分は、

「はあ、そうですか、凄い話ですね」

と相槌を打っていただけなんだけど、ぶっちゃけどうでも良かった。

そして、話を聞いたその後、友人(仮にBとする)の家にそのままの足で行った。

友人Bの家は、お婆ちゃんが昔お祓いする人だったとかで、客間兼仏間には物凄く大きな仏壇があるんだけど、いつお邪魔しても何だか仏壇が大きすぎて緊張し落ち着かない。

友人Bの母親は気質の優しい人で、霊とかそういうものが目で見える訳じゃないけど、何かが居るとか気配で敏感に感じる人だという。

いつものように友人の家に行き、客間(仏間)に勝手知ったるで入って行った時、その和室の敷居を跨いだ瞬間に身体から力が抜け落ちてしまって、何故かその場に座り込んでしまった。

『何だこれ?』と疑問に思ったし、意味が分からないし、でも立ち上がる気力も無いしで戸惑っていたら、Bの母親が部屋に入って来て、

「○○(私)ちゃん、うちに来てホッとしたでしょう。何処からか沢山引き連れて来てた。

全部お婆ちゃんが落としてくれたわよ」

と言う。

そしておばさんに肩を叩かれた後、いきなり身体が軽くなって立ち上がることが出来た。

そう言えば知人のおばあさんと別れた後から、何だか身体が重いなと思っていたことに気付いたんだ。

しかし、Bのお婆ちゃんはもう亡くなっているんだけどな。まさか仏間に居るの?

自分は霊感とか一切無いので、何だか不思議な体験でした。

関連記事

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。田舎なので一時間に一…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…