某アニメーション学園周辺の女の子

公開日: 本当にあった怖い話

e0254682_18054642

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。

営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。

何か改札の外に、ピンク色のホットパンツとタンクトップ姿の女の子(背格好からして小学校高学年ぐらい)がいたんだけど、その子を見た瞬間、なんか妙に頭の中がざわざわしたわけよ。

うまく言えないが、強烈な違和感があるのよ。

鞄の中の Suicaを探すふりしながらチラチラ見てて気付いたんだけど、何か色々変なのよ。その子。

その子の手足が異常に細くて長いの。

長いと言っても化け物って程じゃなくて、ギリギリ人間レベルなんだけど、良く言えばモデル風、悪く言えば栄養失調児みたいな感じ。

なんか妙に色も白くて生気がない感じ。

それで、その子が隣にいる二十歳ぐらいの男の子の鞄の中に一生懸命何か入れてるのよ。

男の子はどこにでもいるような男の子で、隣にいる友達と談笑してるんだけど、おかしくないか?

自分の鞄に何か入れられてるのに気付いてないんだぜ。

妹かとも思ったけど、それも変だと思わない?

だってこれから予備校に行きそうな男の子が、妹を連れて朝の9時にそんなところにいるかな?

何か変じゃないかと思ってたら男の子達が歩き始めたんだけど、その子は男の子たちに付いて行く訳でもなく、その場に残っているんだよね。

俯いて、地面をじーっと見ながら。

俺はそれを見た瞬間に背中に鳥肌が立って怖くなったんだけど、朝だし人はそれなりにいるから何かあっても大丈夫だと思って、その子の近くの改札を通って様子を確認しようと思ったわけよ。

それでその子の目の前の改札通りながら、携帯で時間を確認するふりしながら、その子の方をチラミしたんだけど、心の底からやめときゃよかったと思ったよ。

その子が手に持ってたのはネズミの頭のミイラっぽいので(今思えば剥製とか玩具かもしれないけど、それでもやっぱりおかしいと思う)、しかもその子は俯きながら

「ゲ ゲ ゲ ゲ ゲ ゲ ゲ ゲ」

って笑ってるのよ。

髪で顔は見えなかったけど、凄いだみ声で。

その後、メールチェックしてるふりをしながら早足で通り過ぎたんだけど、追ってくる様子もなかったから心底安心したよ。

帰りは怖くてタクシー捕まえて会社に帰ったんだけど、明日もまた直接顧客のところに行かなきゃいかないんだよね。

マジで怖くてたまらん。

誰か何か知らない?

場所は東京の山手線の某駅。

某有名アニメーション学園とか、某有名予備校とか、某共産主義政党の本部がある駅。

花(フリー素材)

無念のアザ

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。私は当時高校生だったので、学校やバイトで…

しゃべれるんだな

自宅のトイレに大きな窓がある。ちょうどトイレの床から1メートルくらいのところに。トイレの臭いを換気する為に、いつも10センチほど開けっ放し。まあ、自宅代わりに借りてるビ…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

お稲荷さん

10年程前、父の田舎へ行きました。N県の山中です。夜は従兄弟達とお約束で怖い話になりました。そろそろネタも尽きてきた従兄弟のお兄ちゃんに、私がもっともっととせがむと、「実はお隣…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

山遊び

子供の頃の話。大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。小学校が休みの日…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

障子(フリー写真)

女の影

今から15年前、中学の野球部合宿での話。夏の合宿で毎年使っていた宿が廃業し、その年から宿が変わった。民宿でもホテルでもなく、そこは公民館というか町営の集会所のようなとこ…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…