知っている子

公開日: 本当にあった怖い話

学校(フリー背景素材)

私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。

休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでお喋りをしていた。

すると突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た。

知っている子だった。

彼女は咄嗟に掃除用具入れの扉を開け、

「早く、こっち、こっち」

と、少女に用具入れの中に入るよう促した。

彼女と友達は、少女が追いかけっこの末トイレに逃げ込んで来たと思い、かくまおうと思ったのだ。

案の定、少女は迷うこと無く掃除用具入れの中に飛び込んで行った。

彼女たちは、少女のために平静を装い追っ手を待った。

しかしやって来るはずの追っ手は、いつまで経ってもやって来ない。

そのうち悪戯好きのAさんは、少女の入った用具入れの扉に寄りかかり、彼女が中から出られないよう足を踏ん張った。

用具入れの扉はトイレの扉とは反対に、通路側に開けなければ開かない。

そのうち閉じ込められた少女はそれに気付いたのか、中から扉を開けようと内側から凄い力で押し始めた。

彼女は足を突っ張り、扉を開けさせないよう必死に頑張った。

彼女の友達も彼女を手伝い、一緒に扉を押さえた。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

突然、少女が激しく扉を叩き始めた。

それは、閉じ込められた少女が中から必死に叩いているものだった。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

しかしAさんと友達は怯む事なく、一層足を踏ん張り扉を死守した。

扉は暫くの間、激しく叩かれていたが、そのうち

「ドン!…ドン!…ドン!……ドン!………」

と、次第に扉を叩く力が弱くなり、ついには何の音もしなくなった。

しかし、Aさんはやめることなく踏ん張り続けていた。

「ねぇ、Aちゃん。もう、やめてあげようよ。きっと中で泣いてるよ!」

さっきまで彼女を手伝っていた友達が彼女に言った。

「そうよ!そうよ!可愛そうだから、やめなさいよ!」

と、トイレの中に居た他の女の子たちもそう言い始め、あっと言う前にトイレの中の数人の少女が彼女を取り囲んだ。

こうなると多勢に無勢である。

彼女は仕方が無く、しぶしぶ扉の前から離れた。

しかし、いつまで経っても少女が出て来る気配は無い。

周りの女の子が不安な顔をし、Aさんに扉を開けるよう目配せをした。

「んー。ごめんね。いじけてないで出ておいでよ」

仕方なくAさんは少女に声を掛けながら、用具入れの扉を開けた。

「………………………!!」

用具入れの中には誰も居なかった。

抜け場所などどこにも無いのに、少女はそこから消えていた。

Aさんを含め、トイレの中に居た女の子は全員大パニックに陥った。

この話は全校に広がり、同様の話も他からも出たりするなど大騒ぎになり、この件で全校集会まで開かれる事態となった。

「確かにあの子は知っている子だったけど、彼女の名前や学年、クラスはどうしても思い出せないの…」

と十数年経った今も彼女は言う。

関連記事

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。 当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

右腕と右足

自分がまだ中学生だった数年前に、近所の古本屋で漫画の単行本を数冊買って帰ったんです。 その時はある漫画のシリーズを5〜8巻まで通しで買ったので、家に帰って旧いのから順番に読み始め…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。 友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。 山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。 お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。 そこは店からだいたい車…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。 Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。 その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

お稲荷さん

10年程前、父の田舎へ行きました。N県の山中です。夜は従兄弟達とお約束で怖い話になりました。 そろそろネタも尽きてきた従兄弟のお兄ちゃんに、私がもっともっととせがむと、「実はお隣…