知っている子

公開日: 本当にあった怖い話

学校(フリー背景素材)

私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。

休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでお喋りをしていた。

すると突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た。

知っている子だった。

彼女は咄嗟に掃除用具入れの扉を開け、

「早く、こっち、こっち」

と、少女に用具入れの中に入るよう促した。

彼女と友達は、少女が追いかけっこの末トイレに逃げ込んで来たと思い、かくまおうと思ったのだ。

案の定、少女は迷うこと無く掃除用具入れの中に飛び込んで行った。

彼女たちは、少女のために平静を装い追っ手を待った。

しかしやって来るはずの追っ手は、いつまで経ってもやって来ない。

そのうち悪戯好きのAさんは、少女の入った用具入れの扉に寄りかかり、彼女が中から出られないよう足を踏ん張った。

用具入れの扉はトイレの扉とは反対に、通路側に開けなければ開かない。

そのうち閉じ込められた少女はそれに気付いたのか、中から扉を開けようと内側から凄い力で押し始めた。

彼女は足を突っ張り、扉を開けさせないよう必死に頑張った。

彼女の友達も彼女を手伝い、一緒に扉を押さえた。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

突然、少女が激しく扉を叩き始めた。

それは、閉じ込められた少女が中から必死に叩いているものだった。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

しかしAさんと友達は怯む事なく、一層足を踏ん張り扉を死守した。

扉は暫くの間、激しく叩かれていたが、そのうち

「ドン!…ドン!…ドン!……ドン!………」

と、次第に扉を叩く力が弱くなり、ついには何の音もしなくなった。

しかし、Aさんはやめることなく踏ん張り続けていた。

「ねぇ、Aちゃん。もう、やめてあげようよ。きっと中で泣いてるよ!」

さっきまで彼女を手伝っていた友達が彼女に言った。

「そうよ!そうよ!可愛そうだから、やめなさいよ!」

と、トイレの中に居た他の女の子たちもそう言い始め、あっと言う前にトイレの中の数人の少女が彼女を取り囲んだ。

こうなると多勢に無勢である。

彼女は仕方が無く、しぶしぶ扉の前から離れた。

しかし、いつまで経っても少女が出て来る気配は無い。

周りの女の子が不安な顔をし、Aさんに扉を開けるよう目配せをした。

「んー。ごめんね。いじけてないで出ておいでよ」

仕方なくAさんは少女に声を掛けながら、用具入れの扉を開けた。

「………………………!!」

用具入れの中には誰も居なかった。

抜け場所などどこにも無いのに、少女はそこから消えていた。

Aさんを含め、トイレの中に居た女の子は全員大パニックに陥った。

この話は全校に広がり、同様の話も他からも出たりするなど大騒ぎになり、この件で全校集会まで開かれる事態となった。

「確かにあの子は知っている子だったけど、彼女の名前や学年、クラスはどうしても思い出せないの…」

と十数年経った今も彼女は言う。

関連記事

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。 それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。 日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。 私の住んでいる町は小さ…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です 好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。 その当時、私と家族は10階建ての団地の…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

夜のアパート(フリー写真)

リビングの物音

2年程前に体験した話です。 僕は当時、一人暮らしをしていました。 借りていたアパートは1LDKで、リビングとキッチンの両方にテレビがありました。 平日は会社から帰ると…

丹沢湖の女

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。 車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。 奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。 …

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。 とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 鳥葬ならぬ…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …

OK

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。 当時は人面犬や口裂け女など怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、TVはもちろん、コロコロコミックなどの児童雑誌でも怪談話が山のように掲…