知っている子

公開日: 本当にあった怖い話

学校(フリー背景素材)

私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。

休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでお喋りをしていた。

すると突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た。

知っている子だった。

彼女は咄嗟に掃除用具入れの扉を開け、

「早く、こっち、こっち」

と、少女に用具入れの中に入るよう促した。

彼女と友達は、少女が追いかけっこの末トイレに逃げ込んで来たと思い、かくまおうと思ったのだ。

案の定、少女は迷うこと無く掃除用具入れの中に飛び込んで行った。

彼女たちは、少女のために平静を装い追っ手を待った。

しかしやって来るはずの追っ手は、いつまで経ってもやって来ない。

そのうち悪戯好きのAさんは、少女の入った用具入れの扉に寄りかかり、彼女が中から出られないよう足を踏ん張った。

用具入れの扉はトイレの扉とは反対に、通路側に開けなければ開かない。

そのうち閉じ込められた少女はそれに気付いたのか、中から扉を開けようと内側から凄い力で押し始めた。

彼女は足を突っ張り、扉を開けさせないよう必死に頑張った。

彼女の友達も彼女を手伝い、一緒に扉を押さえた。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

突然、少女が激しく扉を叩き始めた。

それは、閉じ込められた少女が中から必死に叩いているものだった。

「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」

しかしAさんと友達は怯む事なく、一層足を踏ん張り扉を死守した。

扉は暫くの間、激しく叩かれていたが、そのうち

「ドン!…ドン!…ドン!……ドン!………」

と、次第に扉を叩く力が弱くなり、ついには何の音もしなくなった。

しかし、Aさんはやめることなく踏ん張り続けていた。

「ねぇ、Aちゃん。もう、やめてあげようよ。きっと中で泣いてるよ!」

さっきまで彼女を手伝っていた友達が彼女に言った。

「そうよ!そうよ!可愛そうだから、やめなさいよ!」

と、トイレの中に居た他の女の子たちもそう言い始め、あっと言う前にトイレの中の数人の少女が彼女を取り囲んだ。

こうなると多勢に無勢である。

彼女は仕方が無く、しぶしぶ扉の前から離れた。

しかし、いつまで経っても少女が出て来る気配は無い。

周りの女の子が不安な顔をし、Aさんに扉を開けるよう目配せをした。

「んー。ごめんね。いじけてないで出ておいでよ」

仕方なくAさんは少女に声を掛けながら、用具入れの扉を開けた。

「………………………!!」

用具入れの中には誰も居なかった。

抜け場所などどこにも無いのに、少女はそこから消えていた。

Aさんを含め、トイレの中に居た女の子は全員大パニックに陥った。

この話は全校に広がり、同様の話も他からも出たりするなど大騒ぎになり、この件で全校集会まで開かれる事態となった。

「確かにあの子は知っている子だったけど、彼女の名前や学年、クラスはどうしても思い出せないの…」

と十数年経った今も彼女は言う。

関連記事

大事な妹

小4の時の話。Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな?幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

警察官の無念

年末、某県のフェリー乗り場で船の時間待ちをしていた。寒空の下、ベンチに座って海を眺めていたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車…

右腕と右足

自分がまだ中学生だった数年前に、近所の古本屋で漫画の単行本を数冊買って帰ったんです。その時はある漫画のシリーズを5〜8巻まで通しで買ったので、家に帰って旧いのから順番に読み始め…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

オノ

大学一回生の夏。私たちの間で心霊スポット巡りが流行っていた。その日も友人A(女)と、Aの彼氏Bとその友人C(男)と4人で、関西で心霊スポットとしてはかなり有名な、U病院という廃…