叩かれるドア

公開日: 怖い話

doorhandle2

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。

まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。

iPodで大音量で音楽聴きながらハイツまで帰って来て、部屋の鍵開けて入ったの。

すると、内側から鍵をかけたと同時にドアノブが外から「ガチャガチャガチャ」って激しく回されたんだよ。

ドアも「ドンドンドンドン」叩かれて、『ドア開けた隙を狙う強盗か?』とか思いながらガクブルしてたら、10秒程で止んだ。

死ぬほど怖かったので、とりあえず産後で実家に帰ってる嫁に電話報告。

嫁と10分程電話で話して、取り敢えず警察に連絡するわって事になって、警察に電話したら

「戸締りをしっかりして、警察が行くまで絶対に家を出ないで下さい」

って言うの。

ちょっと落ち着いてきたから酒飲んで待っていたら、インターホンが鳴った。

モニタを見ると、鳴らしたのは上の階の住人Iさん。

近所付き合い以外に、たまに一緒に飲む。

まあ、状況が状況だし、居留守使ってスルーした。

そしたら5分後くらいにIさんから携帯に着信が。

「もしもし。インターホン鳴らしても出なかったけど。今からそっちで飲める?」

「ああ、実はかくかくしかじかで。Iさんとこは何もなかった?」

「いや、特に」

「気を付けてくださいね。もうすぐ警察来るはずです。じゃあ」

それからさらに5分後くらいに警察到着。

だが、到着した警察の様子がおかしい。

インターホンを鳴らして、こっちが応答する前にドアを叩きながら

「俺さーん!俺さーん!大丈夫ですか!」

と叫んでいる。

なんだろうと思い玄関に出てみたら、ウチの玄関のドアと玄関前の通路・階段に真新しい血痕がべっとり。

「お怪我は? 心当たりは? 先ほどからこの血はありましたか?」

と怒涛の質問責め。と同時に、なんか俺が疑われているような気もした。

とにかく順を追って話し、血痕を見たのは今が初めてだと説明する。

「あ!そういえば上の階のIさんがさっきウチのインターホン鳴らした!15分程前です!

Iさんなら何か知ってるかも!というか、もしかして…この血痕はIさんの…。Iさん襲われたんじゃ…」

一人警官をウチに残し、もう一人が上階のIさん宅へ。

しばらくして、警官が血だらけのIさんと降りてきた。

Iさんは襲われたのではなく、襲った方の人間だった。

諸々が終わってから聞いたが、交際していた女性を自宅で包丁で刺したらしい。

さっきは人を刺した事でスイッチが入り、他に何人か刺そうとウチのインターホンを押したらしい。

インターホンに出ないので電話して上がり込み、俺を刺すつもりだったとか。

俺が別件とは言え警察に連絡した事を知り、放心状態で自宅に居たらしい。

ただ、刺された女性は命からがら逃げ、Iさんの部屋には居なかった。

ここからオチなんだが、結果刺された女性は駐車場に止めてあった自分の車の中で絶命していた。

そして、俺んちの玄関のドアに付着していた大量の血痕と、被害者女性の血液が一致した。

ドアノブから出た指紋も被害者女性のものだった。

俺が最初強盗と勘違いしてたのは、助けを求める彼女の…。

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。 どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

死刑執行スイッチ

最近、とある悪戯サイトが流行っているそうだ。 ネットを巡回している時に、見慣れないリンクがある事に気が付く。 何気にそのリンクを踏むと、薄暗いコンクリートの部屋の真ん中に、…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。 諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。 それまで祖母とは小さな漁師…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。 僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。 田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。 …

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、 「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」 と言われる事がある。 霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。 これは俺が実…

村はずれの小屋

じっちゃま(J)に聞いた話。 昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。 一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、梅は「生まれ故郷を離れ…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

空き家

赤い鞠

これは私が小学生の頃の話です。 家の近所に一軒の空き家がありました。 その家は昔旅館を経営していた様子で、山奥の長い一本道を上って行くと突然現れるその家は、小学生が誰しも…