叩かれるドア

公開日: 怖い話

doorhandle2

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。

まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。

iPodで大音量で音楽聴きながらハイツまで帰って来て、部屋の鍵開けて入ったの。

すると、内側から鍵をかけたと同時にドアノブが外から「ガチャガチャガチャ」って激しく回されたんだよ。

ドアも「ドンドンドンドン」叩かれて、『ドア開けた隙を狙う強盗か?』とか思いながらガクブルしてたら、10秒程で止んだ。

死ぬほど怖かったので、とりあえず産後で実家に帰ってる嫁に電話報告。

嫁と10分程電話で話して、取り敢えず警察に連絡するわって事になって、警察に電話したら

「戸締りをしっかりして、警察が行くまで絶対に家を出ないで下さい」

って言うの。

ちょっと落ち着いてきたから酒飲んで待っていたら、インターホンが鳴った。

モニタを見ると、鳴らしたのは上の階の住人Iさん。

近所付き合い以外に、たまに一緒に飲む。

まあ、状況が状況だし、居留守使ってスルーした。

そしたら5分後くらいにIさんから携帯に着信が。

「もしもし。インターホン鳴らしても出なかったけど。今からそっちで飲める?」

「ああ、実はかくかくしかじかで。Iさんとこは何もなかった?」

「いや、特に」

「気を付けてくださいね。もうすぐ警察来るはずです。じゃあ」

それからさらに5分後くらいに警察到着。

だが、到着した警察の様子がおかしい。

インターホンを鳴らして、こっちが応答する前にドアを叩きながら

「俺さーん!俺さーん!大丈夫ですか!」

と叫んでいる。

なんだろうと思い玄関に出てみたら、ウチの玄関のドアと玄関前の通路・階段に真新しい血痕がべっとり。

「お怪我は? 心当たりは? 先ほどからこの血はありましたか?」

と怒涛の質問責め。と同時に、なんか俺が疑われているような気もした。

とにかく順を追って話し、血痕を見たのは今が初めてだと説明する。

「あ!そういえば上の階のIさんがさっきウチのインターホン鳴らした!15分程前です!

Iさんなら何か知ってるかも!というか、もしかして…この血痕はIさんの…。Iさん襲われたんじゃ…」

一人警官をウチに残し、もう一人が上階のIさん宅へ。

しばらくして、警官が血だらけのIさんと降りてきた。

Iさんは襲われたのではなく、襲った方の人間だった。

諸々が終わってから聞いたが、交際していた女性を自宅で包丁で刺したらしい。

さっきは人を刺した事でスイッチが入り、他に何人か刺そうとウチのインターホンを押したらしい。

インターホンに出ないので電話して上がり込み、俺を刺すつもりだったとか。

俺が別件とは言え警察に連絡した事を知り、放心状態で自宅に居たらしい。

ただ、刺された女性は命からがら逃げ、Iさんの部屋には居なかった。

ここからオチなんだが、結果刺された女性は駐車場に止めてあった自分の車の中で絶命していた。

そして、俺んちの玄関のドアに付着していた大量の血痕と、被害者女性の血液が一致した。

ドアノブから出た指紋も被害者女性のものだった。

俺が最初強盗と勘違いしてたのは、助けを求める彼女の…。

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。 ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。 一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

アパートのドアノブ(フリー写真)

開けて

大学進学のために上京した時の話です。 私は志望した大学に無事受かり、4月から新しい学校生活を送るため、田舎から上京して一人暮らしをする事になりました。 学校まで電車で20…

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。 ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。 カーテンを開けるとそこには誰も…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。 別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。 そこには電話番号も書いてあり、その番…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。 季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。 約束の…

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。 実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …