廃墟でサバゲー

HDR00001_2_3_4

夏の終わりの頃の話。

その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。

午前中に集まって、とことんゲームをしようと決めていたんだが、Yという奴が「午後からが良い」と言うので、みんなで午後に集まって行く事にしたんだ。

みんなで午後14時くらいに集まって、着いたのが14時半くらいだったんだ。

それでみんな準備を済ませ、取り敢えず様子を見に全員で中に入ったのさ。

みんなで「なかなかいいねぇ」とか言いながら中を探って行ったんだ。

この廃墟は二年くらい前は何かの研究所みたいなものだったらしく、至るところが理科室のような雰囲気だった。

意外と広くて三階ぐらいまであったんだが、最上階の一番隅のところに、音楽室の扉みたいな重くて厚そうな扉があったんだ。

みんな少し興奮気味だったこともあってか扉を開けようとしたけど、誰がやっても開かない。

全員でやっても開かないというので、諦めて表の荷物が置いてあるところまで戻り、チームを決めて早速ゲームしようってことになったんだ。

昼間のうちのゲームは結構蒸していて、アンチフォグを付けたゴーグルも役に立たないくらいだったんだが、さすがに夏も終わりということもあって夕方19時くらいになると大分涼しくなってきた。

随分やりやすくなってきたんだが、さすがにぶっ続けでやると疲れてきたので、ゲームが終わった頃に俺がもうやめようと提案したんだが、見事に全員に反対された。

しかし、みんな疲れたらしく晩飯を食ったら最後の一回をやろうという事になったんだ。

そしてコンビニで晩飯を買い、荷物のところでみんなで食っていたんだが、やはりみんな疲れているみたいで、飯を食った後21時くらいまで誰も動こうとしなかったんだ。

だがそれでは埒が明かないということで、最後のチーム決めをして、裏側と表側に分かれてゲームを始めたんだ。

夏でもさすがに21時だと暗くて、ライトを使ってゲームをしていたんだ。

まあ、みんな最後のゲームということもあって、フル装備の気合満々でどんどん部屋を攻略して行ったんだ。

それで二階に向かおうと階段を上っていた時、後ろから「うあぁ!!」という叫び声と同時に、階段から誰か転げ落ちる音が聞こえてきた。

振り返ったらYが見事に階段を落ちたらしく、踊り場で足を抱えながら転がっていた。

Yはいつも私服ゲーマーなのであまりブーツを履く習慣がなく、その時もスニーカーでやっていたんだが、それが裏目に出たようで足が良くない方向に曲がっていた。

俺達は焦ったが、一応骨折のようなので、ハンドガンとバンダナで固定し、Yを落ち着かせた。

そして次にOという仲間に無線の非常用周波で呼びかけたんだが通じない…。

全員で試したが誰も通じない。

ノイズが入っているとかそういうのじゃなくて、本当に電池が入っていないような感じになっていた。

仕方がないのでその場で待機していると、どこからともなく音が聞こえてきた。

「グシャッグシャッ」という音。長靴の中に水を入れて歩くような音。

最初は向こうが来たのかと思ってみんな安堵していたが、どうも様子が違うんだ。何と言うか足取りの重そうな感じがしたんだ。

それでみんなで顔を見合わせて、知らない他人だったらまずいのでみんなライトを消し、息を殺して固まっていた。

それから一分くらい経ったけど、段々音が近づいて来るだけで、逆に恐怖心が湧いてきたんだ。

そしたらいきなり、建物の奥から「ぎゃぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!」という凄い叫び声が響いてきて、同時に走る音が聞こえたんだ。

もう恐怖心が半端じゃなかった俺たちは、その声に驚いて「やばいんじゃね?」的な感じになり、逃げようということになった。

幸い足音は階上から聞こえてきていて、俺は銃を置いたままYを背負って走り、表に向かった。

他の仲間は全力で走っているようで、Yを担いでいる俺はどんどん離れて行った。

「早くしろ!!」とか耳元で叫ぶYの声が聞こえなくなるくらい全力で走った。

表に辿り着いた頃には、二人はもう荷物を適当に詰め込んで逃げる準備をしていた。

そしたらいきなり携帯に電話がきて、出たら向かいチームのSだった。

「お前らいまどこにいるんだよ!」と完全にパニクッた感じの声だった。

「表にいる」と答えたら、

「荷物持って国道まで出てこい!」と言われ、全員分の荷物を持ち国道に出たんだ。

その後、向こうの四人と合流し、落ち着いて話をしたんだ。そしたら…、

・何かが三階の隅の部屋にいた

・色んなところから足音が聞こえてきてパニックになった

・するといきなり、扉が開いたのでビビって逃げてきた

ということらしい。

俺たちも足音について話したが、四人は同じ足音だと答えた。

その後はYを病院に送り、未婚の奴は一人でいるのが怖いので、俺の家で一晩を過ごした。

翌日から会社だったので仕事に行ったが、Sが会社に来ていなかった。

Sの嫁さんに聞いたが、昨晩から部屋から出てこないらしい。

数ヵ月後、Yが退院した頃にSは死んだ。

自殺だった。理由はよく判らないが、仲間内ではあの一件が原因だったとされている。

その後、この話は無かったことになっている。ちなみに置いて行った銃もそのままである。

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。 ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。 たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

扉(フリー写真)

会社の開かずの間

うちの会社には、開かずの間がある。 嘘みたいな本当の話で、確かにある。 会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。 新人の頃、資…

月(フリー素材)

死神さん

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。 ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。 その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に…

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。 小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。 しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

銭湯(フリー背景素材)

もう一人の足

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。 その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。 ある日、母とAさんは近くの銭湯へと…

竹林(フリー写真)

有刺鉄線の向こう側

小学生の時の記憶。 私の育った町には昔、林があった。 ただその林は少し変わっていて、林の中に入って途中まで行くと、ある部分を境に突然竹林に変わっている部分があった。 …

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。 そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。 この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…