人が死ぬ数分間

公開日: 本当にあった怖い話

hdr-photography-roads-1742663-1600x1200

人が死ぬ瞬間を見たことがありますか?

私は見ました。人から魂が抜けていく数分間を。

交通事故の現場での話です。数年前のある日の朝、バイクで都心に向かう時のことです。

東京の山手通と川越街道の交わる交差点から東へ約百メートルのドンキホーテを少し過ぎた辺り、日本ケミカル建設という会社の前です。

通勤のクルマやバイクが朝の光を浴びながら都心に向かっていきます。

そこに一台のバイクと一人の青年が倒れていました。交通事故だと思い、その倒れている青年を通り過ぎてから、路肩にバイクを停めました。

倒れている青年を歩道の方に移動させなければ…と思い、そちらを見たところ、急に起き上がり、酔っぱらいがゲロを吐くように、胃の中のモノをドバーッと吐き出しました。

これでは、移動させることが出来ない。そう思った私は、119番に携帯電話で通報しました。

地番表示のプレートが無く探すのに手間取りました。今思うと、豊島区池袋本町何丁目何番何号と詳しく伝えることもなかったかと思います。

そして、その青年を見るとアスファルトに跪き、げえげえと胃の内容物を吐き出しています。

加害者は誰かと見回すと、F山通運のドライバーがどこかに携帯で連絡をしています。彼と絡んだ交通事故なのかも知れません。

青年は、地べたに突っ伏し、鼻と口からぶくぶくと泡の混じった血を吹き出していました。

これはSFXなんかじゃない!こんなに血が出たら、彼の体から血が無くなってしまう!

そう思いました。

警察にも電話をしなければ!

彼は完全に動きを停めていましたが、彼の心臓は、彼の血液を体の外に送り続けていました。

F山通運のドライバーが自分の人生が終わってしまったとでもいうような表情で、アスファルトの地面に横たわる青年を見つめていました。

地面に横たわる青年の心臓も動きを止めてしまったのか、もう口と鼻から血液が出ることはありませんでした。

半開きの眼の彼の顔の前には、大根下ろしを三角に盛り上げたような山が出来ていました。

このバイクの青年と貨物トラックのドライバーは、10分前には、こんな場面は想像もしていなかったでしょう。

私は、人の命ってこんなに簡単に消えてしまうもんなんだなと、何とも言い難い気持ちになりました。

その翌日、現場には花束や缶ビールが供えられていました。道路の舗装があり、彼が大量に吐血し吐いた彼の血が、道路に封じ込められました。

毎朝その花束を見るたび、彼の死んで行く数分間を思い出して苦しみました。

関連記事

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

黒いワゴン

俺の後輩が実際に体験した話です。後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。時刻は夕方の17…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。やはり修行をしていますと…

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。2年生になった頃に木造校舎の建て…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…