宗教施設での心霊体験

カーテン(フリー素材)

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。

その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。

宿泊施設なので管理人と世話係がそれぞれいまして、世話係が食事の準備やお風呂の用意、夜回りなどを担当しています。

宗教関係施設ということで、病気の人や様々な問題を抱えた人が多く利用していました。もちろん普通の人もいますが。

その自殺されたという方もご多分に漏れず精神病を抱えていて、独りでは危ないという事で母親と一緒に生活をしていたそうです。

しかしお昼時、一瞬目を放した隙に4階まで行って飛び降りたそうです。

惨い話ですが「ぐしゃっ」という鈍い音が聞こえ、それは酷い有様だったのだとか。

しかも病院に運ばれるまでは命があり、その後に亡くなったという話です。

すぐには楽になれなかったという訳です。

私達がその宿泊施設を利用したのは、その事件があってから3年ほど経った頃です。

当時10人くらいで2階に寝泊りし、世話係として部屋の掃除から廊下、トイレと全てを皆で手分して担当していました。

いわゆる旅館とほぼ同じ仕事内容ですが、そういった業務も精神修養の一環と昔から決められているのです。

昼間は学校のような施設で宗教に関する授業を受け、夕方に宿泊施設に戻り、施設内で宗教で使用する楽器の修練などを夜まで行うという毎日でした。

夜の時間は比較的自由になるため、ほぼ毎晩のように皆で集まっては晩酌になっていました。

ある時、管理人さんが参加する形の飲みの場で、夜回りの際に4階の部屋に灯りが点いていたことがあり、

「消灯時間ですのでお休みください」

と声を掛けに行きました。

しかし後で事務所で確認したところ、誰も4階には宿泊していない事実が判明しゾッとしたという話を聞きました。

他にも何人かは幽霊らしきものを感じたと話していましたが、この管理人さんの体験が最も印象深い体験談でした。

そしてある日、私と仲の良かった先輩のKさんが、いい加減飲んだところで

「俺は霊感があるから、その霊を呼び出してやる」

などと言い出し、酔った勢いで4階へ2人で上がって行く事になりました。

そして自殺者が飛び降りたと思われる部屋に2人で入り、Kさんが何やら合掌したままイタコよろしく身体を震わせ、「霊よ降りて来い~」的な事をやり始めました。

Kさんは大変面白い人です。今時のお笑い芸人を地で行くような人で、彼の周りはいつも笑いが絶えませんでした。

しかしちょっと軽薄で胡散臭いところもあり、私は彼の霊感が強いという話は全く信じていませんでした。

しかも酔った勢いでこんな遊び半分な事をしたら絶対罰が当たるか、何か良くない事が起るのではないか…と思っていました。

いや、ある意味それを期待していたのかもしれません。

その部屋はベッドが上下2段になっていて、小さな窓が下にあります。

その窓の所にこれまた小さなカーテンが付いています。大きさは差詰め縦40センチ×横70センチ位でしょうか。

夜2時ぐらいから明け方近くまでの長い間、その場に居たと思います。

相も変わらずKさんはぶるぶると手を震わせていたのですが、期待したような事は何も起きません。

『やっぱりな~、ホントこの人胡散臭いわ~。でも面白いわ~』

そう深刻には考えず様子を見ていたのですが…。

「あっ、カーテンがっ!」

Kさんが突然、小窓の方を指差しました。

驚いて何事かと指差す方を振り返ると、カーテンがゆっくりと横に動いています。

もちろん他には誰も居ないし、窓も開いていないので風もありません。勝手にカーテンが動く筈はないのです。

カーテンは確実にゆっくりと、横に動いて行きました。

ちょっとだけゾクッとしましたが、その動きも暫くして止まり、それ以上の事は何も起きませんでした。

明け方になって諦めた私達は、部屋に戻って寝てしまいました。

期待したような事が起きず、がっかりしたというかホッとしたというか…。

微妙な気持ちでしたが、果たしてあれが霊現象だったのかどうかはよく分かりません。

ただ、その何年か後にKさんは精神を病んでしまい、未だに入退院を繰り返しています。

それがこの事と関連するかどうかも私には不明ですが、はっきり言える事は、面白半分でこういう行動を取ると後々悪い事が起きるのは間違いないと思います。

これが私が唯一体験した怖い話です。

関連記事

人身事故

6月の中旬頃の話。当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。母が婚前に英語の教師をした影響…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

青いテント

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。また、赤外線センサーを用いて自動シャッ…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…