宗教施設での心霊体験

カーテン(フリー素材)

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。

その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。

宿泊施設なので管理人と世話係がそれぞれいまして、世話係が食事の準備やお風呂の用意、夜回りなどを担当しています。

宗教関係施設ということで、病気の人や様々な問題を抱えた人が多く利用していました。もちろん普通の人もいますが。

その自殺されたという方もご多分に漏れず精神病を抱えていて、独りでは危ないという事で母親と一緒に生活をしていたそうです。

しかしお昼時、一瞬目を放した隙に4階まで行って飛び降りたそうです。

惨い話ですが「ぐしゃっ」という鈍い音が聞こえ、それは酷い有様だったのだとか。

しかも病院に運ばれるまでは命があり、その後に亡くなったという話です。

すぐには楽になれなかったという訳です。

私達がその宿泊施設を利用したのは、その事件があってから3年ほど経った頃です。

当時10人くらいで2階に寝泊りし、世話係として部屋の掃除から廊下、トイレと全てを皆で手分して担当していました。

いわゆる旅館とほぼ同じ仕事内容ですが、そういった業務も精神修養の一環と昔から決められているのです。

昼間は学校のような施設で宗教に関する授業を受け、夕方に宿泊施設に戻り、施設内で宗教で使用する楽器の修練などを夜まで行うという毎日でした。

夜の時間は比較的自由になるため、ほぼ毎晩のように皆で集まっては晩酌になっていました。

ある時、管理人さんが参加する形の飲みの場で、夜回りの際に4階の部屋に灯りが点いていたことがあり、

「消灯時間ですのでお休みください」

と声を掛けに行きました。

しかし後で事務所で確認したところ、誰も4階には宿泊していない事実が判明しゾッとしたという話を聞きました。

他にも何人かは幽霊らしきものを感じたと話していましたが、この管理人さんの体験が最も印象深い体験談でした。

そしてある日、私と仲の良かった先輩のKさんが、いい加減飲んだところで

「俺は霊感があるから、その霊を呼び出してやる」

などと言い出し、酔った勢いで4階へ2人で上がって行く事になりました。

そして自殺者が飛び降りたと思われる部屋に2人で入り、Kさんが何やら合掌したままイタコよろしく身体を震わせ、「霊よ降りて来い~」的な事をやり始めました。

Kさんは大変面白い人です。今時のお笑い芸人を地で行くような人で、彼の周りはいつも笑いが絶えませんでした。

しかしちょっと軽薄で胡散臭いところもあり、私は彼の霊感が強いという話は全く信じていませんでした。

しかも酔った勢いでこんな遊び半分な事をしたら絶対罰が当たるか、何か良くない事が起るのではないか…と思っていました。

いや、ある意味それを期待していたのかもしれません。

その部屋はベッドが上下2段になっていて、小さな窓が下にあります。

その窓の所にこれまた小さなカーテンが付いています。大きさは差詰め縦40センチ×横70センチ位でしょうか。

夜2時ぐらいから明け方近くまでの長い間、その場に居たと思います。

相も変わらずKさんはぶるぶると手を震わせていたのですが、期待したような事は何も起きません。

『やっぱりな~、ホントこの人胡散臭いわ~。でも面白いわ~』

そう深刻には考えず様子を見ていたのですが…。

「あっ、カーテンがっ!」

Kさんが突然、小窓の方を指差しました。

驚いて何事かと指差す方を振り返ると、カーテンがゆっくりと横に動いています。

もちろん他には誰も居ないし、窓も開いていないので風もありません。勝手にカーテンが動く筈はないのです。

カーテンは確実にゆっくりと、横に動いて行きました。

ちょっとだけゾクッとしましたが、その動きも暫くして止まり、それ以上の事は何も起きませんでした。

明け方になって諦めた私達は、部屋に戻って寝てしまいました。

期待したような事が起きず、がっかりしたというかホッとしたというか…。

微妙な気持ちでしたが、果たしてあれが霊現象だったのかどうかはよく分かりません。

ただ、その何年か後にKさんは精神を病んでしまい、未だに入退院を繰り返しています。

それがこの事と関連するかどうかも私には不明ですが、はっきり言える事は、面白半分でこういう行動を取ると後々悪い事が起きるのは間違いないと思います。

これが私が唯一体験した怖い話です。

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

逆拍手

1999年当時のニュース柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…

不気味な唄

何かの雑誌の投稿で読んだ話で、もう随分前のことです。まだMDすらなく、CDからカセットへ録音してウォークマンで聴いていた頃の話です。その女性(Aさん)は当時中学生くらい…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…