宗教施設での心霊体験

カーテン(フリー素材)

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。

その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。

宿泊施設なので管理人と世話係がそれぞれいまして、世話係が食事の準備やお風呂の用意、夜回りなどを担当しています。

宗教関係施設ということで、病気の人や様々な問題を抱えた人が多く利用していました。もちろん普通の人もいますが。

その自殺されたという方もご多分に漏れず精神病を抱えていて、独りでは危ないという事で母親と一緒に生活をしていたそうです。

しかしお昼時、一瞬目を放した隙に4階まで行って飛び降りたそうです。

惨い話ですが「ぐしゃっ」という鈍い音が聞こえ、それは酷い有様だったのだとか。

しかも病院に運ばれるまでは命があり、その後に亡くなったという話です。

すぐには楽になれなかったという訳です。

私達がその宿泊施設を利用したのは、その事件があってから3年ほど経った頃です。

当時10人くらいで2階に寝泊りし、世話係として部屋の掃除から廊下、トイレと全てを皆で手分して担当していました。

いわゆる旅館とほぼ同じ仕事内容ですが、そういった業務も精神修養の一環と昔から決められているのです。

昼間は学校のような施設で宗教に関する授業を受け、夕方に宿泊施設に戻り、施設内で宗教で使用する楽器の修練などを夜まで行うという毎日でした。

夜の時間は比較的自由になるため、ほぼ毎晩のように皆で集まっては晩酌になっていました。

ある時、管理人さんが参加する形の飲みの場で、夜回りの際に4階の部屋に灯りが点いていたことがあり、

「消灯時間ですのでお休みください」

と声を掛けに行きました。

しかし後で事務所で確認したところ、誰も4階には宿泊していない事実が判明しゾッとしたという話を聞きました。

他にも何人かは幽霊らしきものを感じたと話していましたが、この管理人さんの体験が最も印象深い体験談でした。

そしてある日、私と仲の良かった先輩のKさんが、いい加減飲んだところで

「俺は霊感があるから、その霊を呼び出してやる」

などと言い出し、酔った勢いで4階へ2人で上がって行く事になりました。

そして自殺者が飛び降りたと思われる部屋に2人で入り、Kさんが何やら合掌したままイタコよろしく身体を震わせ、「霊よ降りて来い~」的な事をやり始めました。

Kさんは大変面白い人です。今時のお笑い芸人を地で行くような人で、彼の周りはいつも笑いが絶えませんでした。

しかしちょっと軽薄で胡散臭いところもあり、私は彼の霊感が強いという話は全く信じていませんでした。

しかも酔った勢いでこんな遊び半分な事をしたら絶対罰が当たるか、何か良くない事が起るのではないか…と思っていました。

いや、ある意味それを期待していたのかもしれません。

その部屋はベッドが上下2段になっていて、小さな窓が下にあります。

その窓の所にこれまた小さなカーテンが付いています。大きさは差詰め縦40センチ×横70センチ位でしょうか。

夜2時ぐらいから明け方近くまでの長い間、その場に居たと思います。

相も変わらずKさんはぶるぶると手を震わせていたのですが、期待したような事は何も起きません。

『やっぱりな~、ホントこの人胡散臭いわ~。でも面白いわ~』

そう深刻には考えず様子を見ていたのですが…。

「あっ、カーテンがっ!」

Kさんが突然、小窓の方を指差しました。

驚いて何事かと指差す方を振り返ると、カーテンがゆっくりと横に動いています。

もちろん他には誰も居ないし、窓も開いていないので風もありません。勝手にカーテンが動く筈はないのです。

カーテンは確実にゆっくりと、横に動いて行きました。

ちょっとだけゾクッとしましたが、その動きも暫くして止まり、それ以上の事は何も起きませんでした。

明け方になって諦めた私達は、部屋に戻って寝てしまいました。

期待したような事が起きず、がっかりしたというかホッとしたというか…。

微妙な気持ちでしたが、果たしてあれが霊現象だったのかどうかはよく分かりません。

ただ、その何年か後にKさんは精神を病んでしまい、未だに入退院を繰り返しています。

それがこの事と関連するかどうかも私には不明ですが、はっきり言える事は、面白半分でこういう行動を取ると後々悪い事が起きるのは間違いないと思います。

これが私が唯一体験した怖い話です。

関連記事

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。 着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。 そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

居座る住居人

会社員だった頃は不動産会社に勤めていたので、こういう話は割と日常茶飯事でした。 会社で買った中古住宅を解体していたら白骨が出てきたりとか、競売で落とした物件の立ち退き交渉に行った…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。 ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

白金にまつわる話

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。 この間、叔父さんから聞いた話。 都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…