相乗り

公開日: 本当にあった怖い話

NPS三軒茶屋Ⅱエレベーター

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。

おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降りてくるのを待っていると、すぐに後ろから足音がしました。

振り向くと、目が細く切れ長で、印象の強い顔立ちの男が立っていました。

僕が開けた時に、すぐ後ろから入ってきたようです。

エレベーターが到着して乗り込み、僕は『開』のボタンを押して男を気遣いました。

僕は自分の家がある4階のボタンを押しました。

僕は男に「何階ですか?」と聞きました。

すると男は「屋上は行けるのかな?」と質問してきました。

僕は屋上に出入りしたことがなかったので「分かりません」と答えました。

僕の応答に男は無言でした。

なんとなく嫌な空気だと思っていると、4階に到着しました。

扉が開きホッとした瞬間に、男が突然素早い動きで『閉』ボタンを押しました。

僕は何事かと思い男の顔を見ると「屋上に案内してくれる?」と男が言いました。

僕は少し怖くなり、何も言えず黙っていました。

エレベーターを降りると、屋上に続く階段は大きな南京錠と鎖で閉錠されて、行くことは出来ませんでした。

すると男は、僕の半ズボンの裾を掴み歩き出しました。

僕は怖すぎて震えながら思いました。

『この人目つきがおかしい』と…。

まさに、死んだ魚の目でした。

震えながら10階の外の非常階段まで歩かされました。

男は階段から頭を出し、下を見下ろしました。

そして、男は僕の方に顔を向け言いました。

「ここからなら大丈夫だな。死ねるな」

僕は男の言葉に凍りつき、絶望的な状況であることに気付きました。

男は僕を見つめていました。

僕は目の前が現実なのか夢なのか、夢であって欲しいと願いました。

けれど、紛れも無い現実だと把握すると、僕はいてもたってもいられず叫びました。

「うあぁあぁぁ!!」

非常階段を滑り落ちながら降りました。本当にすべり台を滑るように降りました。

必死で滑り、家のある4階まで着き、家の中に飛び込み母に説明しました。

母が警察に連絡するとすぐに駆け付けてくれて、マンションの外をウロウロしていた男は捕まりました。

僕は母に抱き着いて泣きましたが、男も捕まり、また穏やかな日々を過ごしました。

それからすぐマンションを引越して、実家は一軒家を立て、僕は就職して一人暮らしをしています。

今年の4月に、久しぶりに何日か実家に帰りゆっくりしていて、少し散歩をしようと、一人で近所をブラブラしていました。

しばらく歩き、喉が渇いたのでコンビニに入りました。

飲み物を買って、コンビニを出て飲みながら歩いていると、見覚えのある人が歩いてきました。

僕はその人を見た瞬間に全身の血の気が引きました。あの男だったからです。

男は恐ろしいくらい容姿がそのままで、何より目つきがあのままの男でした。

今になってこうして人に言えたりするようになりましたが、昔は口にすることさえ恐怖でした。

今生きていることが嬉しいし、殺されくてよかったです。

死ぬなら一人で死ねと言いたい。男は生きてたけど。

あの事件から、今もエレベーターはなるべく相乗りは避けています。

不景気でおかしな人が増える一方なので、本気で気をつけてください。

あんな思いは誰にもして欲しくないです。

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。これは僕が…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。母に…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

不気味なカセットテープ

今から10年程前、俺が通ってた中学校はA県M市M中学校だった。恐山のある街を検索すれば判ると思う。校舎は3階建てで、職員室側と教室側に分かれてた。職員室側は1階…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

棲家

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

自殺団地(長編)

高校時代、俺は10階建ての団地の10階に住んでいた。その団地は凄く有名で、別名が「ヤンキー団地」とか「自殺団地」とあまり良い名前がついてなかった。団地は10階建てと13…