看護婦寮

004

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。

未だに当時の細部まではっきりと憶えています。私の人生の中でこのような体験はこの1回のみです。もう経験したくはありません。当時23歳。

当時、私はフリーターでお金がなくなるまで遊んで、金欠になるとアルバイトしてという生活をしてました。

しかしある時、世間では入学、入社シーズン。このままこんな生活してていいものかと思い、正社員として安定した収入を求めました。

運良く知り合いに食品会社の社長を紹介してもらい、待遇も良かったし、コネで入社することが決まりました。早速来月から働いてくれとのこと。

しかし、今住んでるアパートから車では環七の朝の大渋滞で通勤不可能。

電車はあまり好きではなかったので会社の近くでアパートを借りることにしたんです。しかし、良い物件が見当たらない。

それは会社が都心の割といい場所にあるためで汚いアパートでも、家賃9万。そんなに払えませんでした。

就職先の会社の社長とたまたま会話する機会があって、その時、通勤時間のことやアパートのことを相談したんです。

そしたら社長が「職場の近くにあるうちの工場の拡大予定地に、古い元看護婦寮があるから取り壊しまでの4ヶ月は住んでていいよ。いま1階は倉庫代わりに使っているけど、2階は人が住めるから。電気と水道は通ってるからどうにかなるだろう」と。

無料で更に車も停められるということで喜んでそこに決めました。なによりいくら騒いでもそこに住んでるのは私1人。苦情を言う人がいない。友達を呼んで宴会ができる。

そして早速次の日にそこへ行ってみました。広い敷地内にひっそりとある外見は古い寂れた施設といった感じ。壁に広がるヒビが時代を感じさせる。

これでは看護婦さんも住みたくはないだろう。などと考えつつ中に入ってみると中身は結構きれい。

しかし埃が溜まっていて、会社が倉庫として使っているわけでなく、ただの物置として使っているのが判る。

きっと、ここは寮として使われる前は公共の施設であったのではなかろうかといった作りでした。

ガスが来てないから風呂には入れない、キッチンは各部屋に小さいのがついてるから食堂などは掃除の必要なし、などと考えながら、早速2階に上がり部屋の確認。部屋数は25。

廊下と各部屋の内装はどこも綺麗。私は正面道路側の角部屋に決めました。

それは日当たりが良く、畳と壁が新しい物だったからです。その日は自分が決めた部屋と2階の廊下、階段を掃除して帰りました。

私が住んでいるアパートはまだ契約期間内でしたが、すぐにでも引っ越したいと思い、暇な友人2人組みに連絡を取り、明日の引越しを手伝ってくれるという約束を取り、布団に入りました。

しかし一睡もできませんでした。

それは一晩中いままでに経験のない耳鳴りと頭痛に悩まされていたからです。そして翌日、約束の時間になっても友人は現れませんでした。

約束の時間から1時間ほど過ぎたころ電話があり、それは友人からでした。病院からでした。

話を聞けば、昨日深夜、今日ここに来るもう1人と車で移動中に気分が悪くなり運転に集中できなくなり、壁に衝突したとのことでした。

怪我はたいしたことはなかったらしいのですが、引越しを手伝ってもらえなくなったことで動揺して、初めの異変に気付きませんでした。

家具と言っても大きな物はベッドとタンスのみだったので、全て分解して一人で車に乗せ、私の車はワゴンでしたが、4往復でなんとか自力で家具などを運び終えた時には、既に夕方5時でした。

それから荷物を自分の部屋に運び入れ家具などを組み立てて、とりあえず引越しが完了した時には、昨日寝ていなかったため既に体力の限界に達していました。

食事も取らずに倒れるように横になり深い眠りに入りました。それから何時間経過したころでしょうか。

深夜、苦しくて息が出来ない。何か重い物が体の上に乗っているような感覚。だるくて体も動かない。きっと疲れているからに違いない。

引越しで精神的にも肉体的にも疲れているのだと考え、また深い眠りに入りました。

そして朝を迎え、胸に痛みがまだ残っているのは、家具が重かったための筋肉痛だと考えることにしました。

その晩、友人宅で夕食とシャワーを済ませて、深夜に寮に着きました。しかしあのなんとも表現しにくい不気味さ。

正面玄関の厚いガラスの引き戸の奥に別世界が広がっているような。そのガラスに映った自分はその世界に閉じ込められてるようだった。

しかし、2階には自分の部屋があるし外にいても仕方ないので、突き進み階段を登って自分の部屋の正面へ。

なぜか怖くて自分の部屋のドアを開けることが出来ない。普通なら何もない廊下に一人で立っている方が怖いと感じるのでは。

結局、部屋に入っても何も起こらなかった。明日からは玄関や廊下は電気をつけっぱなしにしておこうと考えながら寝ました。

しばらくして、また昨日と同じように胸を何かに押されている感覚で目が覚めました。

それも規則的に胸の上方、下方と交互に。しかも昨日と違うのは、どこからか低いうめき声のようなものが聞こえる。

目を開いてなくても確実に誰かが部屋の中にいるのが判る。怖くて目は開くことはできない。既に金縛りで体を横にすることもできない。

ただ、耳から聞こえる音と方向、胸から伝わる何かの重さだけで答えが出た。

音は明らかに人の声。それも二人。一人は、お経を読んでる。もう一人は、はっきり聞き取れない独り言。

胸に掛かる重さは声の方向と移動でその二人が並んで交互に、上下移動しながら私にしかも正座で乗りかかっているというものです。

この結論に達したと同時にますます重くなってきて、思わず目を開いてしまいました。

そこにいた者は胸の上で横に正座をしている髪の長い女性でした。そして天井方向に移動して浮いている老婆でした。

私が目を開けたのに気付いてか、その二人が私を睨み付けます。

そのあまりの形相に二度と目を開けるまいと。そしてその重さに耐えるしかありませんでした。

二人が居なくなったと同時に私も疲れて寝てしまいました。気絶と言った方が正しいでしょうか。

次の朝、私は昨晩のことなど無かったかのように普通に目覚めました。しかし胸に痛みが残っていてシャツを捲って確認すると、そこには横に4本のアザが残っていました。

それを見て、すぐに現実に戻されました。財布と車のカギと上着だけを持って何も考えずに外に飛び出しました。

私の友人関係の中にはこのような体験をしたことのある人はいなかったので、相談できる人はいなかったし、そのまえに本当に現実なのか?

昔からの友人が集まってくれて、興味本位からなのだが、みんなで私の部屋にその夜は泊まる事になりました。私を入れて8人でした。

みんなで酒飲んで怪談話して、気が付いたらいつの間にかに私は寝ていて朝になっていました。みんなは3時ごろに寝たそうです。

彼らにも何も起こりませんでした。ここに一人で残っていても怖いので私もみんなと一緒に出ました。

夜まである友人と二人であの夜のことを話し合い、私が疲れていて夜に苦しくなり、想像が錯覚を見せたと結論がでました。

そして今夜、一緒に部屋に泊まってくれることになりました。部屋で酒を飲み、そのうち二人とも寝てしまいました。

深夜に息苦しさで目覚めました。あの夜と一緒でした。すぐに隣に寝ている友人を起こそうと思ったが既に遅く、体が動かない。

また声が聞こえ、すぐに私の胸に乗ってきたのが分かりました。

しかし、今夜は少し違いました。一人でした。声で髪の長い女性の方と分かりました。隣に友人が寝ているし前回ほどの恐怖はありませんでした。

私は目を開け、私を睨みつけてる女性を睨み返していました。ふと隣に寝ている友人を見てみると老婆が彼の上で上下に移動しています。友人は目は閉じていたけれど、顔は恐怖で引きつっていました。

朝、友人に起こされてすぐにここを出ようと真っ青な顔で言われたが、しかし、なぜここだけ壁紙と畳が新しいのか疑問であったため、部屋を見回してみました。

友人は一人で廊下に出るのも怖いらしかった。まず、畳の上に家具を載せた形跡がない。この部屋は角部屋で日当たりもよく空き部屋になるはずもない。

移転が行われるのに畳を新しい物に取り替えるか。このとき私は軽いノイローゼになってたのかもしれない。すぐに友人に手伝ってもらって家具を廊下に出して、畳をすべて剥がしました。

コンクリートの床は綺麗でした。しかし中心だけが円形に拭かれていました。明らかに人の手によってそこだけが。

その拭かれている中心には、よく見ると黒い何かがそこにあったことが窺えました。それはきっと血液でしょう。

すぐにそこを飛び出し、もう二度とそこに戻ることはありませんでした。

その後、引越し業者にカギを渡して荷物だけは運び出してもらいました。後味が悪く就職も断りました。

決して、その敷地に入ることはありませんでした。そこで昔になにがあったかなんて、知りたくもないし、興味もないです。

私にとってやっとこの事件が過去のことになったと感じたので書かせていただきました。

ポラロイド写真

不可解な写真

最近、バイト先の店長から聞いた話。その店長の兄が10年ぐらい前に経験した話です。その兄は当時、とある中小企業に勤めていたんだけど、まだ2月の寒いある日、後輩の女の子が無断欠勤し…

おまえこそ

自分が大学生の時の話。マジで思い出したくない。自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒っ…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。夜中の焚き火中に、「たすけてえええ!だれかあ!」と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ…

河原の風景(フリー写真)

白昼の幽霊

小学校低学年の頃の話です。可愛がっていたセキセイインコが死んでしまいました。近くに川があるので、川に流してあげようと川へ向かいました。河原は石が敷き詰められ、…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

トンネル(フリー写真)

友達だよな

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった…

しりとりをしてみようか

ずいぶん昔の話。ラジオ番組の録音を聴きたくて、友達にカセットテープを借りた。お目当てのラジオ番組を聞き終わったものの、いちいち停止ボタン押すの面倒で、テープが最後まで再…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…