アンケートの忠告

ホテル

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。

表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感、ホテル内の清掃状態などです。

最後に当ホテルへのご意見という欄に『忠告!』と書かれていました。

忠告!

私共の宿泊した七階の〇〇号室は霊道となっております。簡単ですが裏面に書き記しておきましたので、ご検討の上、お祓い又は御供養をした方が良いかと思います。

その部屋は前から苦情がある部屋でした。

・誰かが窓から覗いている

・ベランダで何か動いた

・バスルームの水が勝手に出る

・荷物が荒らされた

・夜中に耳元で声がする

等の沢山の苦情があり、普段は閉鎖部屋にしていました。

たまたま繁忙期に他のホテルからの研修(応援)に来た従業員がダブルブッキングしてしまい、仕方なく主任の判断でその部屋を使用しました。

裏面

私は永年勤めてきた会社を息子達に譲り、共に苦労した愚妻と旅行を趣味にしております。

妻は恥ずかしながら感が良く、霊感と呼ばれるものが幼女の頃よりあり、私の事業の成功も妻のお陰であります。

そんな妻が言いますのが、御ホテルのこの部屋は霊の通り道となっているとの事。

昨夜、何体かの仏様が私共の宿泊している部屋を通り抜けました。

中には私や妻の寝ている顔を覗き込んできた者もいたそうです。

私はそういう感覚はありませんが、妻はうるさくて眠れなかったと申しておりました。

私共は他言いたしませんが、御ホテルへの宿泊は今後検討させて頂きます。

中には悪い霊体もいるとの事です。

何卒ご検討の上、至急何かしらの御対処をした方が良いかと思います。

支配人の命令で、私と同僚の二人が問題の部屋に泊まってみましたが、特に何も起こりませんでした。

偶然かもしれませんが、暫くして同僚は交通事故で右腕が不自由になり、私は腎臓を壊し人工透析をしています。

私も同僚もそのホテルを辞めました。

関連記事

お婆さんの願い

会社の仕事を終え、夜の帰り道。最寄り駅から自宅まで歩いていると、帰路途中の家のドアが開いていて、お婆さんが手招きをしていた。『高いところにあるものを取って欲しいとか、そ…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…