夢枕の爺ちゃん

公開日: 笑える怪談

おじいちゃん(フリーイラスト)

俺の爺ちゃんの話。

爺ちゃんは入院中に二度も危篤状態になり、いつ逝ってもおかしくない状態だった。

二度目の危篤から生還した時に爺ちゃんに聞いたら、

「ここで死んでなるものか!」

と強く願ったらしい。

俺はそんなことで生還出来たとはとても思わなかった。

三度目の危篤であっさり逝った爺ちゃん。

葬式の翌日の夜、爺ちゃんが夢枕に立った。

なぜ三度目も生還してくれなかったのかと聞いたら、

「今回も強く願ったんだけど、昼間に看護士さんのブラ紐を見て、それを思い出したら集中力が切れて死んじゃった」

と言っていました。

勿論このことは俺と爺ちゃんだけの秘密です。

爺ちゃん。あれから十年経つけど、そちらはどうですか?

あの時、夢枕で頼まれた秘蔵のブルーフィルムを家族に見つからないように処分するのには苦労しました。

お駄賃で貰った遺産(へそくりの20万円)は今も大切に取ってあります。

俺もいずれそちらへ行くので、その時は一緒に酒でも飲みましょう。

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね? この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。 整形ではない。何故なら…

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。 我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。 席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。 姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。 当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

くる!

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。 まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。 2年くらい前から「離婚…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

もっさ

学生の頃、金縛りにあった。 当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。 …