夢枕の爺ちゃん

公開日: 笑える怪談

おじいちゃん(フリーイラスト)

俺の爺ちゃんの話。

爺ちゃんは入院中に二度も危篤状態になり、いつ逝ってもおかしくない状態だった。

二度目の危篤から生還した時に爺ちゃんに聞いたら、

「ここで死んでなるものか!」

と強く願ったらしい。

俺はそんなことで生還出来たとはとても思わなかった。

三度目の危篤であっさり逝った爺ちゃん。

葬式の翌日の夜、爺ちゃんが夢枕に立った。

なぜ三度目も生還してくれなかったのかと聞いたら、

「今回も強く願ったんだけど、昼間に看護士さんのブラ紐を見て、それを思い出したら集中力が切れて死んじゃった」

と言っていました。

勿論このことは俺と爺ちゃんだけの秘密です。

爺ちゃん。あれから十年経つけど、そちらはどうですか?

あの時、夢枕で頼まれた秘蔵のブルーフィルムを家族に見つからないように処分するのには苦労しました。

お駄賃で貰った遺産(へそくりの20万円)は今も大切に取ってあります。

俺もいずれそちらへ行くので、その時は一緒に酒でも飲みましょう。

関連記事

くる!

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。2年くらい前から「離婚…

リン!リリン!

どこに書けばいいのか分からないけど、私的にオカルトかつ不可解だったのでここに。大学に入ったお兄ちゃんが部屋の中で「リン!リリン!」と叫んでいることがあったんですよ。壁越しに丸聞…

俺の住んでいるマンション

大阪市西区の駅近マンションに引っ越した当初の事。駅まで徒歩5分、コンビニまで1分くらいなのに家賃3万円。おかしいと思ったけどとりあえず便利だから住むことにした。…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。何をするわ…

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

睡魔

手術を受ける事になり入院。その手術の前日、深夜。私は病室の一番端のベットで寝ていたが、何か異様な気配を感じて目を開けた。ベッドと壁の間からわらわらと何本もの手がのびてき…

アイヤー!ホイヤー!

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑)…

黒い人影

家に黒い人影のようなヤツが、どっかで拾ってきてしまったのか住み着いてしまった。積み上げたものは倒すわ、ハンガーにかけてる洋服を落とすわ、勝手にトイレの扉あけたりとイタズラばっか…