くる!

42d68fd4e0a4fc4af344fa78d3e1cdac

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。

まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。

2年くらい前から「離婚したい」が口癖だったんだ。

それで3月にその叔母さんの娘が大学に合格して、じいちゃんの家で親族で集まって合格祝いしたんだよ。

最初は和やかな雰囲気だったんだけど、暫らくすると叔母さんがまた離婚話を始めてね。旦那子供の前でね。

旦那さんはホントすげぇ良い人で、どんだけ良い人かってーと、長くなるから割愛すっけど、とにかく出来た人でね。

その「離婚話」ってのがいかに叔母さんの勝手な話かってのは、もう叔母さんの母親である家のばぁちゃんとじいちゃんが旦那さんに泣いて謝る位なんだ。

そいでまぁ祝いの席で始まった離婚話。

最初はみんな「またかよ…」ってスルー方向だったんだけど、ふと叔母さんの娘の方見るとなんかすげぇ泣きそうだったのね。

もう恥ずかしくてしょうがないみたいな感じね。娘はすごい頑張り屋でホント今時珍しい位イイ子でね、普段の彼女知ってるからなんかそれ見たらスゲェ腹が立ってきてさ、んでじいちゃんも真っ赤になってて今にもブチ切れそうだったから「チィキショイ!!俺がやってやるぅ!」って思って「叔母さんいい加減にしろよ!みっとも無いぞ?」的な言葉を言ったわけです。えぇぶちまけましたよ親族代表としてね。

あん時の叔母さんの顔は今でも忘れないね。最初真っ赤になった顔が一気に真っ青になっててってね。んで俺が喋り終わるや否や「あんたみたいなガキに何が分かるってのよっ!!」って超シャウト。

ホント内心すげぇ怖かったけど、でも「よく言った!」って顔してる親族一同の顔見たらここで退いたらダメだと思って、尚も喋り続けるとホント顔面蒼白になってね。ふらつき出したんだ。

んで流石にこれ以上はヤバイかな?って思ったウチのママンが「それ位で…うん、先に帰ってなさい」って俺ら子供集を家に戻るように促したのね。

因みにウチとじぃちゃん家は同じ敷地にあってね、徒歩10秒ぐらいなの。

そいで俺と姉貴と弟と従妹とで家に帰って、4人でゲームやってたんだ。

従妹にはホント何度も謝ったんだけど逆に「ありがとう」とか言われて、姉貴と弟には「よく言った」とか言われて、正直まんざらでもなかったんだ。

暫らくするとウチのママンが戻ってきてね、開口一番にこう言ったんだよ。

マジで一言一句忘れもしない。

「いますぐ荷物まとめておじいさん(親父方)のとこに逃げなさい」

ってね。

「は?何?何かあったの??」

ワクワクが隠せない姉貴と弟の声のトーンとは対照的にママン声のトーンは低くてね、とりあえず従妹に遠慮して廊下で2人で話してたんだ。

「あの後はもうアンタに対する罵詈雑言の嵐よ、罵詈雑言なんてモンじゃないわよ、『殺す』って言ってたわ。もう誰が何言っても聞きやしないし、今晩おばぁちゃんの家に泊まるみたいだし」

遠くから聞こえる桃鉄の BGM。あんなに暗く聞こえたのは初めてだった。

とりあえず色々突っ込みたい事もあったけど、

「まさか?(笑)」

って笑って部屋に戻ったんだ。

その後おじさんが来たり色々あったんだけど、結局11時頃にはおじさんと従妹は叔母さん残して帰ってね。

んで3時ぐらいにはママンもパピーも弟も寝てて、俺と姉貴2人で映画観てたんだ。電気消してね。

そしたら庭の方から砂利の上を歩く音がしてね。もうそん時は前置きなしで俺も姉貴も直感したんだ。

「叔母さんだ…」

映画の音量下げて耳凝らして外の音を聞いてると、確実に俺の部屋の窓んとこグルグル回ってんだよ。

最初は面白半分で笑ってた姉貴も急にマジになってさ、

「アタシが上手く足止めするから裏口から逃げろ!んですぐ車庫に行け!こりゃホント冗談じゃないよ」

とか言い出す始末でね。俺も軽くパニくって何かバッグに下着とか詰め始めてね。とりあえず車のキーと財布と携帯と煙草持って裏口でスタンバイしたんだ。そんで同時タイミングで外に出る俺と姉。

俺の部屋の窓と車庫は 7メートルぐらいあって、今のままじゃ下手すりゃ車に乗ろうとすると叔母さんと鉢合わせになっちゃうんだ。

だから物陰に隠れて耳を凝らしていると姉貴の声が。

「叔母さんどうしたのこんな時間に?」

そっから先は姉貴の声しか聞き取れなかったけど、なんか段々声が離れていった感じがしたのね。そんで時折笑い声とかすんの。

さすが姉貴は叔母さんに超好かれてるだけあるな!とか思いながらダッシュで車庫に行って車のエンジンをかけたのね。

「よし!行けるっ!」

そう思い、ギアをバックに入れてライトを着けると、ライトの先には物凄い顔をした叔母さんの姿が映ってたんだ。

あの瞬間は本当に背筋が凍った。だってさ…。

作業用スコップ持ってたんだもん。

そっから先は鬼バック。急発進。

チャーリーなエンジェルも真っ青なフルスロットル。

近くのコンビニに着いて速攻姉貴に電話をすると、

「いやスコップですよ!(笑)でもやっぱ完全に殺意の対象はお前のみ。アタシとか全然笑顔でトークしてたよ。あの酒席で誰もお前の事をフォローしなかったのは大正解だったね」

と大爆笑な姉。

「殺意の対象が俺のみじゃなかったらあんな無茶な事しねぇよ」

とか言いつつも内心家族が心配で、その日は姉貴と弟に寝ず番をした。

もち武装した状態で。そして明け方着いた祖父の家で自分の車を見てビックリ。

傷だらけ。引っかき傷だらけ。

つか叔母さんさ…。

車庫にいたのかよ…。

叔母さんはその数日後神奈川だかの病院に入院して、今は退院して元気だそうです。多分。

それまでいろんな心霊スポット行ったりしたけど、生きてる人間が一番怖いです。

関連記事

キャンプ(フリー写真)

もし、旅かな?

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。 金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。 友達のいない俺は、寂…

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。 偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。 半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。 その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

マイナスドライバー

そんなに怖くないのですが聞いてください。 私がまだ4~6歳の頃の話です。 当時、私の家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。 まだ小さかったので、母と女湯に…

トンじい

私の出身地は、古くから部落差別の残る地域でした。 当時、私は小学生でした。部落差別があると言っても、それは大人の世界での話で、幼い私には差別など解りませんでした。 子供同士…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。 もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。 恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

毟られる髪

中学時代、怪談ゲームを通して怪談話が好きになり、よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。 従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く…

エレベーターのボタン(フリー写真)

走って来る人影

その日は仕事帰りに買い物のため、自宅近くのショッピングモールに寄りました。 時刻は20時過ぎだったと思います。 そのショッピングモールは、デパートと言うには小さ過ぎる地方の…

プール

臨時の用務員

小学校の時、用務員さんが急病で一度だけ代理の人が来た。 あまり長くは居なかったけど、まあ普通のおじさん。 ただ妙だったのは、すべての女子に「ヨリコちゃん」と話しかける。 …