もっさ

公開日: 未確認生物 | 笑える怪談

img297018264022

学生の頃、金縛りにあった。

当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。

そしたら……いつもと違って、首筋に髪の毛の感触があった。

ファサ……と髪の長い女が………的なものではなく『もっさ』。

目が開けられなかったから確認はできなかったけど、イメージとしてはアフロのヅラ。

アフロが、首の両脇にもっさと降ってきた。この恐怖がわかるか?

気付いたらそのまま寝てたけど……あのアフロは何を伝えたかったんだろう……。

関連記事

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

まりも

今の部屋に引っ越してきてすぐのこと。夜ふと目を覚ますと、目の前に黒くて丸いものが2つ浮かんでぼうっと光っている。オカルト体験がほとんどない俺は動揺し、布団を被ってガタガタ震えた…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。整形ではない。何故なら…

俺の住んでいるマンション

大阪市西区の駅近マンションに引っ越した当初の事。駅まで徒歩5分、コンビニまで1分くらいなのに家賃3万円。おかしいと思ったけどとりあえず便利だから住むことにした。…