嫌な感じがする場所

公開日: 心霊体験 | 笑える怪談

thinlizzy2LG

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前らさ、行っちゃいけない場所って分かる?

誰かに行っちゃいけないって言われた訳でもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしまう場所。

俺はその頃、犬を飼っててさ、よく大学から帰ってきて散歩に連れてったんだ。

で、犬の散歩も面倒になる日があるわけ、犬飼ってる人なら少なからず分かるんじゃないかな、この気持ち。

その日は近道をして、早めに散歩を終わらせようとしたんだよ、普段使わない道使って。

でさ、その道に入ろうとした時なんだけどさ、『嫌』なんだよね。

普段なら俺を引っ張る犬も引っ張らないし、俺も前に進もうと思えない。

道はなんてことない一本道でさ、その一本道が終わるまで左右に取り残されたように木が生えてる道。

分かりやすく言うとアーチみたいになってる。そこだけ何故か開発されていないって言えばいいのかな?

ちなみに場所はT県のS市ね、分かる人は分かる場所、思い当たった人がいるなら多分正解。

周りは開発されてんのに其処だけ取り残された感じの場所。当時は意図的に残したと思ってたんだ。

でも、怖くても何故だかその時は早く帰ろうって気持ちが勝ったんだよね。とっとと帰ろうって。で、嫌がる犬を連れてその道を通った。

まあ、気持ち悪いと感じながらもさっさとその道を通り過ぎて家に帰ったんだ。

その後、異変というか俺の身体に変調が起きた。

左肩が痛いんだ。耐えられる痛みなんだけど、とにかく常時締め付けられているような痛みでさ。

幽霊に取り憑かれて肩が重いなんてありきたりな話かと思ったが、あれ、本当だったんだなってその時思ったね。でもまあ、それ以外は害が無いんだよ。

痛いだけで家族に不幸があるとか、犬が死んだとかそういうのは一切ない。

だったら耐えられる痛みだし、このぐらい別にいいかな。って思ってたんだ。ぶっちゃけホラーは好きだけど、幽霊信じてるかと訊かれても YESと答えられる人間でもないしさ。

単なる体の不調がたまたまそのタイミングで起きただけだろうって、そう思うことにした。

数日が経ったある日の事。相変わらず左肩に違和感がある。けど、それも慣れてきた時のことだ。

大学の講義の後、前から歩いてくる女に悲鳴を上げられたんだよ、「ひっ」って。

まあ、俺の顔は良い方じゃないよ、どっちかというと良くない方だ。

ただ悲鳴を上げられることなんて今までなかった。その女は明らかに俺を見て悲鳴を上げた。

そりゃ違和感あったし多少傷ついたけど、まあ、嫌な奴もいるもんだ、で済まそうとしたんだ。その時はな。

それからだ、大学でその女が俺を見る度に距離を取ったり、あからさまに進行方向を変えたりし始めたのは。自分でも自意識過剰かと思ったよ?

でもさ、毎回毎回、同じ女からそれをやられてみ? 嫌でも記憶に残る。

そんなのが2か月ぐらい続いた頃かな、その女の友達を名乗る奴から呼び出しを受けた。直接な。で、人気のない場所に呼び出された。

呼び出されたのは普段中々人の来ない所で、教授室なんかがある場所? 研究室か? まあ、教授が講義中だと滅多に人が来ないんだよ。

そこにその女と俺を呼び出した女の友達がいた。相変わらず俺を見てビクビクしててさ、だったらなんで呼び出すんだって、思った。

改めて思ったけど、その女、気持ち悪いというか、なんかキャラ作ってるって気がしたんだよ。はっきり言って気味が悪い。

その女の友達に促されて女は俺に言うの、貴方、取り憑かれてますよ、って。

想像してみてくれ。顔を合わす度に妙な態度をとり続けた女が急に呼び出してきて、憑りつかれてますよ。と来た。

普通、こいつどっか可笑しいんじゃね? とか思うだろ? 俺も思ったよ、大学生にもなってこんなのいるんだ、って。

霊感少女? はぁ? 馬鹿じゃないって?

でも、一応聞いたよ。何が憑いてるんだって。したらさ、その女、それは言えない、でもこのままじゃ危険だって、だからメアド教えてくれ、ってふざけたこと言うんだよ。

こちとら、肩痛くなる程度で2か月間それ以外の何の被害も受けてない訳さ、だから最初は断った。

だが、どこから知ったのかその女からメールが来るようになっちゃって。毎晩毎晩。

「大丈夫?」「痛くない?」「助けてあげるから」とそんなのが送られて来る。

メアド変えても、何処で知ったか分からないが、変わらずメールが送られてくる。

それがもう5年、大学卒業して社会人になった今もずっと変わらず送られ続けてくる。

相変わらず左肩は重いけど、そんなのは今は大した苦じゃない。この女をどうにかしてほしい。

関連記事

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。 その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。 いくら悩んでも…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。 埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。 それにまつわるお話です…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…