アイヤー!ホイヤー!

公開日: 笑える怪談

wallpaper219_640_1136

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。

ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑)

そしたら俺のベッドの上に、すっげぇ古くさいボロボロな本が置いてあったのよ。もちろん俺んじゃないよ。「なんだこりゃ?」って二人で読んでたら、その本は昔亡くなったじいさんの自叙伝みたいな本で、古い丸メガネかけた痩せたじいさんの写真とか載ってたわけ。

「なにこの本?」とかそいつと言いながら、興味深げにページをめくっていくと、その故人を偲ぶ知人の文章に、

「故人は、生前アイヤーホイヤーというのが口癖だった」

と書いてあったわけ。勿論、そいつの顔色は瞬間的に青くなりました(笑)

親に聞いても「知らん」と言うし、友達もビビリまくってるし、結局、家の前のドブ川に投げ捨てたんだけど、未だになんだったんだと思っている。

関連記事

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。それには訳がある。仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。その日、俺は難しい打ち合…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。色々突っ込みたかった…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

黒い人影

家に黒い人影のようなヤツが、どっかで拾ってきてしまったのか住み着いてしまった。積み上げたものは倒すわ、ハンガーにかけてる洋服を落とすわ、勝手にトイレの扉あけたりとイタズラばっか…

ザキか?

ザキか? ザキなのか?実話です。小学生の時、友達の先輩に、ザキを使える人がいたらしいです。本人も怖くて封印しているそうなんですが、その友達が夕方先輩の家に遊びに行った時…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…