アイヤー!ホイヤー!

公開日: 笑える怪談

wallpaper219_640_1136

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。

ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑)

そしたら俺のベッドの上に、すっげぇ古くさいボロボロな本が置いてあったのよ。もちろん俺んじゃないよ。「なんだこりゃ?」って二人で読んでたら、その本は昔亡くなったじいさんの自叙伝みたいな本で、古い丸メガネかけた痩せたじいさんの写真とか載ってたわけ。

「なにこの本?」とかそいつと言いながら、興味深げにページをめくっていくと、その故人を偲ぶ知人の文章に、

「故人は、生前アイヤーホイヤーというのが口癖だった」

と書いてあったわけ。勿論、そいつの顔色は瞬間的に青くなりました(笑)

親に聞いても「知らん」と言うし、友達もビビリまくってるし、結局、家の前のドブ川に投げ捨てたんだけど、未だになんだったんだと思っている。

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。色々突っ込みたかった…

犬に呪われたら

お前ら犬に呪われたら本気でヤバイぞ。マジで注意しろ。俺もいろいろ調べてはいるんだが、どうも要領を得ない。呪いに詳しいやつがいたら助言がほしい。もともと家には俺が生まれる…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…

俺の住んでいるマンション

大阪市西区の駅近マンションに引っ越した当初の事。駅まで徒歩5分、コンビニまで1分くらいなのに家賃3万円。おかしいと思ったけどとりあえず便利だから住むことにした。…

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

もっさ

学生の頃、金縛りにあった。当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。…

やんちゃな爺ちゃん

数年前、爺ちゃんが死んだ。で、いざ墓を立てようとしたら、しゃれにならないくらいたくさんの手続きをしなくちゃならなかった。しかも、その手続きの日には必ずどしゃ降りの雨。墓が立った…

睡魔

手術を受ける事になり入院。その手術の前日、深夜。私は病室の一番端のベットで寝ていたが、何か異様な気配を感じて目を開けた。ベッドと壁の間からわらわらと何本もの手がのびてき…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。整形ではない。何故なら…