purple-sky-colors-27118172-1024-768

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。

前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。

だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたといっても頭に霞みがかってる寝ぼけた状態。

寝起きに一服しようとしたのにタバコが切れてる。喫煙者の性で面倒くさいけど買いに行くかと布団を出たんだな。

居間を見たら親父が既に起きていて新聞見ながら飯食ってた。

「タバコ買ってくるわ」と声かけて靴を履いたときに親父の返事が返ってきた。

「今日はガガでぃうガ だから気をガガ−ガガガ−−ガガガガろよー」

何か変なノイズっていうか、聞き取れないけど言葉っぽいのが間に挟まったというか変な返事だったんだよね。いつもは「んー」とか「おー」くらいしか言わないのに何か変。

けどその時は大して気にも留めずに「あいよー」って返事して外に出たのよ。

相変わらず頭は寝ぼけているような感じなんだよね。やっぱ寒いなーとか思って自販機のほうへ歩いてた。掃除してるオッサンとかに「おはよーさんでーす」とか挨拶したんだが。

「おっ!ガガッガガ−ガガッガガ−ねー!ガおはよー!」とかやっぱ言葉が変。

でも気にも留めずに歩いて、程なく自販機へ到着。赤マルゲット。さっそく1本取り出して火をつけた瞬間、今まで霞がかってたのが晴れた感じがした。同時に周りが変だって事にも気が付いた。

1つは自販機の数が増えてる。

いつ増やした?と思って新しい自販機を見たけど訳分からん字で印刷してあるのばかり。しかもコイン投入口も札入れるところも無い。

2つ目はさっきまで綺麗な朝焼けだなーとか思ってた空が、ドス黒い感じの紫色の朝焼けになってる。

は?え?何コレ??と頭はパニック状態。

しかも周りの全ての家に電灯がついてる。

一瞬、夕方なのかと思って携帯見たけどやっぱり時間は朝。でも何故か電波無し。

とりあえず家に帰ろうと思い来た道を戻るけど、行けども行けども周りが自分の家付近の風景じゃない。さっきまで居た掃除のオッサンも居ないし生臭い臭いも漂ってくるしで混乱絶頂。

家見付からないわ周りの風景違うわで呆然として俯いてたら目の前に誰か立ってた。

掃除のオッサンかと思って顔を上げてみたら、顔のある場所に顔がない。見えたのはノッペリとした腹だか胸で首のばして見上げてみたら顔があった。

何て形容したら良いのか…幼稚園児が粘土で作った顔を3~4個ごちゃ混ぜにしたような感じだったよ。状況が掴めないで口パクパクさせてた俺に、ソレが「ここガガッガガ−ガガッガガ−ガガッガガ− ない」って言ったかと思ったら横薙ぎに衝撃が来た。

凄い衝撃&痛み。

(あー俺死んだな)とか変に冷静な事考えながら意識が途切れた。失神したけど、変な方向に曲がった俺の脚を持ってソレが俺を引きずってたのを記憶している。

意識が戻った時には目の前に掃除のオッサンがいて「あれ?さっき通り過ぎたよね?あれ?」とか言ってた。体は何も異常ないし脚も別に曲がっちゃいない。周りを見れば見慣れた自宅が目の前にあった。

青ざめた顔で家に入ったら、いつもはとっくに仕事行ってるはずの親父が鏡の前でネクタイ直してた。俺の顔見て一言、

「…だから気をつけろって言ったろう?今日は『紫』なんだから」

ちょ、何か知ってるの?何があったか分かってるのかと聞いてたら、長い話になるなら帰ってきたらなって出かけやがった。

以下は帰ってきた親父に聞いた事。

  • うちの家系には朝焼けが紫色の時には出歩くなという家訓がある
  • 親父も若い頃、免許取りたてで夜明け前にドライブしてたら変なとこに迷い込んだ事がある
  • 今日は紫色っぽかったから仕事の時間ずらして様子見ていた
  • 俺が出かける様だったから一応「気をつけろ」と言った

以上、俺が体験した洒落にならん話。

ってか親父よ…そんなんだったら事前に止めてくれと orz

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

浮世絵(フリー素材)

タイムスリップ

昭和50年前後の事です。東京近郊の県ですが、うちの祖父母が住んでいた家は古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借りて住んでいました。敷地を円形に包むように1…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

時間停止

小学生の時の話。昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

都市(フリー写真)

見知らぬ町

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしてい…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。みんな30代半ばになり、子…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…