見えない恋人

公開日: ほんのり怖い話 | 笑える怪談

13222284384_e5987886b0_b

大学生時代、同じゼミにAと言う男がいました。

Aはあまり口数の多い方ではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、学内にも特に親しい友人はいない様子でした。

ある日、そのAが話しかけてきました。

Aが話した内容は、「好きな人が出来たのだが、どうすればいいのか?」ということでした。

そんなことを、あまり親しくない上にどう見ても女性経験が少なそうな僕に話してくるのも不自然な気がして、からかっているのかと少し疑いましたが、彼の話ぶりは真剣で、とてもそのようには見えませんでした。

話を聞いてみると、彼が好きな人と言っていた女性とは話したこともなく、道ですれ違うだけの仲なのだそうです。

女性経験の少ない僕でも、とりあえず話し掛けてみないことには進展しない事は分かりますので、「話しかけてみたらどうか」と言うことを伝えました。

するとAは「何を話せばいいか?」「話すタイミングがつかめない」等のことを質問し、それに対する僕の答えを全てメモしていました。

次の週のゼミの時間に、Aは再び僕のところへ来て、「今日、話し掛けてみる」と言いました。

僕は、Aが好きになった女性がどんな人なのか見てみたいと思いました。

そこでAに「話が途切れたら、僕が場を持たす」と言うと、喜んで一緒に行くことに同意してくれました。

その女性は、いつも夕方17時くらいに決まった道を通るということでしたので、Aとその道で待つことにしました。

その道は住宅地を通っている一本道で、入って待つことが出来るような店もなく、僕とAは路上でぼーっとその女性が来るのを待っていました。

17時を少し回った頃でした。Aは「来た」と呟くと少し歩き、僕の話をメモした内容通りのことを話し始めました。

話は何とか繋がっているらしく、僕が場を持たす必要もなさそうでしたので、その場を離れることにしました。

正確に言うと、早くその場を立ち去りたかったのです。

僕には、Aが話している相手が見えませんでした。

Aは、何もない空間に向かって話し掛けているようにしか見えなかったのです。

その後もAは普通にゼミに出席してきました。

ただ、少し口数が多くなり明るくなった感じがしました。

他のゼミ生が彼に「彼女でもできたのか?」と聞くと、嬉しそうに「一緒に暮らしている」と答えていました。

「どんな娘?」と言う質問には、照れくさそうに「S(僕のこと)が見たことある」と答えていました。

未だに僕は、Aにからかわれていたのか分からないでいます。

関連記事

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

アイヤー!ホイヤー!

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑)…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。「私の部屋」「キッチンを挟…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。ある日、隣の市の…

学生寮の部屋(フリー写真)

除霊するオッサン

一年ほど前に起きたこと。俺の学校は全寮制なんだけどさ、寮の一番端の部屋でよく幽霊騒ぎがあったんだよね。俺は反対側の端っこの部屋だから、そこの部屋に行く機会は無く、直接見…

柿の木(フリー写真)

招かれざる客

いきなりだが、俺には全く霊感が無い。その俺が先日仕事で、地元では結構有名らしい幽霊屋敷へ行くことになった。俺はその地域には疎いので全く知らなかったのだが、『以前…

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…