見えない恋人

公開日: ほんのり怖い話 | 笑える怪談

13222284384_e5987886b0_b

大学生時代、同じゼミにAと言う男がいました。

Aはあまり口数の多い方ではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、学内にも特に親しい友人はいない様子でした。

ある日、そのAが話しかけてきました。

Aが話した内容は、「好きな人が出来たのだが、どうすればいいのか?」ということでした。

そんなことを、あまり親しくない上にどう見ても女性経験が少なそうな僕に話してくるのも不自然な気がして、からかっているのかと少し疑いましたが、彼の話ぶりは真剣で、とてもそのようには見えませんでした。

話を聞いてみると、彼が好きな人と言っていた女性とは話したこともなく、道ですれ違うだけの仲なのだそうです。

女性経験の少ない僕でも、とりあえず話し掛けてみないことには進展しない事は分かりますので、「話しかけてみたらどうか」と言うことを伝えました。

するとAは「何を話せばいいか?」「話すタイミングがつかめない」等のことを質問し、それに対する僕の答えを全てメモしていました。

次の週のゼミの時間に、Aは再び僕のところへ来て、「今日、話し掛けてみる」と言いました。

僕は、Aが好きになった女性がどんな人なのか見てみたいと思いました。

そこでAに「話が途切れたら、僕が場を持たす」と言うと、喜んで一緒に行くことに同意してくれました。

その女性は、いつも夕方17時くらいに決まった道を通るということでしたので、Aとその道で待つことにしました。

その道は住宅地を通っている一本道で、入って待つことが出来るような店もなく、僕とAは路上でぼーっとその女性が来るのを待っていました。

17時を少し回った頃でした。Aは「来た」と呟くと少し歩き、僕の話をメモした内容通りのことを話し始めました。

話は何とか繋がっているらしく、僕が場を持たす必要もなさそうでしたので、その場を離れることにしました。

正確に言うと、早くその場を立ち去りたかったのです。

僕には、Aが話している相手が見えませんでした。

Aは、何もない空間に向かって話し掛けているようにしか見えなかったのです。

その後もAは普通にゼミに出席してきました。

ただ、少し口数が多くなり明るくなった感じがしました。

他のゼミ生が彼に「彼女でもできたのか?」と聞くと、嬉しそうに「一緒に暮らしている」と答えていました。

「どんな娘?」と言う質問には、照れくさそうに「S(僕のこと)が見たことある」と答えていました。

未だに僕は、Aにからかわれていたのか分からないでいます。

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

日本酒(フリー写真)

クジ引き

この前、近所の商店街のイベントでクジを引いた。買い物をすると貰えるクジ引き券を数枚集めて引くあれだ。『三等のスポーツ自転車が欲しいな~』なんて考えながら箱に手を入れて…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。整形ではない。何故なら…

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

カブト虫

夜、友人4人と車で山道走ってたら、1人が急に「虫がいた。停めて。カブト虫探す」 って言って時速30kmで走ってる車から飛び降りて、ゲラゲラ笑いながら山の中に消えていった。実家に…

竹藪(フリー写真)

佐々間のおばちゃん

子供の頃は両親が共働きだったので、うちには幼い俺の世話をする『佐々間のおばちゃん』という人が居た。おばちゃんはちょっと頭が良くなかったせいか仕事は持たず、自分ちの畑とうちのお手…

もっさ

学生の頃、金縛りにあった。当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …