夢の女と峠の女

峠(フリー写真)

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。

中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。

それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くらいの女性が、無表情で俺を黙って見ているという夢。

夢の中で俺が話し掛けても、何も言わず黙ったまま。

今でも月に二、三回ほど見るのだが、当時は週に五回は夢に出てきた。

その夢の女なのだが、全く見たことが無い顔で、家族に話して心当たり無いか聞いても、誰も知らないと言う。

そして少し月日が経り、高校の頃。法事で親戚が集まった時に、叔母さんに声を掛けられた。

その叔母さん曰く、偶に一瞬だけ俺の後ろに女が見えると。

少し前から、盆正月会っていた時に見えていたらしい。

でも気付いた時には居ないから気のせいだろうと思っていたが、今日も一瞬見えたから言ったのだと。

これが聞いてみると、どうも特徴が夢の女のようで…。

その場でこれを聞いてた母親がビビって、地元に住むホウニンさんという婆さんの所に連れて行かれた。

このホウニンさんという人はイタコのようなシャーマンらしく、何やら俺の前で30分くらい拝んでいたが、それが終わると俺に言った。

どうも俺は夢の女に惚れられたらしく、それがベタ惚れで、祓う事が出来ないらしい。

俺に危害を加えるような事は恐らく無いから、俺に飽きて夢の女の方から居なくなるのを待つしかない。

いつ消えるか分からないが、結婚は難しいだろうと。

結局どうする事も出来ず、そのままずるずると今に至る訳だが、ここまでが前置きの話。

俺は現在大学生で、この間、友達三人と一緒に肝試しに行ったんだ。

肝試しと言っても、夜中のドライブがてら、ある峠を通るだけなのだが…。

この峠は旧道になっていて、近くにトンネルが出来てからは滅多に車が通らなくなった道。

何でも、夜にここを車で通ると、女が上から降って来てフロントガラスから睨み付けるとか。

その日、友達のAが運転席、BとCが後部座席で、俺は助手席に乗り、深夜1時頃にその峠へ行ってみた。

道中は流石に真っ暗で、みんな雰囲気に呑まれて無言だった。

もう少しで道の半分くらいという所で、いきなり後ろの二人が騒ぎ出した。

「後ろから女が追い掛けて来る!」

そんな事を言いながらかなりパニクっている。

俺も後ろを見るのだが、暗くてよく見えない。と言うか、そんな女は居ない。

でも後部座席のBとCは、後ろを見ながら「もっとスピード出せ!」などと叫んでいる。

運転しているAも俺と同じでそんな女は見えないらしく、「マジかよ」などと言いながら車の速度を上げた。

でも何せ見えないので、どれだけスピード出せば振り切れるのか分からず、Bに「もっと上げろ!追いつかれる!!」と言われるまま全力で峠を走らせていた。

どうやら峠の道を突っ切った辺りで女は消えたらしく、そのまま具合が悪くなったCの家へ行き、怖いので朝方までCの家で話をする事に。

そこでBが言うには、女が長い髪をなびかせながら宙に浮いた状態で、凄い形相で追い掛けて来たと。

Bは気付かなかったが、Cはもっとよく見ていて、その女は頭から血を流していたらしい。

そして朝になって各自解散。

俺はそんなもの見なくて良かったとホッとしていたが、ある形で見てしまった。

その晩、夢の中で。

夢の中で、長髪の女が俺を睨み付けるように立っていた。

その顔は顔面血塗れの状態で、何やら呟いている。

俺は即座に峠の女だと直感し、動けずに居ると、俺の横から誰かが出て来た。

それはいつも見る夢の女だった。

いつもはただ立っているだけの夢の女は、峠の女に近付いて行き、向き合う形に。

そして、物凄いビンタを張った。

もう何と言うか「スパアアアアン!」という音がし、峠の女がグラついて蹌踉めくほど。

そこで俺は強制的に瞼を開け、無理やり目を覚ましたのだが、もう心臓がバクバクの状態。

その後も、夢の女がいつものようにただ立って俺を見ているだけの夢を見る。今も見る。

蛇足になるが、峠の女はどうも、俺達と一緒にCの家に憑いて来ていたらしい。

やはり肝試しの次の晩、Cが寝ていると、部屋を誰かが歩き回る音がする。

Cが目を覚まして見ると、峠の女が顔面血塗れで睨んでいて、Cと目が合うと何やら呟き始めたらしい。

Cは布団を被って震えていたが、呟きが止んだので見てみるともう峠の女は消えて居なくなっており、それっきりらしい。

長くなったが、最初に言ったように俺は幽霊を見たことは無い。見たのはただの夢だけ。

そう、ただの夢。だけどねぇ……(´Д`;)

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…

京都のお寺(フリー写真)

ミルクキャラメル

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えて…

教室の机(フリー写真)

教室に居る子

小学6年生の二学期の途中に地方へ引っ越した。転校をするのは初めてのことだった。不安に思っていた僕に最初に話し掛けてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、色々…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

枕(フリー写真)

ひとりおしゃべり

「ひとりおしゃべり」というものをご存知でしょうか。降霊術の一つだそうで、椅子を二つ用意して片方に座り、もう一つの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというものです…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…