すたかという駅

26_07_18_web

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。

仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と一緒に降りた。こんな駅あったっけってくらい寂れた無人駅だった。駅員さんいないし、鈍い色の外灯はあるけど薄暗いし。

改札出たとこに大きな鳥居が見えた。

久しぶりにJR京都線乗ったもんだから、少し来ないうちに駅増えたのかと思いつつ電車待ったんだけど待てども来ない。携帯で電車の時間調べようと思ったんだけど、電波がよろしくなくて中々繋がらない。駅構内には時刻表が見当たらない。因みに駅の名前は「すたか」と看板に書いてあった。

一緒の電車から降りたおばあさんがまだ駅のベンチに座っていたから「すみません、次の電車の時間て分かりますか?」て聞いた。そしたらおばあさん「じきに来る」て一言。

とりあえずお礼言うと、おばあさん初めて顔上げて「タマヒメサマが泣いてるからゆっくりしてきい」て言ってた。続いて「ウゴは終わりの国は捨てろ」「チョウベエ」「キョウノ」「キリサメ」「ユスド」「マツリ」といった言葉。凄く聞き取りづらくて、これくらいしか思い出せない。ボケてんのかなぁと、とりあえず相槌うって聞いてた。

そのとき小学生くらいの子供が駅の中に入ってきて、こっち見て手振ってすぐにまた出てった。

その時にその子が何か落としたのが見えて拾いに走ったんだけど、もういなかった。落し物は龍だか蛇だかの刺繍されたお守りだった。

どうしようかと思ってたら、おばあさんが手招きして「渡しとくからばんばにおくれ」と言うので知り合いかと思って渡した。おばあさんはお守り受け取ると駅から出てった。

そのうち牛の声みたいな音が近づいてきた。低い、大きな音だった。また、いつの間にか近くの山にポツポツと明りがついてた。提灯みたいなのが一定の間隔で。山の全面に提灯が並んでた。

そしたらさっきのお守りの子が横に立っていた。「さっき落としたお守り、おばあさんに渡しといたよ」て言ったら、何とも言えない嫌そうな表情をした。

意味もわからず謝ったら、渋々ながら許してくれた感じで、今後は手を引っ張ってきた。

ついて行くと駅の外に出ちゃって「電車待ってるから戻らないと」て言うと「電車こない!こっち行って!」と道を指さされ更に引っ張られる。

子供なのに力強いなと思いながら引っ張られるがままに小走りでしばらく進んだ。

民家とか電柱並んでんだけど、どこも薄暗いし古ぼけた感じ。何分か歩き進むと橋について、その子供は「戻っちゃだめ!ばいばい!」だけ言ってどっか行っちゃった。

連れまわしてここから放置かよ、とちょっと憤りながらも橋の向こうの明るい方へ進んでみた。そしたらだんだんお店とか見えてきて最終的に阪急の長岡天神駅に着いた。

家に帰って調べたけど、すたか駅なんて存在しないよね?

駅(フリー写真)

不思議な老人と駅

今年の夏に体験した話。 雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。 妻はパート、子供達は学校。 久しぶりの一人の時間に何をして良いや…

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。 母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。 出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。 交際は当時、無茶…

横断歩道(フリー写真)

恩人との再会

小学5年生の時、通学路の交差点を渡っていると、右折車が横断中の俺をめがけて突っ込んで来た。 催眠術にかかったように体が動かず、突っ込んで来る車を呆然と見ていたら(あらぬ方向を見て…

ばりばり

先日酷く怖い夢を見た。 私は学校にいた。中学校だ。もう随分前に卒業した。これが夢だとすぐに気づいたのは、あまりにも校内がしーんと静まり返っていたからだ。 何より今の自分に中…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。 基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。 まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。 たまたま適当にネット漁…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。 ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。 辺りも薄暗くなってき…

煙草

子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。 季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらがその細い…