牛の貯金箱

お婆ちゃんの手(フリー素材)

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。

血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えている。

「ばあちゃん、これ見てや!新しいバイクやで」

当時、仮面ライダーが大好きだった俺は人形や本を持ち込んでは、格好良さをばあちゃんに語っていた。

「ヨシ君は本当にバイクが好きなんやねぇ」

「俺もな、大きくなったら仮面ライダーみたいなバイク乗るんや」

「あら、素敵ねぇ。そしたらおばあちゃん後ろに乗せてね」

「ええけど、仮面ライダーのバイクはな、めちゃめちゃ高いんや。

俺の父ちゃんも買えんって言っとったから、俺がバイク買った時にはばあちゃんもうおらんかもなー」

今思うと酷い事を言ったと思うが、ばあちゃんは俺に優しくこんな提案をしてきた。

「じゃあ、ヨシ君が早くバイクを買えるように貯金箱にお金を貯めて行きましょ。

おばあちゃんも一緒に乗りたいから、貯めるの手伝ってあげる」

そう言うとばあちゃんは古臭い干支の『丑』と書かれた牛の貯金箱を取り出して来た。

それから俺とばあちゃんは、少しずつ小銭を貯める事になった。

ところが暫くしてばあちゃんは息子夫婦と一緒に暮らす事になり、俺の住む町から居なくなってしまったのだ。

ばあちゃんから貰った牛の貯金箱の中身も子供の俺はすぐに使ってしまい、そしてばあちゃんの存在すらも次第に忘れて行ってしまった。

何年かして母伝いに老人ホームで亡くなった事を聞いた時も、「ふーん」の一言だった。

時が経って俺が17歳の時。

当時色々あって高校を中退し非行に走り、悪い先輩達と連むような絵に描いた不良になっていた俺は、ひょんな事から先輩のバイクを預かる事になった。

日々何かにムシャクシャしていた俺は、そのバイクを荒い運転で乗り回し転倒…。俺自身の怪我は軽かったがバイクはボコボコ。

地元でも有名な恐ろしい先輩だったため俺は真っ青になり、真剣に地元から姿を消そうかと考えていた。

修理代を計算しても何十万も掛かる。俺は親の財布や弟のへそくりまで持ち出し金を掻き集め、明日は友人の家まで金を借りに行こうと考えながら眠りに就いた夜。

夢にばあちゃんが出てきた。

「あれがあるがいね、あれ使いまっし」

と俺に言うのだ。

俺はあれというのが『丑』の貯金箱だとすぐに解った。それで

「あれは昔、全部使ったんだ」

と言っても、ばあちゃんはニコニコ笑っているだけ。

そんな夢を見た。

俺は明け方、目を覚ますと夢の内容が気になり貯金箱を探した。

何故か俺は10年近く前の貯金箱の在り処を知っていた。

自分で片付けた記憶なんて無いのに、迷う事なく倉庫の棚の二段目のダンボールの奥深くから貯金箱を探し出せたのだ。

取り出して見て驚いた…。

重いのだ…。お金を入れる口から見えるほどギッシリとお金が詰まっていた。

確かに俺は昔この貯金箱を空にしたのに…。

この貯金箱の事は俺とばあちゃんしか知らないのに。

貯金箱の底を外して中を数えると、たった4万円分だった。

「へへ…足りねーじゃん…全然…」

夢に出てまで勧めたくせに全然足りなくて、そんなオチに笑いながらも泣いた。

俺は凄く胸が一杯になり、その足で先輩に土下座しに行き、ボコボコにされ病院送り。

みんなにお金を返し、退院したら働いて修理費を返すことになった。

入院中、母にこの話をした。

「…でさ、4万しかねーの。全然足りなくてさぁ、マジうけた」

感動劇みたいに話すのが気恥ずかしかった俺。

「足りたじゃない…充分…足りたのよ」

母の言葉がまた胸にじわっと広がった。

関連記事

世にも珍しいポジティブな神隠し

日本のみならず世界の各所で起きる「神隠し」。超自然的なものから人為的なものまで様々なものがあるが、基本的にネガティブなものである。しかし、とある地方では世にも珍しいポジ…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

祖母のしたこと

私の一番古い記憶は3歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来…

運命(フリー写真)

運命

その日は仕事で遅くなり、終電に乗って家へ帰ることになった。駅に着き、改札を出て家へ向かって歩き始めると、駅前広場の片隅に何人か集まっていた。よく見てみると、集まってい…

ショートカット

小学校の頃の体験です。私が通っていた校舎は4階建てでした。校舎の両端にそれぞれ階段があって、東階段と西階段と呼ばれていました。東階段部分の校舎は3階までしかなく…

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。図書館で本を借りたら、本の中に『こんにちわ』と書かれたメモが入っていた。次の週にまた別の本を借りたら、『こんにちわ。このまえ…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…

校舎(フリー写真)

消えたヤンキー

現在就活中で、大阪と兵庫の辺りをうろうろしている。昨日ホテルに帰る途中のタクシーの中で、一緒に居た友人が何故か怖い話を始めた。その時に運転手さんから聞いた話。…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。また、公園も併設し…