消えた息子と不可解な出来事

公開日: ほんのり怖い話 | 未解決事件

電車

1987年3月15日、兵庫県丹波市で平穏な生活を送っていた西安義行さんは、高校時代の友人であるSさんとドライブに出かけることになった。彼らは京都・舞鶴を目指して出発しました。

Sさんは運転免許を取得したばかりであったため、経験豊富な西安さんが運転することになりました。

「海を見て、美味しい食事を楽しんで帰りました。その日は何も変わったことはありませんでした」と、後日Sさんは述べています。

夕方、京都府綾部市の綾部駅近くに到着した際、西安さんはSさんに「列車で帰る」と告げて車を降りました。

西安さんはその約一時間後にSさん宅に電話をかけ、「無事に着いた」と伝えたのです。それが西安さんの最後の消息となりました。

この出来事の後、一家には不可解な現象が次々と起こり始めました。

最初は1987年5月のことです。母親である久子さん(68歳)が電話を取ると、小さな声が漏れ聞こえたのです。「僕、学校の横」という言葉が聞こえた。震えるその声は息子だと確信した久子さんは「義行やろ」と声をかけましたが、応答はなく電話は切れました。

1993年3月頃、別の不可解な電話がありました。女児が電話をかけ、「歌うから聞いて」と告げたのです。「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」という歌声でした。久子さんは思わず「あんた、義行の子か?」と尋ねましたが、返答はありませんでした。

1998年にはさらなる不思議な出来事がありました。集落の区長の家を訪れた地下足袋を履いた二人の男性が、「西安義行さんの両親の家はどこか」と尋ねたのです。区長によると、彼らは「西安さんが結婚する相手の近所の者」と名乗ったそうです。

さらに昨年11月、またもや奇妙な電話がありました。女の子が「圭子さんはおられますか」と電話してきたのです。留守を告げると、電話はすぐに切れました。

これらの出来事は、いずれも解明されていません。西安さんが失踪した日から続く、不可解な現象の連鎖です。

関連記事

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。 親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。 行き先は熱田神宮と伊勢神宮。 かなり遠い所だが、三…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

蜘蛛の巣(フリー画像)

クモ様

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。 うちでは昔からクモを大事にする習慣があり、家には沢山のクモが住み着いてクモの巣だらけ。 殺すなどもっての外で、大掃除の時もクモの巣を…

黒電話

壁の中の秘密

1998年、草野正人さん(仮名・35歳)は転職を機に、家族3人で新しいマンションに引っ越した。 築年数の経過したこの建物は、3人の生活には十分な空間を提供していた。 異変…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

おかめの面

出張で東北の方へ行った。 仕事の作業が完了した時には、帰りの新幹線に間に合わない時間になっていた。 宿泊費は自腹になるので、安いビジネスホテルを探してチェックイン。 …

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …