霊感教師と霊感生徒

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

学校(フリー写真)

俺の母は小学校の教師をしている。

霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。

10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った。

Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつ亡くなるとか、校庭にこんな霊が居るなどと口走り、校内では有名になっていたらしい。

しかし上級生の自殺を言い当てた時、虐めの対象になった。

その時に担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。

実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続けたり、感情をコントロール出来ずにポルターガイストを起こしたりと大変だった。

母は本人に謹むようにと霊感を封印させた。

一年が経ち、5年生に進級した時も母はAの担任。

そして、ある事件が起きた。

他のクラスの生徒が深夜になっても帰宅しないらしく、5年生のクラスを担任している教師達が学校に集まり、探すことになった。

母もその一員で、この霊感を何とか生かせないものかと思ったが、捜索方面の力は無かったらしい。

頭を抱えていると職員室の電話が鳴った。

母が電話に出ると相手はAで、焦っている様子だった。

「先生、学校の人で行方不明になっている人、居ないですか?」

という言葉に驚いた母は、隠さずに伝えた。

「やっぱり。夕方からある病院のイメージが離れないの。血の臭いとか、肩に乗っかって来たり、段々酷くなってきて、体がしんどい。

でも誰か生きている人間も居て、集団で出られないってドア叩いてて。私、行かなきゃいけない気がする」

Aの訴えを聞いた母は意を決し、職員室を後にした。

Aを迎えに行った母は、コンビニの駐車場で詳しく話を聞くことにした。

A曰く、場所は廃墟と化した某病院らしい。

時計を見ると深夜0時を過ぎている。

母はAを信じ、車を走らせた。

車のランプが点かなくなったり、急に点いたラジオから変な声が聞こえて耳鳴りがしたり、かなりアクシデントがあったらしい。

20分ほど車を走らせると、何とか病院に着いた。

着いた途端、立っていられないほどの眩暈と吐き気に見舞われた。

それはAも同じで、母は可能な範囲で浄霊し結界を張って突入した。

廃墟の病院は2階建ての棟と3階建ての棟の、二つの棟から成り立っていた。

しかしAは、導かれるように進んで行く。

そして手術室らしき場所で行方不明になっていた生徒を発見した。

どうやらネットで募った仲間達と凸っている最中に、ドアが開かなくなって失神したらしい。

それから9年後。

就職を機に上京した俺は、得意先に勤務していたAと出会った。

俺の母とも再会したAは、6月に俺の奥さんになりました。

補足

その後、Aは俺の母から霊感を抑えるように言われ、自身で随分と力を抑えられるようになったそうです。

中学2年生の時に父親が亡くなったのを機に、霊感が弱まったそうです。

勘は冴えたままらしいですが。

俺とAは隣の市に住んでいたから、互いに出会うまで顔も名前も知らない。

母は家では仕事の話はしないタイプだから、Aの名前を聞いたことすらない。

母もAの就職先までは把握していない。

それにも関わらず、俺が得意先で初めて出会った時、隅に呼び出した奥さんの第一声が、

「間違っていたらごめんなさい。

あなたのお母様って、○○市で教師をやってらっしゃる○○さんですか?」

奥さんは俺と出会う前日から、ずっと俺の母の顔が頭から消えなかったらしい。

温泉街(フリー写真)

山宿の怪

先日祖母の法事があり、十数年ぶりに故郷の山奥の町に帰りました。 法事の後で宴会があり、そこで遠縁の爺さんに面白い話を聞いたので書いてみます。 爺さんはその町から更に車で一時…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

住宅街(フリー写真)

ヤクルトをくれるお婆さん

あれは俺が小学4年生の時でした。 当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。 その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんが居ました。 そのお婆さんは毎朝、俺が …

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。 ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。 背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。 なんとなく…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。 季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。 約束の…

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。 10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。 T県のとある海鮮料理を出すお店…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…