霊感教師と霊感生徒

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

学校(フリー写真)

俺の母は小学校の教師をしている。

霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。

10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った。

Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつ亡くなるとか、校庭にこんな霊が居るなどと口走り、校内では有名になっていたらしい。

しかし上級生の自殺を言い当てた時、虐めの対象になった。

その時に担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。

実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続けたり、感情をコントロール出来ずにポルターガイストを起こしたりと大変だった。

母は本人に謹むようにと霊感を封印させた。

一年が経ち、5年生に進級した時も母はAの担任。

そして、ある事件が起きた。

他のクラスの生徒が深夜になっても帰宅しないらしく、5年生のクラスを担任している教師達が学校に集まり、探すことになった。

母もその一員で、この霊感を何とか生かせないものかと思ったが、捜索方面の力は無かったらしい。

頭を抱えていると職員室の電話が鳴った。

母が電話に出ると相手はAで、焦っている様子だった。

「先生、学校の人で行方不明になっている人、居ないですか?」

という言葉に驚いた母は、隠さずに伝えた。

「やっぱり。夕方からある病院のイメージが離れないの。血の臭いとか、肩に乗っかって来たり、段々酷くなってきて、体がしんどい。

でも誰か生きている人間も居て、集団で出られないってドア叩いてて。私、行かなきゃいけない気がする」

Aの訴えを聞いた母は意を決し、職員室を後にした。

Aを迎えに行った母は、コンビニの駐車場で詳しく話を聞くことにした。

A曰く、場所は廃墟と化した某病院らしい。

時計を見ると深夜0時を過ぎている。

母はAを信じ、車を走らせた。

車のランプが点かなくなったり、急に点いたラジオから変な声が聞こえて耳鳴りがしたり、かなりアクシデントがあったらしい。

20分ほど車を走らせると、何とか病院に着いた。

着いた途端、立っていられないほどの眩暈と吐き気に見舞われた。

それはAも同じで、母は可能な範囲で浄霊し結界を張って突入した。

廃墟の病院は2階建ての棟と3階建ての棟の、二つの棟から成り立っていた。

しかしAは、導かれるように進んで行く。

そして手術室らしき場所で行方不明になっていた生徒を発見した。

どうやらネットで募った仲間達と凸っている最中に、ドアが開かなくなって失神したらしい。

それから9年後。

就職を機に上京した俺は、得意先に勤務していたAと出会った。

俺の母とも再会したAは、6月に俺の奥さんになりました。

補足

その後、Aは俺の母から霊感を抑えるように言われ、自身で随分と力を抑えられるようになったそうです。

中学2年生の時に父親が亡くなったのを機に、霊感が弱まったそうです。

勘は冴えたままらしいですが。

俺とAは隣の市に住んでいたから、互いに出会うまで顔も名前も知らない。

母は家では仕事の話はしないタイプだから、Aの名前を聞いたことすらない。

母もAの就職先までは把握していない。

それにも関わらず、俺が得意先で初めて出会った時、隅に呼び出した奥さんの第一声が、

「間違っていたらごめんなさい。

あなたのお母様って、○○市で教師をやってらっしゃる○○さんですか?」

奥さんは俺と出会う前日から、ずっと俺の母の顔が頭から消えなかったらしい。

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。 我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。 席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。 「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。 色々突っ込みたかった…

イタズラ好きな何か

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。 見えなかったから何かの正体は最後までわからなかったけど、イタズラ好きなやつだった。 例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、よく…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。 不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。 と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。 当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。 「私の部屋」「キッチンを挟…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。 わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。 とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。 彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。 その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。 …

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。 嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。 今は多少綺麗に並んで…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

和室(フリー写真)

白い顔

俺は4歳になるまで、夜はばあちゃんの家に預けられていた。 夜はばあちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に亡くなったじいちゃんの仏壇があったんだ。 夜中に目が覚めたりすると、…