霊感教師と霊感生徒

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

学校(フリー写真)

俺の母は小学校の教師をしている。

霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。

10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った。

Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつ亡くなるとか、校庭にこんな霊が居るなどと口走り、校内では有名になっていたらしい。

しかし上級生の自殺を言い当てた時、虐めの対象になった。

その時に担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。

実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続けたり、感情をコントロール出来ずにポルターガイストを起こしたりと大変だった。

母は本人に謹むようにと霊感を封印させた。

一年が経ち、5年生に進級した時も母はAの担任。

そして、ある事件が起きた。

他のクラスの生徒が深夜になっても帰宅しないらしく、5年生のクラスを担任している教師達が学校に集まり、探すことになった。

母もその一員で、この霊感を何とか生かせないものかと思ったが、捜索方面の力は無かったらしい。

頭を抱えていると職員室の電話が鳴った。

母が電話に出ると相手はAで、焦っている様子だった。

「先生、学校の人で行方不明になっている人、居ないですか?」

という言葉に驚いた母は、隠さずに伝えた。

「やっぱり。夕方からある病院のイメージが離れないの。血の臭いとか、肩に乗っかって来たり、段々酷くなってきて、体がしんどい。

でも誰か生きている人間も居て、集団で出られないってドア叩いてて。私、行かなきゃいけない気がする」

Aの訴えを聞いた母は意を決し、職員室を後にした。

Aを迎えに行った母は、コンビニの駐車場で詳しく話を聞くことにした。

A曰く、場所は廃墟と化した某病院らしい。

時計を見ると深夜0時を過ぎている。

母はAを信じ、車を走らせた。

車のランプが点かなくなったり、急に点いたラジオから変な声が聞こえて耳鳴りがしたり、かなりアクシデントがあったらしい。

20分ほど車を走らせると、何とか病院に着いた。

着いた途端、立っていられないほどの眩暈と吐き気に見舞われた。

それはAも同じで、母は可能な範囲で浄霊し結界を張って突入した。

廃墟の病院は2階建ての棟と3階建ての棟の、二つの棟から成り立っていた。

しかしAは、導かれるように進んで行く。

そして手術室らしき場所で行方不明になっていた生徒を発見した。

どうやらネットで募った仲間達と凸っている最中に、ドアが開かなくなって失神したらしい。

それから9年後。

就職を機に上京した俺は、得意先に勤務していたAと出会った。

俺の母とも再会したAは、6月に俺の奥さんになりました。

補足

その後、Aは俺の母から霊感を抑えるように言われ、自身で随分と力を抑えられるようになったそうです。

中学2年生の時に父親が亡くなったのを機に、霊感が弱まったそうです。

勘は冴えたままらしいですが。

俺とAは隣の市に住んでいたから、互いに出会うまで顔も名前も知らない。

母は家では仕事の話はしないタイプだから、Aの名前を聞いたことすらない。

母もAの就職先までは把握していない。

それにも関わらず、俺が得意先で初めて出会った時、隅に呼び出した奥さんの第一声が、

「間違っていたらごめんなさい。

あなたのお母様って、○○市で教師をやってらっしゃる○○さんですか?」

奥さんは俺と出会う前日から、ずっと俺の母の顔が頭から消えなかったらしい。

関連記事

花(フリー素材)

無念のアザ

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。私は当時高校生だったので、学校やバイトで…

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

カラオケボックス

カラオケ嫌い

佐野さんは大のカラオケ嫌いだ。飲み会の流れで「カラオケ」という単語が出るだけでこっそり姿を消す程の。「高校の時までは行ったんですよ。わーわー皆で歌うのが楽しかった。ブルーハーツ…

後悔の念

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。二度目は、23歳の時。2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

プレゼント

中学生だった頃、いじめが原因で同級生が自殺した。親の引っ越しか何かで転校してきた子で、性格もあまり明るい子じゃなかったから、すぐにいじめの対象になった。そして、私も暗い…