霊感教師と霊感生徒

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

学校(フリー写真)

俺の母は小学校の教師をしている。

霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。

10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った。

Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつ亡くなるとか、校庭にこんな霊が居るなどと口走り、校内では有名になっていたらしい。

しかし上級生の自殺を言い当てた時、虐めの対象になった。

その時に担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。

実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続けたり、感情をコントロール出来ずにポルターガイストを起こしたりと大変だった。

母は本人に謹むようにと霊感を封印させた。

一年が経ち、5年生に進級した時も母はAの担任。

そして、ある事件が起きた。

他のクラスの生徒が深夜になっても帰宅しないらしく、5年生のクラスを担任している教師達が学校に集まり、探すことになった。

母もその一員で、この霊感を何とか生かせないものかと思ったが、捜索方面の力は無かったらしい。

頭を抱えていると職員室の電話が鳴った。

母が電話に出ると相手はAで、焦っている様子だった。

「先生、学校の人で行方不明になっている人、居ないですか?」

という言葉に驚いた母は、隠さずに伝えた。

「やっぱり。夕方からある病院のイメージが離れないの。血の臭いとか、肩に乗っかって来たり、段々酷くなってきて、体がしんどい。

でも誰か生きている人間も居て、集団で出られないってドア叩いてて。私、行かなきゃいけない気がする」

Aの訴えを聞いた母は意を決し、職員室を後にした。

Aを迎えに行った母は、コンビニの駐車場で詳しく話を聞くことにした。

A曰く、場所は廃墟と化した某病院らしい。

時計を見ると深夜0時を過ぎている。

母はAを信じ、車を走らせた。

車のランプが点かなくなったり、急に点いたラジオから変な声が聞こえて耳鳴りがしたり、かなりアクシデントがあったらしい。

20分ほど車を走らせると、何とか病院に着いた。

着いた途端、立っていられないほどの眩暈と吐き気に見舞われた。

それはAも同じで、母は可能な範囲で浄霊し結界を張って突入した。

廃墟の病院は2階建ての棟と3階建ての棟の、二つの棟から成り立っていた。

しかしAは、導かれるように進んで行く。

そして手術室らしき場所で行方不明になっていた生徒を発見した。

どうやらネットで募った仲間達と凸っている最中に、ドアが開かなくなって失神したらしい。

それから9年後。

就職を機に上京した俺は、得意先に勤務していたAと出会った。

俺の母とも再会したAは、6月に俺の奥さんになりました。

補足

その後、Aは俺の母から霊感を抑えるように言われ、自身で随分と力を抑えられるようになったそうです。

中学2年生の時に父親が亡くなったのを機に、霊感が弱まったそうです。

勘は冴えたままらしいですが。

俺とAは隣の市に住んでいたから、互いに出会うまで顔も名前も知らない。

母は家では仕事の話はしないタイプだから、Aの名前を聞いたことすらない。

母もAの就職先までは把握していない。

それにも関わらず、俺が得意先で初めて出会った時、隅に呼び出した奥さんの第一声が、

「間違っていたらごめんなさい。

あなたのお母様って、○○市で教師をやってらっしゃる○○さんですか?」

奥さんは俺と出会う前日から、ずっと俺の母の顔が頭から消えなかったらしい。

関連記事

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。 当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。 もちろん…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。 とても悲しかった…

精神病棟では、病状の軽度により、週末など決まった期間自宅に帰るのを許される患者もいる。 毎週末に外泊を許されていたA氏(50代男性)。日々その時を待ち侘びていたそうだ。 週末、A氏は家…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。 コンサル部の部長は時々ワープするらしい。 打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。 夜道で霊らしきも…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…