前世の母

親子(フリー写真)

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。

親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。

気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で、母ちゃんと二人で暮らしていた。

俺は重度の小児喘息の持ち主で、毎晩寝入りばなと夜明けの体温と、空気の温度差が激しくなる頃に発作が出た。

吸入器を咥えさせられ、発作が治まるまで母ちゃんが背中を擦ってくれていた覚えがある。

時々、泡を吹いて息が出来なくなり、母ちゃんがそんな俺を抱えて救急病院までタクシーで行ったこともあった。

まだ小学校に上がったばかりのとある日。

自分の激しい咳で目が覚め、母ちゃんが部屋の電気を点けて、俺はあまりの息苦しさと咳の激しさで意識が飛んだ。

それから暫く経ったある日、家族で隣の市の有名な祭りを見に行こうという話になった。

俺と両親、それに4歳になったばかりの悪戯な妹と四人で車に乗り込んだ。

土曜の午後はお祭りを見て楽しみ、日も落ちたので帰ろうということになった。

高速に乗る前に何か夜に食べるものを買って帰ろうと、高速の入り口近くにあるスーパーに車を停めた。

妹がうきゃーと店内に向けて走り出したので、両親はおいおいと追い掛けた。

俺はもう小学生だったので、自分の食べるものを選ぼうと惣菜コーナーへ行ってみた。

すると三角巾を付けたおばさんが値札のシールを張り替えている。

俺は何気にその横顔を見て、ハッと気付いた。

『……母ちゃん…?』

白髪交じりの疲れたおばさんがこちらを見た。

『母ちゃん…?』

自分の状況を理解出来ず、声を出せないでいると、おばさんは「大丈夫?」という顔で笑った。

『母ちゃん? 俺だよ、名前何だったっけ? あなたの息子です。背中をよく擦ってもらってた。

でもこれどう言おう? 何と言えば伝わるんだろう?』

俺はどう伝えれば良いか分からないまま、あうあうとしていた。

おばさんは、

「どうしたの僕? 迷子?」

と聞いてきた。

懐かしい顔が目の前にあった。何年も会いたかった母ちゃんの顔が。

子供心に、

『良いんだ、今の世界がどう混乱しても。母ちゃんにお礼を言いたい。背中を擦ってもらいたい。

ただ、母ちゃんありがとうと言いたい』

と覚悟を決めて呼び掛けようとした時、不意に後ろから抱き着かれた。

「お兄ちゃん~いた~」

驚いて振り向くと、妹が無邪気な笑みで笑い掛けてきた。

その後で両親が来て、

「食うもん何か選んだか?」

と父さんが聞いてきた。

母ちゃんは、

「あら見つかった? 良かったね」

と笑い、立ち上がって両親に会釈をすると、奥へ消えて行った。

お母さんが頭をくしゃっと触り、

「お菓子も買っとこうか」

と言った。

俺は母ちゃんの消えた方を見送りながら、

「うん、そうだね」

と答えた。

全て実話です。前世ってあるんだなと思った出来事でした。その人とはそれ以来会っていません。

高校生になった頃にそのスーパーへ行ってみましたが、潰れて無くなっていました。

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。 もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

車のテールランプ(フリー写真)

父親の謎の行動

俺と弟は心霊スポットが好きで、夜中に曰く付きの廃墟などに侵入していた悪ガキだった。 残念ながら二人とも霊感はないから、殆ど廃墟探険なのだけど、何もない田舎ではそれだけでも楽しかっ…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。 ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。 俺は『下の階の人のと…

ショートカット

小学校の頃の体験です。 私が通っていた校舎は4階建てでした。 校舎の両端にそれぞれ階段があって、東階段と西階段と呼ばれていました。 東階段部分の校舎は3階までしかなく…

夏みかんの木(フリー写真)

夏みかんの木の神様

少し不思議な話を親から聞きました。 自分の親は今から25年前、八丈島という所に転勤になったそうです。 そこの社宅(一軒家)の庭に、一本の夏みかんの木が植えてあったのですが…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です 当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。 それでちょっと眠くなって…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…