土地にまつわる因縁話

公開日: 心霊体験 | 怖い話

abstract_dotted

知り合いの霊能力がある人の話。

普通、霊能者と言えば厳かな感じの人が多いというイメージがあるんだが、知り合いの人はそこら辺にいそうな、筋トレ好きな体育会系のおっさんなのよね。

霊的なものは見えることは見えるらしいんだけど、特段祓ったりする力があると言う訳ではないらしい。

霊能者というのは、まあ汚ない話、報酬なりで金品などを取る人が多いけど、そのおっさんは全く報酬を受け取らない。

詳しくは知らないが、医療関係の仕事に就いているらしく、休みの日に無償で視るというか相談に乗るという感じ(たまに瓦割りの実演とか見せてくれる)。

ここからが本題なんだが、去年、俺の母ちゃんが乳癌になったことが判明した時に色々あって、そのおっさんと知り合ったんだけど、その時に話の流れで母の実家の写真を見せたらしいのね。

そしたらおっさん、ブワーッと鳥肌が立って、写真に一部写っていた実家の敷地内にある納屋というか倉庫を指差し、ここがヤバイって言うんだよ。

で、まあその倉庫というのが20年くらい前まで貸し家をしていたんだけど、自殺2回全焼1回という凄まじいことになったんで、貸し家を取り壊して倉庫に建て替えたらしい。

その情報はおっさんには教えていなかったから、やべーってなった訳ですよ(そもそも実家のことを相談するために写真を見せた訳ではない。「暇な時に泊まりに来ませんか?」ということで見せた)。

おっさん曰く、何かその土地には貞子を60歳くらいにした感じの幽霊的なものが憑いているらしい。

その後で色々調べてみたら、貸し家をやっていた時に自殺した60代のばあさんと、おっさんの言う幽霊との特徴が一致しているということで更にビビった。

つまり、その自殺したばあさんが化けて出ていたということなんだが、おっさん曰くこのばあさんの幽霊は何かに操られてるに過ぎない。

もっとヤバイ霊的な存在に操られているとか言う訳ですよ。

母の実家は元地主の分家でそこそこの土地持ち農家なんだが、所有している田んぼのある一部の土地が大昔には首切り場になっていたらしく、そのことと関係あるのかなと思ってみたりしました。

まあ、その相談的なことをした後、色々あっておっさんとは疎遠になったんだが、未だにそういう土地にまつわる因縁話は放置されっぱなしで、何か怖いなと思い書き込みました。

人が溺れてる

友達から聞いた話。 夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。 薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

姉のアトリエ

10年程前の話。 美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。 それだけで住ま…

夜の森(フリー写真)

塀の向こう側

私が十数年前、下○市に住んでいた頃の出来事です。 当時は新聞配達のバイトをしていたのですが、一軒だけとても妙なお客さんが居りました。 通常の配達順路を大きく外れている上、鬱…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。 俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。 爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

疫病神

20年くらい前、高校生の時一人で留守番をしていたら、インターホンが鳴った。 出てみると、乞食みたいなのが立っていて「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。 それから…

日本人形(フリー素材)

闇バイト

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。 男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ※ ある日、Yさんが通っている…

プラットフォーム(フリー素材)

プラットフォームの死神

小学生の時の事なので思い違いかもしれないけど、謎だった体験。 家族と出掛けた帰り、確か夜の21時頃に、駅のホームで電車を待っていた。 ホームには他にも少数の人が居て、少し離…

リサイクル

駅のホームにあるベンチに座り、電車を待っていた時だった。隣に赤ん坊を抱いた女性が座った。 子供が好きなので、ついつい子供のほうに目がいってしまう。赤ん坊を見ようとしている自分に気…