ユキからのメール

スマホを持つ女性(フリー素材)

今年の春からの出来事です。

いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。

『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』

そんなメールから始まり、

『さっきの電車に傘忘れたでしょ、忘れんぼうさん(^。^o)』

等など、常に私を見ているような内容のメール。

気持ち悪いと思ってアドレスを変えましたが、何度変えてもすぐにメールが入って来るんです。

しかもアドレスを変えてまだ誰にも教えていないのにメールが届いた時もありました。

最初はただのストーカーだと思っていたのですが、メールの内容には予言も入っていて、

『今日の待ち合わせは一時間ぐらい遅れて行ったほうがいいよ』

というメールを無視して待ち合わせ場所に行くと、友達はバイトが長引き一時間遅刻して来たんです。

更に、

『黒のスカートのポケットに要注意!!』

というメールが届いた日は、たまたま寄った場所でフリーマーケットが開催されていたのでブラブラ見ていたら可愛いスカートを発見。

ふとメールを思い出しポケットを探ると、一万円が出てきました。

そして知り合ったばかりの人に告白された日の夜、『どーしよっかなーっ』と考えていたら、まだ友達にも相談していないのに

『あの人、ホントは彼女いるんだよ。気を付けて!!』

というメールが届きました。

彼女は今まで嘘を言ったり予言が外れたりした事が無かったので彼を問い詰めたところ、本当に彼女がいたんです。

こちらから素性について質問しても、ユキという名前しか教えてくれません。

大好き大好きと彼女に言われるけど、私も女だから微妙…。

嫌がらせ的な事はしないし、メールもこちらから送らなければ一日四通くらいだし、そんなに困ってはいないんだけど常に見られている感じがイヤで…。

一度、こんな実験をしてみた事がある。

他県に行った時に、

『今、私が何してるか分かる?』

というメールを送ってみたらすぐに、

『○○町のスタバで、○○ちゃんとキャラメルカプチーノを飲んでるよね。

今朝どっちのミュールにしようか悩んでたけど、ピンクの方がカワイイと思うよ(゜∀゜)/』

…全て当てられてしまいました。

きっと今も見ているんだと思います。

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

亡くなったはずの役者さん

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。しかし役者さんは、ある日病…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

弟の言葉

弟が一時期変なこというので怖かった。子供の頃、うちの実家はクーラーが親の寝室にしかなく、普段は自分の部屋で寝ている私も弟も真夏は親の部屋に布団をしいて寝ていた(結構広い部屋で1…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…