ユキからのメール

スマホを持つ女性(フリー素材)

今年の春からの出来事です。

いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。

『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』

そんなメールから始まり、

『さっきの電車に傘忘れたでしょ、忘れんぼうさん(^。^o)』

等など、常に私を見ているような内容のメール。

気持ち悪いと思ってアドレスを変えましたが、何度変えてもすぐにメールが入って来るんです。

しかもアドレスを変えてまだ誰にも教えていないのにメールが届いた時もありました。

最初はただのストーカーだと思っていたのですが、メールの内容には予言も入っていて、

『今日の待ち合わせは一時間ぐらい遅れて行ったほうがいいよ』

というメールを無視して待ち合わせ場所に行くと、友達はバイトが長引き一時間遅刻して来たんです。

更に、

『黒のスカートのポケットに要注意!!』

というメールが届いた日は、たまたま寄った場所でフリーマーケットが開催されていたのでブラブラ見ていたら可愛いスカートを発見。

ふとメールを思い出しポケットを探ると、一万円が出てきました。

そして知り合ったばかりの人に告白された日の夜、『どーしよっかなーっ』と考えていたら、まだ友達にも相談していないのに

『あの人、ホントは彼女いるんだよ。気を付けて!!』

というメールが届きました。

彼女は今まで嘘を言ったり予言が外れたりした事が無かったので彼を問い詰めたところ、本当に彼女がいたんです。

こちらから素性について質問しても、ユキという名前しか教えてくれません。

大好き大好きと彼女に言われるけど、私も女だから微妙…。

嫌がらせ的な事はしないし、メールもこちらから送らなければ一日四通くらいだし、そんなに困ってはいないんだけど常に見られている感じがイヤで…。

一度、こんな実験をしてみた事がある。

他県に行った時に、

『今、私が何してるか分かる?』

というメールを送ってみたらすぐに、

『○○町のスタバで、○○ちゃんとキャラメルカプチーノを飲んでるよね。

今朝どっちのミュールにしようか悩んでたけど、ピンクの方がカワイイと思うよ(゜∀゜)/』

…全て当てられてしまいました。

きっと今も見ているんだと思います。

関連記事

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。 私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。 母が婚前に英語の教師をした影響…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。 ろうそくには決まった形があり、仏像を…

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。 彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。 なかなかの収穫を上げ、下山し…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。 俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。 友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

ロールプレイングゲーム

ある小学5年生の男の子が、持病が悪化したため、1ヶ月間入院する事になった。 病室は4人部屋で、その男の子の他に、おばあちゃんとおじいちゃん、もう一人は同い年くらいの女の子だった。…