シロ

公開日: ほんのり怖い話

DSC_0217

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。

兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があるから、売らずに長男が相続して守ろう」と主張したんだけど、次男だけは男の兄弟3人で一つずつ相続しようと主張して譲らなかった。

その次男が宗教にどっぷりはまっていて、山に宗教施設を建てたかったらしい。

結局弁護士やら何やらが入るごたごたになっちゃったんだけど、その真っ最中に次男が宗教関係者やバックにいるヤクザを連れて山に入った。

もう施設を作る気満々で山の中を見て回ったんだけど、山を降りる時にヤクザが「ここの山はやめたほうがいい」と言い出したんだって。

「山に入った時から真っ白い大きな犬がずっと付いてきた。あれはこの世のもんじゃない」

次男はすぐにそれがシロだと解って、山に執着するのをやめたらしい。

関連記事

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。そう思って、京都・貴船の旅館へ電…

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…

今の死んだ人だよな

この4月の第3土曜日のことなんだが、自分は中学校に勤めていて、その日は部活動の指導があって学校に出ていた。その後、午後から職員室で仕事をしていた。その時は男の同僚がもう二人来て…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…