エレベーターの点検

公開日: ほんのり怖い話

エレベーター(フリー写真)

俺はメンテナンス会社に勤めている。

客先の施設に常駐管理したり、不具合があると急行するなど、色々なパターンがある。

自分は巡回点検担当だが、夏休み期間中は普段受け持たない設備を交代で点検する。

都内のあるビルでの話。

自分の受け持ち外のビルでメンテ作業を行うので、手順書を持って現地へ。

地下の最深部行くには、階段かエレベーターで地下○階まで降り、そこから階段で下る。

手順通り、受付でセキュリティカードをもらって、エレベーターにかざしてエレベーターの最地下へ。

そして階段を降りビル最地下へ。

薄暗いフロアで配電盤を探し、フロア全体の明かりを点ける。

パッと明るくなり、作業には何の問題も無い。

早速、手順に則り、所定のチェックを行い記録する。

気になる点と言えば、ビル全体の大きさや構造から考えてもオーバースペックの設備があり、消費電力も半端ない。

『何なんだろう?』と思いながらも、色々な客先があるし、大きな実験装置でも動かしているのだろうと考えて、作業終了。

作業終了チェックをしながらふと見ると、ハーフサイズのエレベーターらしき扉が。

あれ? 最地下行きエレベーターは無くて、階段だけだったが…荷物用かな?

何の気なしに扉に近寄り、セキュリティーカードをかざすと、スッと開いた扉。

中は荷物用ではなく、明らかに人用。

覗き込んでみると、階数表示は地上から、いくつか飛ばして地下数階と自分のフロア。更に下に○階。

乗り込んでみたい衝動に駆られたが、契約違反にもなりかねないのでやめておいた。

フロアの内線電話で管理質に電話し、警備員に案内され地上フロアへ。

警備員「問題ありませんでした?」

俺「そうですね、全部規定値ですし、休止機器もテスト運転したところ問題なしです」

警備員「じゃ、受取にサインします」

俺「そう言えば、(エレベーターの事を訊いてみようか…)」

警備員「はい?」

俺「(いや、契約もあるしやめとこう)あ、勘違いです、すみません」

警備員「そう言えば、先週まで担当されてた方、亡くなったそうですね」

俺「は? あ、そうなんですか?(Kさんは今週頭から夏休みで、来週出勤のはずだが…)」

警備員「あれ? 私そう聞きましたけど、間違いですかね?」

俺「いや、私が聞いてないだけかもしれません」

警備員「そうですか、私も聞き間違いですかね? あははは!」

俺「では、失礼します」

休んだだけで何だか妙な話になっているなと思いながら、サービスカーで事務所へ帰ると、

「Kさん、昨日、自宅で心不全になって亡くなったそうだ」

と聞きました。

健康診断も問題ないし、社内のサッカー部でレギュラーをやっていて、病気なんかに縁の無い彼が?

そしてKさんの死亡は一切広報されることなく処理され、自宅のマンションも早々にり売り払われた様子。

家族も田舎に帰ったらしいが、Kさん友人によると、家族とも音信不通らしい。

それから一週間の間に、この時期には珍しく課長・課員の入替が。

そして、コンプライアンス教育と称して、契約内の仕事をキッチリやれ、客先指定外地域には立ち入るな、といった事を厳しく教育された。

最初は『俺がエレベーター覗いたのがばれたか?』と思ったが、特に注意もなくほっとした。

今では俺がKさんの後を引き継いで業務を行っているが…。

一週間後に例のビルで点検し、受取にサインする時、警備員がボソッと、

「やはりKさん、亡くなられたようですね。真面目な方だったのに残念です」

なぜ彼がKさんの死を知ったのかが未だに判らない。

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。 母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、 母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。 夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

団地(フリー写真)

エレベーターの11階

18年前に体験した話です。 中学生の頃に朝刊を配る新聞配達のバイトをしていたのだけど、その時に配達を任されていた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。 その大きな団…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

病院(フリー写真)

毬突きをしている女の子

ある病院での話。 病理実習でレポートを提出する役になった実習生のAは、助手から標本室の鍵をもらう時にこんな話を聞かされました。 「地階の廊下で、おかっぱ頭の女の子がマリつき…

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。 多分、俺が10歳くらいの時だと思う。 家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。 最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

お地蔵様(フリー写真)

英語地蔵

墓石に混ざって、お地蔵様のような、奇妙な仏様か道祖神のような石が奉られている墓地がある。 それは墓石の一種らしく、それも奉られてたり墓石扱いされていたりするのだが、かなり異様。…