真っ白な女性

逆光を浴びた女性(フリー素材)

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。

昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。

でも探しても当然どこにも居らず、諦めて居間で座って泣いていた。

その時、庭の道を女の人が歩いて行ったのが窓から見えた。

白い服を着ていて、顔も真っ白。

目も鼻も口も無いように見えたが、女性だというのは分かったので、てっきり母だと思った。

その人が通って行った後、すぐに窓を開けて「お母さん!」と叫んだけど誰も居なかった。

追い掛けて行って探しても、やはり誰も居なかった。

俺の家の庭はそんなに大きくはないので、隠れる所も無いはずなのに…。

俺はその後、二度も同じ女を見た。

二度目はまた一人で居る時。三度目は姉と一緒に居る時。

姉も同じ人を見たと言っていたので、俺の幻覚ではないだろう。

その後もまた、姉は一人で居る時に見たらしいので、その女は我が家に合計四回現れたことになる。

いつも同じ姿、つまり全身真っ白で、顔が分からない。追い掛けてもどこにも居ない。

そして女は、絶対に窓際の庭の道を西に向かって歩いて行く。

あれは何だったのだろう…。

関連記事

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。交際は当時、無茶…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…