真っ白な女性

逆光を浴びた女性(フリー素材)

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。

昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。

でも探しても当然どこにも居らず、諦めて居間で座って泣いていた。

その時、庭の道を女の人が歩いて行ったのが窓から見えた。

白い服を着ていて、顔も真っ白。

目も鼻も口も無いように見えたが、女性だというのは分かったので、てっきり母だと思った。

その人が通って行った後、すぐに窓を開けて「お母さん!」と叫んだけど誰も居なかった。

追い掛けて行って探しても、やはり誰も居なかった。

俺の家の庭はそんなに大きくはないので、隠れる所も無いはずなのに…。

俺はその後、二度も同じ女を見た。

二度目はまた一人で居る時。三度目は姉と一緒に居る時。

姉も同じ人を見たと言っていたので、俺の幻覚ではないだろう。

その後もまた、姉は一人で居る時に見たらしいので、その女は我が家に合計四回現れたことになる。

いつも同じ姿、つまり全身真っ白で、顔が分からない。追い掛けてもどこにも居ない。

そして女は、絶対に窓際の庭の道を西に向かって歩いて行く。

あれは何だったのだろう…。

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。 明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。 田舎なので一時間に一…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。 とても悲しかった…

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。 小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。 しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

名も知らぬ息子

「僕のお母さんですか?」 登校中信号待ちでボーっとしていると、突然隣の男が言った。 当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験はない。それに相手は、明らかに30歳を超えていた…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。 一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。 小洒落た雑…

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。 それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。 旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で …

紅葉(フリー素材)

幻の宴

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった。その時に体験した話。 ※ 日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせい…