真っ白な女性

逆光を浴びた女性(フリー素材)

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。

昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。

でも探しても当然どこにも居らず、諦めて居間で座って泣いていた。

その時、庭の道を女の人が歩いて行ったのが窓から見えた。

白い服を着ていて、顔も真っ白。

目も鼻も口も無いように見えたが、女性だというのは分かったので、てっきり母だと思った。

その人が通って行った後、すぐに窓を開けて「お母さん!」と叫んだけど誰も居なかった。

追い掛けて行って探しても、やはり誰も居なかった。

俺の家の庭はそんなに大きくはないので、隠れる所も無いはずなのに…。

俺はその後、二度も同じ女を見た。

二度目はまた一人で居る時。三度目は姉と一緒に居る時。

姉も同じ人を見たと言っていたので、俺の幻覚ではないだろう。

その後もまた、姉は一人で居る時に見たらしいので、その女は我が家に合計四回現れたことになる。

いつも同じ姿、つまり全身真っ白で、顔が分からない。追い掛けてもどこにも居ない。

そして女は、絶対に窓際の庭の道を西に向かって歩いて行く。

あれは何だったのだろう…。

関連記事

何で戻ってくるんだ

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。 …

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。夕方になってかくれんぼをして…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。結婚を考えていた女性がいた。ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…

公園(フリー背景素材)

七人の神様

結婚してすぐ夫の転勤で北海道へ引っ越した。知り合いも居らず、気持ちが沈んだ状態でいたある日のこと。何となく友達の言っていた話を思い出し、それを反芻しながら道を歩いてい…