真っ白な女性

逆光を浴びた女性(フリー素材)

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。

昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。

でも探しても当然どこにも居らず、諦めて居間で座って泣いていた。

その時、庭の道を女の人が歩いて行ったのが窓から見えた。

白い服を着ていて、顔も真っ白。

目も鼻も口も無いように見えたが、女性だというのは分かったので、てっきり母だと思った。

その人が通って行った後、すぐに窓を開けて「お母さん!」と叫んだけど誰も居なかった。

追い掛けて行って探しても、やはり誰も居なかった。

俺の家の庭はそんなに大きくはないので、隠れる所も無いはずなのに…。

俺はその後、二度も同じ女を見た。

二度目はまた一人で居る時。三度目は姉と一緒に居る時。

姉も同じ人を見たと言っていたので、俺の幻覚ではないだろう。

その後もまた、姉は一人で居る時に見たらしいので、その女は我が家に合計四回現れたことになる。

いつも同じ姿、つまり全身真っ白で、顔が分からない。追い掛けてもどこにも居ない。

そして女は、絶対に窓際の庭の道を西に向かって歩いて行く。

あれは何だったのだろう…。

関連記事

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 特…

田舎道(フリー写真)

ぼうなき様

ぼうなき様って知ってる? 想像以上にマイナーな行事だったので、地元から出て話題にした時は誰も知らなかった。 有名なS神社で行われる七五三の続きのような行事で、十歳前後の女の…

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。 夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。 そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。 親方に呼ばれ、 …

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。 ある日、いつものように一人…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。 これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。 私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…