妻の生き霊

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

女性のシルエット(フリーイラスト)

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。

トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。

テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内緒で行ったコンパで番号を交換した女性から着信履歴があった。

寝巻きのポケットに携帯を入れ、台所を横切ってトイレへと急いだ。

トイレで小声で女性と他愛もない会話をしていたらキャッチが入った。妻からだった。

俺はこっそり電話しているのがばれてしまったのかと思い、慌てて電話に出ると

「もしもし? 今起きたの? 娘が部活で怪我したみたいで、今迎えに行ってるからお昼は冷蔵庫のものをチンして食べて」

と言われた。

電話の向こうから、車の中のラジオの音も聞こえた。

電話を切らずにトイレから出て台所をそっと覗いて見ると、台所の妻は携帯など持っておらず、包丁で何も乗っていないまな板をただ切っていた。

手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている。

台所の妻と目が合ってしまった。

ゾッとした俺はパニックになって家を飛び出し、「早く帰って来い」ともう一度妻に電話をし、二人が帰って来るまで外で待っていた。

帰って来た妻と娘に状況を説明し、みんなで家に入ったが誰も居ない。

台所には誰かが作った料理が家族分用意されていた。

妻と娘には寝ぼけていたんだろうと言われたが、そんな訳はない。

それでは料理の説明がつかないし、俺は料理なんて出来ない。

今以て不思議だ。

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。 C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

蝋燭(フリー写真)

お地蔵さん

私の地元では年に2回「お地蔵さん」という行事と言うか、お寺のお参りイベントみたいものがあるんです。 あるお寺に行き、あの世で幸せにしていて欲しい亡くなった方の名前を読み上げて、…

夕日(フリー写真)

ドウドウ

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。 どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが 「ドー…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。 季節外れの台風により大きな被害が出た。 古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。 その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。 どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

宇宙は数字でできている(長編)

不思議な体験をした。 簡単に説明すれば、幽体離脱をして宇宙を覗いたら、螺旋状に永遠に伸びる、うねうねとした膨大なカラフルな数字から成る道を高速スピードで飛んでいた。 あまり…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

渓流(フリー写真)

一人で泳ぐ男の子

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。 午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。 薄明るくなり…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。 何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。 で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…