妻の生き霊

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

女性のシルエット(フリーイラスト)

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。

トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。

テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内緒で行ったコンパで番号を交換した女性から着信履歴があった。

寝巻きのポケットに携帯を入れ、台所を横切ってトイレへと急いだ。

トイレで小声で女性と他愛もない会話をしていたらキャッチが入った。妻からだった。

俺はこっそり電話しているのがばれてしまったのかと思い、慌てて電話に出ると

「もしもし? 今起きたの? 娘が部活で怪我したみたいで、今迎えに行ってるからお昼は冷蔵庫のものをチンして食べて」

と言われた。

電話の向こうから、車の中のラジオの音も聞こえた。

電話を切らずにトイレから出て台所をそっと覗いて見ると、台所の妻は携帯など持っておらず、包丁で何も乗っていないまな板をただ切っていた。

手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている。

台所の妻と目が合ってしまった。

ゾッとした俺はパニックになって家を飛び出し、「早く帰って来い」ともう一度妻に電話をし、二人が帰って来るまで外で待っていた。

帰って来た妻と娘に状況を説明し、みんなで家に入ったが誰も居ない。

台所には誰かが作った料理が家族分用意されていた。

妻と娘には寝ぼけていたんだろうと言われたが、そんな訳はない。

それでは料理の説明がつかないし、俺は料理なんて出来ない。

今以て不思議だ。

関連記事

夜桜(フリー写真)

桜の精

うちのおかんの話。 当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。 長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。 かなりの貧乏で、姑とお舅との…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

フラクタル模様(フリー素材)

予知夢

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。 でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってし…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。 米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。 そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。 仕事を共にして行く…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。 山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。 僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。 クラスで仲の良い友人が、 「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」 と言うので付いて行った。 そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…