公開日: ほんのり怖い話

Abandoned_WIP_by_Asarav

精神病棟では、病状の軽度により、週末など決まった期間自宅に帰るのを許される患者もいる。

毎週末に外泊を許されていたA氏(50代男性)。日々その時を待ち侘びていたそうだ。

週末、A氏は家族(娘さん)の迎えの車に笑顔で乗りこんで出発。

ここまではいつもと何も変わらなかった。

週明け。時間になってもAさんが戻って来ない。

職員が自宅へ電話。Aさんの妻が出て、そこで発覚した事に全職員が驚愕した。

妻は、夫が外泊許可を得ていたことを初めて知ったそうだ。

子供もいない。

いつも迎えに来ていた娘は誰だったのか?

A氏は未だ行方不明のままだそうだ。

関連記事

襖(フリー写真)

触れてはいけないもの

田舎に泊まった時の話。私の田舎は米農家で、まあ、田舎独特のと言えば宜しいでしょうか。とても大きな家で、従兄弟が集まる時は一家族に一部屋割り当てていました。私が…

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

ビスコ

高校3年生の時、5人組のグループでつるんでいた。でも、全員がいつも『もう一人いる』気がしていた。移動教室の時とかもう一人がまだ来ないから廊下で待っていると、「あ…

旅館(フリー写真)

不思議なおばあちゃん

小学校の修学旅行で泊まった旅館で体験した話。風呂に入るため大浴場へ皆で移動している時、向こうから三人組のおばあちゃん達が歩いて来た。その中の一人のおばあちゃんが俺と目…