ラーメン屋

公開日: ほんのり怖い話

img_4

ある大学生が買い物の帰り、小腹が空いたのでたまたま目についたラーメン屋に入った。

特に期待はしていなかったのだが、これが意外と美味くて彼はご機嫌だった。

帰り際に「おばちゃん、ごちそうさま」と言って、ラーメン代の600円をテーブルに置いた。

彼はこの店が気に入り、また食べに来ようと思った。

その2週間後、友人と出かけた時にちょうどその店の近くまで来たので、昼飯はラーメンにしようという話になった。

ラーメン好きの友人も喜んで店に向かったが、残念なことに店は潰れて廃屋になっていた。

彼はとても残念に思いながら店の前に立ち、ふと中を覗いた。

その瞬間、彼は驚きのあまり言葉を失ってしまった。

2週間前に自分がテーブルに置いた600円がそのまま残されていたのだ。

彼は恐る恐る隣のガソリンスタンドにラーメン屋のことを聞いてみた。

「隣のラーメン屋? 3年前に潰れてるよ」

関連記事

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

神社の思い出

小学生の時、家の近くの神社でよく遊んでた。ある日、いつも通り友達みんなで走り回ったりして遊んでいると、知らない子が混ざってた。混ざってたというか、子供の頃は誰彼かまわず…

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。友人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…