イキバタ

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

峠

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。

現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。

俺はもう卒業したのだが、イキバタはまだ卒業していない。名前も言えない通信制高校で留年しまくっているのだ…。

進級できれば4月から晴れて高校3年生だ。

イキバタは夜のドライブが大好きだ。自分の運転でなければ嫌らしいが。大抵イキバタのボロ軽自動車の助手席は僕だ。

その日僕達が行ったのは、出るとよく言われている心霊スポットで、イキバタもあまり好んでいない。あまりにもガチな心霊スポットは嫌いらしい。

運転しながらタバコを吸っていたイキバタは沈黙して、

「…ぬーん…」

と呻き出した。イキバタが呻くと大抵良いことがない…。

「どうかしたの?」

「ん、ああ、いやー、峠を窓開けながら歌って通っちゃったから、何か憑いてきてるかなって」

はっきり言えばイキバタは「憑かれやすい人」だ。見えたりはしない。気配は感じるので印は切れるらしいが…。

ビビりの俺は結構なレベルで怖い。ちょ、ここ有名すぎる場所だよ…。

峠を下る間、イキバタは無言。音楽のボリュームだけを上げた。

軽自動車を揺らすロック…と沈黙。

イキバタの無言は、

1. 生きていないものを感じて不快な時

2. 眠い

のどちらか…。後者であってくれと願ったが、まだ午前2時。まさかイキバタが眠いなんてことはないだろう。

ふと車は街灯の下に停まった。灰皿が見えなくて危なかったようだった。

だが、停まった瞬間に背筋が凍った。

俺でも分かった。ここはやばい。なぜイキバタは停まったんだ。

気のせいであってくれとひたすら思った。

「イキバタ…」

「……帰ろう」

イキバタは車を慌てて走らせた。だが、なぜか妙に飛ばさない。

先程まで80キロで運転していたのに、まるで車が重くなったかのように50キロ程度で走っている。

田舎道の直線道路になった瞬間、イキバタは

「お前にはなにもしてやれん!!!」

と叫んだ。

音楽なんか聴こえないくらいの大声だ。

「だから俺に憑くだけ無駄だ!!!」

正直イキバタが怖くなった。

よくイキバタは「やっぱり生きてても死んでても怒鳴ったら付いて行きたくなくなるよ~」と言うのだが、こんなにはっきり聞いたのは初めてだった。

今までは「叫んだよ」という報告しか聞いたことがなかったから。

イキバタ宅に到着すると、なぜか電気が点いている。

ドライブ好きなイキバタの兄が帰って来たのだろうかと思いきや、なんと夜中にも関わらずイキバタの母ちゃんだった。

イキバタの母ちゃんは怖いほど若く見える。

初対面はお姉さんだと思ったし、今でも後妻なのでは…と思っているくらいだ。

イキバタもあまり母とは仲良くないらしいので聞けないのだが。

「あれ、あんたまたどこか行ってたの」

「ドライブ行くって言ったじゃんか」

「え? さっきあんた帰ってきたわよ?」

チビるかと思った。

「…寝ぼけてたんだろ」

「そうかな。お兄ちゃんも帰って来たから目が覚めちゃって。そしたらあんたが無言で帰ってきてさぁ」

イキバタはそんな母ちゃんを無視しつつ、部屋に向かっていた。

部屋に入る前に印を切ったのは見なかったことにする。

部屋はいつもと変わらない。

「連れてきちまったかな。それとも先回りか…低級霊ってやつだろ」

イキバタは部屋に盛り塩をしながら言った。

「車、一気に重くなってさ。あー、こりゃなんか乗せたなあと思ったよ。叫んだからいなくなったと思ったんだけど、どうやら複数だったみてえだ。

ま、その気になればあの車を溜まり場にして廃車にすりゃーいいだろ。人間よりも下手したら動物のほうが頭使うからなぁ。

でも、本当に俺に憑いて来てもなんもしてやれねえのに、『憑き損』だよ、あいつら。

カワイソウだよ、カワイソウ」

にやにや話すイキバタが何より怖いと思う。

関連記事

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。しかし…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。しかし所詮は個人企業。社長も元々商売の才覚があった人…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。視線を常に地べ…

ドアノブ

ドアノブという単語を見て嫌な体験を思い出した。少し迷ったが書いてみようと思う。拙い文章だけど興味のある人は読んで欲しい。以前、とある地方のアパートに住んでいた。霊感とか…