片道の足跡

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

雪(フリー写真)

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。

夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。

当時は二十歳前後で、暇を持て余していた。

何も無いことは分かっていながらも、男四人。ポンコツ車で和気藹々とその滝に向った。

秋から冬に入って、雪が降ったり振らなかったりする時期。

根雪には遠く、道路には雪は無かった。

しかし滝に近付くにつれて、雪は次第に厚みを増し、滝に着く頃には靴跡が残るくらいには積もっていた。

時刻は夜中の0時を過ぎていた。

夏場ならいざ知らず、駐車場には車も無く、降り積もった雪は綺麗に平面を描いていた。

「ほんと、俺ら暇だよな」

というような、中身の無い無駄な会話を誰からともなく始めた。

「こっち雪降ってたんだ」

「標高が高いからかな?」

「昼間は晴れてたけどね」

「吹雪いてたのかな?」

憶測ばかりの会話をしつつ、駐車場を降りればすぐ心霊スポットの滝まで下がる。

積もった雪、風にざわめく枯れ木、雰囲気だけはばっちり。

しかし、もちろん何も起きない。

わざわざ来たのにな…と思いつつ周りを散策すると、駐車場から少し上がった所にある遊歩道に足跡があった。

「おかしくね?」

というのが、全員の一致した見解だった。

足跡は一つ。

大きさから言って女性。しかもヒールのように一つの小さい点と面。

そして何よりも、足跡は一つ。

つまり『行き』の足跡しか残されていない。

「これ、いつ付いた足跡さ?」

というのも問題だった。

先程まで疎らにも降っていた雪は、今は止んでいる。

しかし仮に昼間に付いた足跡だとしても、そこには柔らかい雪が被さっていないとおかしいのだが。

足跡は今歩いたかのように、真新しく、生々しく残っている。

駐車場から遊歩道へと続く過程で、正確なその足跡の出発点は車によって消されている。

誰も向うことのない、冬の山奥へと続く遊歩道。

奥へ奥へと足跡は一人分残っている。

「辿ってみよう」

そうなるのは暇な男四人にとっては至極当然の結論だった。

寧ろ熊が怖い、と言って笑い、自分達を勇気付けながら、雪で埋もれた川べりの遊歩道を一つの足跡を追って歩く。

五分、十分、十五分(時間は正確ではないが、体感でそのくらいは歩いた気がする)。

ピタッ、と何も特徴の無い所で、足跡は途切れていた。

その周りには新雪が綺麗に残っている。

その足跡の持ち主が立ち止まったように、少し深い足跡になる訳でもなく、そこまで辿り着くまでと変わらぬ歩調のまま。

次の一歩を踏み出そうとした瞬間、どこか空中にでも連れ浚われたしまったかのような、そんな不自然な途切れた足跡。

周囲に一切の変化も無く、ただ足跡が途切れていた、という状況だった。

かなりビビリながらも、辺りを野郎四人で探索するが、何も無い。

ただの夜中の山奥。脇の斜面の下を流れる川の音。少しずつ降り出してきた雪。

帰ろう、と誰かが言った。

男四人縦隊。

誰が先頭になって誰が殿を務めるのかジャンケンをしつつ、早足になったり駆け出したり、雪に体力を奪われ休憩したり、唐突に雪合戦をしたりしていた(恐らくこういう感じであることが、心霊体験を一切出来ない理由だと思う)。

駐車場に着いて、みんなで口を揃えて

「何だったんだろーね」

と首を傾げるばかり。

後日談も何も無く、これはただそれだけの話。

様々な心霊スポットに行って来たが、何も起きたことの無い野郎共の唯一の不思議な体験。

どうせ何らかの理由は付けることが出来るだろうと心の中で思いつつも、敢えて論理的思考を放棄して、不思議な出来事のままにしています。

夢(フリー素材)

神隠しの夢

もう10年以上前、俺が中学校の頃の話です。 当時はしょっちゅう同じ夢を見ていまして。 左右が田んぼの長い田舎道を、一人で歩いているんですよ。 すると向こうの方から和服…

エレベーター(フリー写真)

エレベーターの点検

俺はメンテナンス会社に勤めている。 客先の施設に常駐管理したり、不具合があると急行するなど、色々なパターンがある。 自分は巡回点検担当だが、夏休み期間中は普段受け持たない…

文房具(フリー写真)

クラス替えアンケート

子供の頃に奇妙な体験をした方は多いと思う。俺にもずっと気になっていることがある。 毎年3月が近くなると『クラス替えアンケート』のことを思い出すのだけど、俺以外にもこれと似たような…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。 夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。 俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。 季節外れの台風により大きな被害が出た。 古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。 その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

白無垢の花嫁

白無垢の花嫁さん

俺がまだ小学低学年の頃に体験した話。 俺の家は当時、夏になると田舎に帰っていたんだよね。 そんな時に必ず泊まる小さな民宿があるんだ。 各部屋の入り口はドアではなく襖…

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。 正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。 まあ、…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。 神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …