エリーゼのために

img_0

研修医時代、しかも働き始めの4月です。

おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。

ちなみに、ある意味洒落にならないことに、前後不覚の酔っ払いは研修医のいい練習台です。

普段滅多に使わない太い針で、点滴の練習をさせられたりしました。一応治療上、太い針で点滴を取って急速輸液ってのは、医学上正しいのも事実です。

でも、血行が良くて血管が取りやすく、失敗しても怒られず、しかも大半は健康な成人男性という訳で、上の先生に否応なしに一番太い針を渡され、何回も何回もやり直しをさせられながら、半泣きでブスブスやってました。

普通の22G針は、研修医同士で何回か練習すればすぐ入れれるのですが、16Gという輸血の為の針になるとなかなかコツがつかめず、入れられる方も激痛…。

でも、練習しておかないと出血で血管のへしゃげた交通事故の被害者なんかには絶対入らない訳で。

皆様、特に春は飲みすぎには注意ですよ!

話を戻します。

その日の深夜、心肺停止の患者が搬送されてきました。まだ本当に若い方で、医者になりたての若造は使命感に燃え、教科書通りに必死に蘇生を行いました。

しかし結局30分経過したところで、ご家族と連絡をとった統括当直医の一言で全ては終了。

その方は、今まで何回も自殺未遂で受診していた常連さん。しかもいわゆる『引き際を抑えた見事な未遂』で、ギリギリ死なない程度で留めていたようです。

しかし今回、運が悪かったというのか自業自得というのか…だいぶ薬のせいで心臓が弱っていたらしく、まさかの心停止。

駆けつけた知人という人も、固定電話から救急車は要請したものの、到着時にはその場におらず連絡不能。

状況から事件性が否定できないため、警察に連絡。検視が行われることになりましたが『たまたま大きな事件があったので朝まで引き取れない』とのこと。

家族と連絡を取る時、やむを得ず故人の携帯を見て連絡をとりましたが、あっさり蘇生中止を希望。

「生前、家族全員をさんざん振り回し、借金を負わせ、みんなが疲れきって病んでしまった。自殺が最後の希望だったろうから、頼むから逝かせてやってくれ」と…。

死亡確認後、改めて連絡しましたが、地方に住んでいて、今晩は引き取りにも付添にもいけないとのことでした。

最後に携帯から電話をしていた、恐らく通報者の異性の知人にも連絡を取りましたが、

「今までまとわり付かれ、逃げようとすれば自殺未遂をされて疲れ切っていた。家族でも友達でも何でもない。もう関わりたくない」

と泣き声で通話を切り、その後は繋がらず…。

暗澹とした気分になりました。最初の社会勉強でした。

結局「遺体をどうしようか」という話になり、もう一度話は警察へ。誰かが面会に来た時にすぐ会えるようにという配慮から『隔離室』に安置することとなりました。

この隔離室、少し説明しにくいのですが、救急の一番奥まったところにあります。手前から診察スペース(ウォークインの診察室と救急車受け入れ)があり、処置のスペースがあります。

私たちは大体この処置スペースと診察スペースを行き来しています。さらに奥に経過観察用のベッドが10台あるのですが、そのさらに突き当りにあります。

カーテン付きのドアで仕切られていて、救急室のベッド側と廊下2か所から出入りできますが、どちらも施錠できます(以前知らない間にホームレスが入っていたりしたことがあったので…)。

正しい使用方法はインフルエンザの患者の点滴などですが、今回はそこに入っていただこうという訳です。

空調も別になっているので、その部屋だけ最低温度に設定してクーラーをかけ、施錠しました。

ショックを受けていた自分も、すぐにまた怒涛のように運び込まれる酔っ払いの相手をしているうちに、その患者のことが頭から抜け落ちて行きました。

それがだいたい11時頃。

異変が起きたのは、深夜1時半頃でした。

観察用ベッドと隔離ベッドは、先ほども言ったように近いとはいえ少し離れているので、各ベッドに一つずつナースコールがあり、鳴らすと『エリーゼのために』が流れます。

意外と音が大きく、救急全体で聞こえるので、だいたい看護師さんが誰か手を止めて、ベッドのところに行ってくれます(しょうもない要件ばかり何回も言ってると、何もしないこともあるみたいですが)。

しかし、悲しいことに看護師よりも研修医の方が立場が下で…あとは察してください。

という訳でぱっと板を見に行くと、観察室のランプがチカチカ。何も考えずにナースコールを取って「どうしましたか?」と言った瞬間、後ろからぱっと別のドクターが切ってしまいました(ちょうど壁についてる固定電話みたいになっています)。

「え…」

「お前良く見ろ、隔離室だぞ」

「あっ…え、あのー、酔っ払いが忍び込んでる、とか?」

「鍵は俺がかけた」

そう言ってポケットから鍵を出す上級医。

「そして今も持ってる。あとは聞くな、考えるな。こういうことも、たまにある」

そして鍵を戻してぼそっと、

「ただの故障だ、厭な偶然、それだけだからな」

もうその後は怖くて仕方ありませんでした。しかし自分がやらかしてしまったせいでしょうか、その後ベルが鳴る鳴る…。

ひっきりなしにエリーゼのためにがガンガン流れます。そのたびに面倒くさそうに受話器をガチャギリする上級医。しかしベルはひどくなる一方でした。

「ミレミシレドラ~♪」のメロディーが流れるのですが、途中くらいから、こちらが切らなくても勝手に途中で切れるのです。

「ミレミシレドミレミシレド」みたいな感じで。最後は「ミレミシミレミシミレミレミレ…」みたいになってましたね。

明らかにこちらをせかしていました。私と同じく入りたての看護師さんもいたのですが、彼女は完全に腰が抜けて泣きながら座り込んでいたし。

そして「おい!うっせーんだよ!!さっさと行ってやれやゴルァ!!!!」と空気の読めない酔っ払い共。

中にはオラオラ言いながら隔離室のドアを蹴るあれな人までいて、ちょっとしたカオスでした。

そんな中、一人不機嫌オーラを立てていたのは師長さんでした。とうとうしびれを切らした彼女は、ツカツカと受話器のところに行ってさっと取ると一言。

「黙 っ て さ っ さ と 死 ね ! ! ! ! !」

救急中にしっかりと声が響き、ぱたりと途絶えたナースコール。理解したのかしないのか知りませんが、空気をやっと読んでくれた酔っ払い達。

くるりと振り返った師長さんは、それはそれは、頼もしいとかじゃなくて純粋に恐ろしかったです。

「仕 事 し ろ !」

その後は馬車馬のように働きましたとも。酔っ払いはいつも居座ってしまって帰すのに苦労するのですが、皆様本当に理解が早かった。

腰を抜かしていた看護師さんはその後、

「ICUで死ぬ間際の人が氷をポリポリ食べていて、その音が耳から離れない」

と言い残して辞めて行きましたが、師長さんいわく「軟弱もの」だからだそうです。

女社会、子供を5人育て上げ、なおかつヤクザやあれな人たちのやってくる救急外来を敢えて選ぶそんな猛者。今でも心底恐ろしいです。

あと、心当たりがあっても、この話はあまり広げないでくださいね。特定されたら…考えたくないですから。

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。 そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。 暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。 ところが、何故かどこもかしこも…

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。 土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

立ち入り禁止の波止場

友達の怖い話。 仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。 「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。 例えば夜…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。 当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。 夜に遊ぶ…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。 私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。 当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。 喫煙場所でタ…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。 ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。 みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …