屋根の上の女

夜の住宅街(フリー素材)

今年の夏の体験。

私の家は山の上の方にある。

夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。

私の家からコンビニまでの坂の片側は崖になっており、崖の下には道路寄りに樹が生えていて、その向こうに住宅などが建っている。

坂を下る自転車から見下ろすと、後ろに吹き飛んで行く木々の黒い梢の頂きの向こうに、住宅の屋根がコマ送りのように流れて行くのが見える。

その夜は晴れていて、満月に近かったので景色が月明かりでよく見えた。

この一段低くなった土地に建つ住宅地の中に一軒の空き家があった。

誰も住んでいないので、雨戸はいつも締めたままになっていた。

何故だか解らないが、ふとその家に視線を降ろした。

すると屋根の上に奇妙な物を見つけた。それは白いネグリジェを着た若い女性のようだった。

彼女は二階の屋根で膝を抱え、夜空を眺めているようだった。

「だった」というのは、梢の黒い陰の間からちらりと見えたに過ぎないからだ。

その後、樹が密生している所に差し掛かったので、女の座った屋根は暫く見えなくなった。

梢の陰で屋根が見えなくなった後、私は先程の屋根の上の女の不自然さに気が付いた。

こんな夜中に、廃屋の二階の屋根の上に若い女が居るなんて有り得ないことだからだ。

だから私は何かを見間違えたのだろうと思った。

そう納得した時、道路脇の樹木が途切れて暫く視界が開ける所に来た。

私は女の座っていた屋根のある建物を見ないようにしていたが、好奇心に負けてちらりと見た。

すると、居た。

あの屋根の上に、白いネグリジェを着た若い女が居た。

そして恐ろしいことに、私の方を見ているのである。

女の目は真っ黒で、穴が空いたような感じだった。

女の洞窟のような目で見つめられると、金縛りに遭ったようになった。

目を逸らそうとしても逸らせない。私は坂道を下るスピードに自転車を任せていた。

その内、その女が私ににこりと微笑んだ。微笑んだような気がした。

「気がした」というのは先程と同じく、自転車が再び道路脇に木が茂っている所に差し掛かったからだ。

ようやく金縛りから身体が開放され、気が付いたのは冷や汗でびっしょりになっている自分自身だった。

すると再び樹がまばらになっている所に差し掛かった。

見えなくなったのはほんの数秒だった。

今度坂の下に目をやった時には、もう屋根の上には誰も居なかった。

あの屋根の上に居たのが生身の人間なら、あの短い間に姿を隠そうと思えば屋根から飛び降りるしかない。

結局あれは何だったのだろう。大阪の南部での出来事。

お稲荷さん

10年程前、父の田舎へ行きました。N県の山中です。夜は従兄弟達とお約束で怖い話になりました。 そろそろネタも尽きてきた従兄弟のお兄ちゃんに、私がもっともっととせがむと、「実はお隣…

夜道(フリー素材)

映画監督の話

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。 ※ ある時、H氏はスランプに陥っていました。 いくら悩んでも…

パソコン(フリー写真)

朗読する声

実際にあったお話です。 怖い話が好きで、自宅の近所であった自殺の話を、少し脚色してネットで公開したそうです。 その夜、投稿に対する返信を確認していると突然電話が鳴りました…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。 私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。 七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。 当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。 自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。 ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。 ちょ…

青いテント(フリー写真)

青いテント

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。 夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。 また、赤外線センサーを用いて自動シャ…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。 霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…