屋根の上の女

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

夜の住宅街(フリー素材)

今年の夏の体験。

私の家は山の上の方にある。

夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。

私の家からコンビニまでの坂の片側は崖になっており、崖の下には道路寄りに樹が生えていて、その向こうに住宅などが建っている。

坂を下る自転車から見下ろすと、後ろに吹き飛んで行く木々の黒い梢の頂きの向こうに、住宅の屋根がコマ送りのように流れて行くのが見える。

その夜は晴れていて、満月に近かったので景色が月明かりでよく見えた。

この一段低くなった土地に建つ住宅地の中に一軒の空き家があった。

誰も住んでいないので、雨戸はいつも締めたままになっていた。

何故だか解らないが、ふとその家に視線を降ろした。

すると屋根の上に奇妙な物を見つけた。それは白いネグリジェを着た若い女性のようだった。

彼女は二階の屋根で膝を抱え、夜空を眺めているようだった。

「だった」というのは、梢の黒い陰の間からちらりと見えたに過ぎないからだ。

その後、樹が密生している所に差し掛かったので、女の座った屋根は暫く見えなくなった。

梢の陰で屋根が見えなくなった後、私は先程の屋根の上の女の不自然さに気が付いた。

こんな夜中に、廃屋の二階の屋根の上に若い女が居るなんて有り得ないことだからだ。

だから私は何かを見間違えたのだろうと思った。

そう納得した時、道路脇の樹木が途切れて暫く視界が開ける所に来た。

私は女の座っていた屋根のある建物を見ないようにしていたが、好奇心に負けてちらりと見た。

すると、居た。

あの屋根の上に、白いネグリジェを着た若い女が居た。

そして恐ろしいことに、私の方を見ているのである。

女の目は真っ黒で、穴が空いたような感じだった。

女の洞窟のような目で見つめられると、金縛りに遭ったようになった。

目を逸らそうとしても逸らせない。私は坂道を下るスピードに自転車を任せていた。

その内、その女が私ににこりと微笑んだ。微笑んだような気がした。

「気がした」というのは先程と同じく、自転車が再び道路脇に木が茂っている所に差し掛かったからだ。

ようやく金縛りから身体が開放され、気が付いたのは冷や汗でびっしょりになっている自分自身だった。

すると再び樹がまばらになっている所に差し掛かった。

見えなくなったのはほんの数秒だった。

今度坂の下に目をやった時には、もう屋根の上には誰も居なかった。

あの屋根の上に居たのが生身の人間なら、あの短い間に姿を隠そうと思えば屋根から飛び降りるしかない。

結局あれは何だったのだろう。大阪の南部での出来事。

ベンチに座る女

僕が中学生の頃の実体験。 当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。 受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。 中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。 いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。 俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。 生まれる前だったんで人から聞いた話。 場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…

夜の林(フリー写真)

お経の声

大学時代の話。実話です。 俺が通っていた大学の近くに自殺の名所があった。 林を暫く入った所にある滝(以下S滝)だ。 自殺の名所と言っても、景色も良く街からそんなに遠…

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。 と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。 いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。 でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。 もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。 恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。 肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。 趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)です まあ、それは良いと…