屋根の上の女

夜の住宅街(フリー素材)

今年の夏の体験。

私の家は山の上の方にある。

夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。

私の家からコンビニまでの坂の片側は崖になっており、崖の下には道路寄りに樹が生えていて、その向こうに住宅などが建っている。

坂を下る自転車から見下ろすと、後ろに吹き飛んで行く木々の黒い梢の頂きの向こうに、住宅の屋根がコマ送りのように流れて行くのが見える。

その夜は晴れていて、満月に近かったので景色が月明かりでよく見えた。

この一段低くなった土地に建つ住宅地の中に一軒の空き家があった。

誰も住んでいないので、雨戸はいつも締めたままになっていた。

何故だか解らないが、ふとその家に視線を降ろした。

すると屋根の上に奇妙な物を見つけた。それは白いネグリジェを着た若い女性のようだった。

彼女は二階の屋根で膝を抱え、夜空を眺めているようだった。

「だった」というのは、梢の黒い陰の間からちらりと見えたに過ぎないからだ。

その後、樹が密生している所に差し掛かったので、女の座った屋根は暫く見えなくなった。

梢の陰で屋根が見えなくなった後、私は先程の屋根の上の女の不自然さに気が付いた。

こんな夜中に、廃屋の二階の屋根の上に若い女が居るなんて有り得ないことだからだ。

だから私は何かを見間違えたのだろうと思った。

そう納得した時、道路脇の樹木が途切れて暫く視界が開ける所に来た。

私は女の座っていた屋根のある建物を見ないようにしていたが、好奇心に負けてちらりと見た。

すると、居た。

あの屋根の上に、白いネグリジェを着た若い女が居た。

そして恐ろしいことに、私の方を見ているのである。

女の目は真っ黒で、穴が空いたような感じだった。

女の洞窟のような目で見つめられると、金縛りに遭ったようになった。

目を逸らそうとしても逸らせない。私は坂道を下るスピードに自転車を任せていた。

その内、その女が私ににこりと微笑んだ。微笑んだような気がした。

「気がした」というのは先程と同じく、自転車が再び道路脇に木が茂っている所に差し掛かったからだ。

ようやく金縛りから身体が開放され、気が付いたのは冷や汗でびっしょりになっている自分自身だった。

すると再び樹がまばらになっている所に差し掛かった。

見えなくなったのはほんの数秒だった。

今度坂の下に目をやった時には、もう屋根の上には誰も居なかった。

あの屋根の上に居たのが生身の人間なら、あの短い間に姿を隠そうと思えば屋根から飛び降りるしかない。

結局あれは何だったのだろう。大阪の南部での出来事。

モニターに写る女

去年の夏の話です。自分、配達の仕事をやっていて、最初に研修という形で先輩と配るんです。その時教えてもらったC先輩とはすぐに仲良くなり、飲みに行ったりしてました。ある時、…

黒いワゴン

俺の後輩が実際に体験した話です。後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。時刻は夕方の17…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。もちろん…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

黒いモノ

2年前の話をします。当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった。父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたし、どちらかというと頭がよく回転…