深夜の研究室

tumblr_mjoeluzgxm1s1mt5yo1_1280

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。

卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をしてはそれを書き足していくという、今から考えればぎりぎりの事をしていたと思います。

私の研究室では、ついに私だけ卒論ができていない状況で、かなり焦りがありました。

締め切りの前日になってやっと大筋を書き上げましたが、最後に確認実験が残りました。

明日提出ですので、卒論を清書しながら行いました。

実験は待ち時間が多く(反応に数時間とか)、トータルで一晩かかります。

泊まり込みで実験を行い、その合間に清書を仕上げ、そのまま明日提出するつもりでした。

学科内でも最終日まで卒論が出来上がっていなかったのは私だけのようで、学科棟は私一人だけになりました。

さすがに一人だけになると心細くなりましたが、廊下の明かりも隣の研究室の灯りも点けて行いました。

確か深夜3時頃だったと憶えています。確認実験が終了して、論旨に誤りの無いことが確認できました。

清書していた卒論も大きな変更もないことで、そのまま若干の書き入れをして終了です。

その時、研究室の入り口に私と同輩ぐらいの見知らぬ男性が、こちらを見ていることに気づきました。

学科内の人間なら全員知っていましたが、全く知らない男性でした。

他の学科の人間が誰か知り合いにでも会いに来たのかなと思いました。

目が合ったので「お互い大変だね」と言ったと思います。

実はその後どうなったのか記憶にないのです。

どうやら私は確認実験を行った後、机で寝てしまったらしく、その前後のことがはっきりしていません。

ただ彼が青い縦にストライプのシャツを着ていたことは覚えています。

目が覚めたのは、周りがうっすらと明るくなり始めた朝6時ごろでした。

卒論もちゃんと仕上がっており、記憶が曖昧ながらあれからちゃんと仕上げたんだなと思いました。

ところで、いつ寝てしまったんだろうと思いました。知らない人が廊下から覗いていて…。

そこで気が付いたんですが、学科棟の鍵は最終の私が預かっていて、内側から22時頃に閉めたはずなので、誰も入って来られないはずなんです。

怖いと言うより不思議という気持ちしか湧きませんでした。

朝になり、8時頃に研究室に出てきた同輩に話したところ、鍵のかかっていない出入り口から誰か進入してきたんじゃないかと言う話でした。表玄関以外に出入り口はありますし。

博士課程の先輩に話したところ、うちの学科には昔自殺した人間がいたからそいつじゃないかとか言われました。

しかし別に怖い思いをしたわけではありませんので、幽霊とかではないと思いました。

一応調べたところ、昔、本当に自殺した学生がおり、失恋で排ガス自殺をしたとのことでした。

調べたのは地方新聞でしたが、記事の中には “第一発見者が青い服を着た○○さんを発見した” という記述がありました。

私自身全く怖いという思いをしていませんし、彼を見た前後の記憶が実に曖昧で、夢じゃなかったかとの思いもあります。

ひょっとしたら先に以前自殺した学生がいるという噂を聞いており、そのような思いこみをしたのかもしれません。

ただ私自身の中で、未だに一体何だったのか判らない不思議な出来事です。

関連記事

学校の校門(フリーイラスト)

校門を閉じる習慣

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。 まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。 生徒はい…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。 当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。 ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。 犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。 当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。 その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。 今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。 Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。 当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。 ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

山(フリー写真)

炭鉱跡の亡霊

小学5年生の時に体験した話。 当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。 山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。…