深夜の研究室

tumblr_mjoeluzgxm1s1mt5yo1_1280

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。

卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をしてはそれを書き足していくという、今から考えればぎりぎりの事をしていたと思います。

私の研究室では、ついに私だけ卒論ができていない状況で、かなり焦りがありました。

締め切りの前日になってやっと大筋を書き上げましたが、最後に確認実験が残りました。

明日提出ですので、卒論を清書しながら行いました。

実験は待ち時間が多く(反応に数時間とか)、トータルで一晩かかります。

泊まり込みで実験を行い、その合間に清書を仕上げ、そのまま明日提出するつもりでした。

学科内でも最終日まで卒論が出来上がっていなかったのは私だけのようで、学科棟は私一人だけになりました。

さすがに一人だけになると心細くなりましたが、廊下の明かりも隣の研究室の灯りも点けて行いました。

確か深夜3時頃だったと憶えています。確認実験が終了して、論旨に誤りの無いことが確認できました。

清書していた卒論も大きな変更もないことで、そのまま若干の書き入れをして終了です。

その時、研究室の入り口に私と同輩ぐらいの見知らぬ男性が、こちらを見ていることに気づきました。

学科内の人間なら全員知っていましたが、全く知らない男性でした。

他の学科の人間が誰か知り合いにでも会いに来たのかなと思いました。

目が合ったので「お互い大変だね」と言ったと思います。

実はその後どうなったのか記憶にないのです。

どうやら私は確認実験を行った後、机で寝てしまったらしく、その前後のことがはっきりしていません。

ただ彼が青い縦にストライプのシャツを着ていたことは覚えています。

目が覚めたのは、周りがうっすらと明るくなり始めた朝6時ごろでした。

卒論もちゃんと仕上がっており、記憶が曖昧ながらあれからちゃんと仕上げたんだなと思いました。

ところで、いつ寝てしまったんだろうと思いました。知らない人が廊下から覗いていて…。

そこで気が付いたんですが、学科棟の鍵は最終の私が預かっていて、内側から22時頃に閉めたはずなので、誰も入って来られないはずなんです。

怖いと言うより不思議という気持ちしか湧きませんでした。

朝になり、8時頃に研究室に出てきた同輩に話したところ、鍵のかかっていない出入り口から誰か進入してきたんじゃないかと言う話でした。表玄関以外に出入り口はありますし。

博士課程の先輩に話したところ、うちの学科には昔自殺した人間がいたからそいつじゃないかとか言われました。

しかし別に怖い思いをしたわけではありませんので、幽霊とかではないと思いました。

一応調べたところ、昔、本当に自殺した学生がおり、失恋で排ガス自殺をしたとのことでした。

調べたのは地方新聞でしたが、記事の中には “第一発見者が青い服を着た○○さんを発見した” という記述がありました。

私自身全く怖いという思いをしていませんし、彼を見た前後の記憶が実に曖昧で、夢じゃなかったかとの思いもあります。

ひょっとしたら先に以前自殺した学生がいるという噂を聞いており、そのような思いこみをしたのかもしれません。

ただ私自身の中で、未だに一体何だったのか判らない不思議な出来事です。

関連記事

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。俺…

夜の林(フリー写真)

お経の声

大学時代の話。実話です。俺が通っていた大学の近くに自殺の名所があった。林を暫く入った所にある滝(以下S滝)だ。自殺の名所と言っても、景色も良く街からそんなに遠…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。最初の…