B型肝炎

公開日: 怖い話

rumor-1

薬害エイズ。

国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。

非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な加熱製剤を使うことを陳情したが、厚生省は認めなかった。

なぜなら、厚生省の官僚が天下りした会社であるミドリ十字はまだ、加熱製剤の開発が遅れていたからだ。

もしここで、非加熱製剤を禁止すれば、それらの会社に多大な損害を与える。

1985年、やっと加熱製剤を認可するも、危険な非加熱製剤の回収は行わなかった。

それどころか、在庫が無くなるまで危険な非加熱製剤を市場に放出させ、感染者を増加させた。

厚生省は危険だと分かりながら、非加熱製剤を市場に出回らせ、それどころか後押ししていた。

その間、国は「エイズ=同性愛」という間違った認識を広め、薬害であることを隠そうとした。

30才の男性が先日初めて献血に行った。

数日後、一枚の封書が届いた。

それは自分がB型肝炎のウィルスキャリアーであり、この先献血には行かないでくれという内容であった。

おかしい…。

そんなはずはない。

親兄弟にも、それらの病気になった者はいない。

B型肝炎はそもそも性病であるはずだ。

自分は恥ずかしながらこの年まで童貞で、キスすらしたこともない。

運良く、輸血をするような病気や怪我もしたことはない。

もとより潔癖症であり、他人と歯ブラシ等の共有もしたこともなく、ピアスや入れ墨などももちろんしていない。

海外旅行の経験すらなく、病気らしい病気にもかかったこともなく、自分ほど安全な血は無いと自負していたほどだ。

性病など自分とは全く無関係のものだと、今まで興味すら抱かなかった。

調べていく内に、昔小学校で行われていた予防接種の針の使い回しで感染したことが判った。

しかし驚くべきことは、厚生省は男性が生まれる前の1950年代には、既に使い回しをやめるよう行政指導を行っていたという。

だが、教育現場での集団接種などではずっと後まで守られなかった。

行政の怠慢が、膨大な感染者を生んだのだ。

B型肝炎が性病としてアピールされ、それらの病気にかかっているなどとは夢にも思っていない国民は多い。

夢

記憶を追って来る女

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは…

村はずれの小屋

じっちゃま(J)に聞いた話。昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、梅は「生まれ故郷を離れ…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

死刑執行スイッチ

最近、とある悪戯サイトが流行っているそうだ。ネットを巡回している時に、見慣れないリンクがある事に気が付く。何気にそのリンクを踏むと、薄暗いコンクリートの部屋の真ん中に、…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。ウォーリーの特徴は…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

旧家(フリー写真)

旧家の古井戸

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にも渡って改修工事をして来た家の改築だった。古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。まずは図面を起こす…

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…