B型肝炎

公開日: 怖い話

rumor-1

薬害エイズ。

国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。

非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な加熱製剤を使うことを陳情したが、厚生省は認めなかった。

なぜなら、厚生省の官僚が天下りした会社であるミドリ十字はまだ、加熱製剤の開発が遅れていたからだ。

もしここで、非加熱製剤を禁止すれば、それらの会社に多大な損害を与える。

1985年、やっと加熱製剤を認可するも、危険な非加熱製剤の回収は行わなかった。

それどころか、在庫が無くなるまで危険な非加熱製剤を市場に放出させ、感染者を増加させた。

厚生省は危険だと分かりながら、非加熱製剤を市場に出回らせ、それどころか後押ししていた。

その間、国は「エイズ=同性愛」という間違った認識を広め、薬害であることを隠そうとした。

30才の男性が先日初めて献血に行った。

数日後、一枚の封書が届いた。

それは自分がB型肝炎のウィルスキャリアーであり、この先献血には行かないでくれという内容であった。

おかしい…。

そんなはずはない。

親兄弟にも、それらの病気になった者はいない。

B型肝炎はそもそも性病であるはずだ。

自分は恥ずかしながらこの年まで童貞で、キスすらしたこともない。

運良く、輸血をするような病気や怪我もしたことはない。

もとより潔癖症であり、他人と歯ブラシ等の共有もしたこともなく、ピアスや入れ墨などももちろんしていない。

海外旅行の経験すらなく、病気らしい病気にもかかったこともなく、自分ほど安全な血は無いと自負していたほどだ。

性病など自分とは全く無関係のものだと、今まで興味すら抱かなかった。

調べていく内に、昔小学校で行われていた予防接種の針の使い回しで感染したことが判った。

しかし驚くべきことは、厚生省は男性が生まれる前の1950年代には、既に使い回しをやめるよう行政指導を行っていたという。

だが、教育現場での集団接種などではずっと後まで守られなかった。

行政の怠慢が、膨大な感染者を生んだのだ。

B型肝炎が性病としてアピールされ、それらの病気にかかっているなどとは夢にも思っていない国民は多い。

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。 ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。 夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。 でも本当…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。 夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。 欠伸を噛み殺しながら、 『そろそろ火の始末をして…

憑依

小学校6年の社会の授業の時、突然担任(女・20代・かなり美人)の声色が低くドスの聞いた感じに変わり、目つきもどこか虚空を見ているような感じになり、戦時中の国民学校とかで先生が生徒に訓示して…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。 その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。 そんな叔父は時間があれば…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。 北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。 まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。 iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。 中でも特に山にはよく入った。うんざり…

トンじい

私の出身地は、古くから部落差別の残る地域でした。 当時、私は小学生でした。部落差別があると言っても、それは大人の世界での話で、幼い私には差別など解りませんでした。 子供同士…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…