リビングの物音

夜のアパート(フリー写真)

2年程前に体験した話です。

僕は当時、一人暮らしをしていました。

借りていたアパートは1LDKで、リビングとキッチンの両方にテレビがありました。

平日は会社から帰ると風呂に入り、キッチンでテレビを見ながら食事をするのが習慣でした。その間、リビングの電気は消してあります。

ある夜、いつものようにテレビを見ながらキッチンで夕食を摂っていました。

すると暗闇のリビングから、カシャカシャと金属の鎖か何かが落ちるような、小さな物音がしました。

何だろうと思いリビングに行きましたが、何も変わったところはありません。

その時は特に気にする事も無く、そのまま夕食を摂り終えました。

暫く経った夜、同じようにキッチンで夕食を摂っていると、暗闇のリビングからズズーーーと、今度は壁を木の棒で軽く擦るような物音が聞こえてきます。

また何だろうと思いリビングを覗き込み、今度は電気も点けましたが、やはり変わった様子はありません。

その時も気のせいだと思い、やり過ごしました。

更にそれから数日経ったある夜の夕食中、またしても電気を消したリビングから物音です。

カタッと、今度は小さなビンが倒れるような音です。これははっきりと聞き取る事が出来ました。

隣の部屋や上階からなどではなく、明らかに家のリビングの中の音です。

速攻でリビングの電気を点けました。しかし、やはり見た限り異常無し。

そもそも、そのような音をさせるビンすらリビングに置いていません。

ここで初めて僕は得体の知れない恐怖を覚えました。

その後、暫くはそのような事は起こりませんでしたが、ついにその日は来ました。

その日は仕事が繁忙期の残業で、夕食は午前1時過ぎでした。

コンビニの弁当を食べながらテレビを眺めていると、ドサドサドサッと大量の本か何かが床に落ちるような物音がリビングで発生です。

椅子から飛び上がってリビングに駆け込み電気を点けるも、やはり何も無し。

音の主と思われる本すらありません。

でも、明らかにこのリビングから音は聞こえたのです。

全身に鳥肌が立つような恐怖に襲われ、呆然と立ち尽くしていると、突然リビングにある電話が鳴りました。

当時の僕は、電話と言えば携帯で事足りており、プライベートも仕事も全て電話は携帯を使用。家の電話は引いてはいたものの、全く使っていませんでした。

そもそもこの家の電話番号を知らせているのは、実家と会社の人事部だけです。

友人や知り合いは、誰も知り得るはずの無い番号です。勿論、電話帳にも登録していません。

僕は反射的に電話を取りました。

「…はい?」

電話の向こうは沈黙しています。

「もしもし、○○ですが?」

無言状態が続いています。

僕が電話を切ろうとしたその時、受話器の向こうから声がしました。

ナビゲーターのような、年齢が推測出来ない、感情のこもっていない女性の声です。

『…今の、今のは私がやったんじゃないんです』

「えっ?」

『これまでのも、私がやった事じゃありません』

「…? あのどちらにおかけでしょうか?」

『私じゃないんです』

「…」

『ただ、もし今度音がしても、もう見に行ったりしないでください。そうすれば音は無くなります』

「…」

それから5秒くらい無言状態が続き、そのまま電話は切れました。

その晩は恐怖で眠れませんでした。

次の日からリビングは夜は常に電気を点け、テレビもスイッチオンにした状態にしておりました。

電話の相手が言ったような『次に音がする』ような事も、それ以来ありませんでした。

転勤により、それから4ヶ月くらいで実家に戻って来ましたが、今でもあの時の事を思うと怖くなります。

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

高田馬場のアパート

7年前の話。大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

団地(フリー写真)

深夜の足音

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。しかし一つ問題があった…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…