晴れ着

骨董品屋

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。

リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと言えば骨董品屋という感じだ。

店の上の看板には「貴金属・骨董品・電化製品・オーディオ」と手書きで書かれており、恐らく骨董品屋からなんでも屋になったのだろう。

元々Aの電子レンジを買うために出掛けていたので、ちょっと覗いてみようと店に入った。

俺は霊感なんて全く信じておらず、Aの自称霊能力者も合コンで目立つための嘘だろうと内心馬鹿にしていた。

しかし、そんな俺でも店の中に入った瞬間、違和感というか、何か嫌な予感がした。

あの感覚はあの時初めて味わったもので、上手く言葉で言い表せない。

でも、その嫌悪感の正体はすぐに判った。

とにかく品物が乱雑に並べられ、骨董品と骨董品の間にパソコンが置かれていたり、古書が並んでいる端にブックレスト代わりに皿が置かれていたり、あまりにも規則性が無さ過ぎて気分が悪い。

店主の姿も見えず、「万引きし放題だな」とAに話しかけたがAが居ない。

Aはまだ店先でボーッと上の看板を見ている。

「おい!あったぞ!電子レンジ5000円」

と声をかけたら、やっとAが店の中へ入って来た。

A「やっぱり中古はやめときます…」

俺「まあ、そんな安くもねぇしな、5000円」

その後すぐにAが呟く。

「それに何かいます…ここ」

一瞬ドキッとしたがイライラしてきた。

いかにも出そうな店でお約束の霊感かよと思いながら、

「どこらへんにおるの?」

と聞くと、黙ってAは上を向く。

「上?」

俺も真上を見るが、薄暗い天井と蛍光灯しか見えない。

店の奥へ向かうと階段があった。一階が意外と広い事にも気が付いた。

例の乱雑さで、商品棚が3列置いてあった。

俺が階段を昇ろうとした時、Aが小声で

「ヤバい。もう見られてます」

と言った。

『こいつ、俺を怖がらせて喜んでんじゃねーか?』と思いながら階段を昇った。

しかし一段目を昇った時、周りの空気が急にひんやりしているのに気が付いた。

階段を昇る度、何か嫌な予感がしてならない。進むのが躊躇われる。

やっと徐々に2階が見えてきた…。意外と明るい…。

最後は足元に注意しながら一気に昇った。

そして、2階の光景を見て愕然とした。

辺り一面全部着物だ。

それも成人式や結婚式で着るような、派手な晴れ着だった。

ずらりと奥まで、案山子みたく袖に棒を通されて立っている。

奥の着物が揺れたように見え、そちらに目を向けたその時、俺ははっきりと見た。

明らかに敵意を持った目をした女性の顔だった。

揺れた着物の後ろに女性がいる!

俺は急に息が苦しくなった。

吐き気がした。

後ろから階段で昇って来たAが何か言ったが、何を言ったのか解らない。

俺はそこで意識を失った。

目が覚めると、Aとおっさんが喋っていた。喋っている内容は解らなかった。

だが自分のいる場所は判った。まだ二階にいる。もう着物の方は見れない。

またパニック寸前になりながら逃げようとするが、上手く立てずに階段の前でコケる。

Aとおっさんが支えてくれてやっと階段を降りる。

すぐに店の前まで出て、排水溝に思い切り吐いた。

真っ白なゲロが排水溝に流れる。

苦しくて苦しくて、このまま気を失って死ぬんじゃないかと思った。

Aが背中をさすりながら「あの目を見ましたよね?」と聞いてきて、また思い出して吐いた。

Aが「吐けるだけ吐いた方がいいっすよ」と言っていたが、俺は妙になるほどと納得した。

Aの言葉通り、一頻り吐くと楽になってきた。

俺「アレが幽霊?」

A「そんなところです。でも、幽霊というよりは怨霊だと思います。店主とも話したけど、あの着物は全部中古だそうです」

俺「もしかしてあの女は前の持ち主か?」

A「そうだと思います。ここからは推論ですが…」

とAが説明してくれた。

要するに、晴れ着は成人の祝いや結婚式に親が娘に買ってくれる大事なもので、やむにやまれぬ事情を抱えた女性が質入する場合が多いこと。

その晴れ着に対する未練や、後ろめたい感情が集中する場所だったこと。

俺が見たあの敵意丸出しの目は、晴れ着を見に来る客を遠ざけようとする女性達の目で、俺が店に入った時から見られていたらしいこと。

今もあの顔を思い出すと少し気分が悪くなります。

海の岩場(フリー写真)

形見の写真

小学生の仲が良い男の子4人が海へ遊びに行った。 初めは浴場の方で遊んでいたのだけれど、そのうち飽きてしまい、人気のない岩場へと移動。 散々遊んでさあ帰ろうという事で、記念…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

深夜のドライブ

深夜のドライブ

これからする話は、私の作り話ではない事を言っておきます。 信じてくれとは言わないし、信じてくれる人がいればそれで良いと思っています。 私は関東のT県U市(県庁所在地)に住ん…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。 んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。 ・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す ・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

廃ホテル(フリー写真)

廃墟旅館の噂

うちの地元に、ある旅館があった。 その旅館は、いわゆる高度経済成長の時代、レジャーブームに乗って出来たものだった。 そして80年代後半に入ると、レジャーの多様化、海外旅行ブ…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。 その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。 入り口まで着き、…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。 父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。 風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

おまえこそ

自分が大学生の時の話。マジで思い出したくない。 自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒っ…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …