みょうけん様

弥彦山(新潟県)

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。

どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明になった云々とか。

先月も山へ散歩に出かけたお婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。

まあ結論を言うと、大怪我は負ったものの無事に保護された訳なんだが。

ただ、この「大怪我」が問題でね。左のふくらはぎの一部が抉れていたらしい。

お婆さんの話を要約すると、

「小さな影が突然走って来てぶつかった。尻餅をついた時には、影は消えていた。

左足が酷く痛いので見てみると、肉が削られていた。痛みと出血の恐怖で動けなくなった」

という事らしい。

お婆さんは持っていた手ぬぐいで傷口を押さえ、暗い山の中で一人怯えていたんだとか。

発見が早かったので手遅れにならずに済んだそうで、その点は不幸中の幸い。

警察は野犬に噛まれたんだろうと判断したが、治療に当たった消防の人が「これは動物が噛み付いて出来たような傷じゃない」と反論した。

しかし、「じゃあ何だよ?」と問われても答えられず、結局野犬の仕業ということに。

何十年か前にも山の中で似たような事が起きていたそうだけど、関連性は無しということで警察は無視。

地元の年寄りの何人かが「みょうけん様かなあ」と言っていたが、それが何なのかは不明。

「山の中にはみょうけん様がいる」くらいしか話が伝わっていないそうだ。

すぐ近くの山の中に人を襲うような何かがいると考えると、少し背中が寒くなった。

猿(フリー素材)

えんべさん

帰省した時、祖母に『コトリバコ』のような呪わしい因習話は無いかと聞いたところ、残念ながら無かったんだけど、伯父さんがそれ系の話を知っていたので書きます。 ※ 1980年代、伯父さん…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

雑木林(フリー写真)

陰から覗く女の子

後輩に聞いた話。後輩は四人兄弟で、体験したのは一番上の兄貴。 その兄貴が小学校低学年の時の話です。 その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。 …

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。 時代も、世情も変わり、年号も変わった。 日本も、日本人も変わったと言われる。 しかし俺を取り巻く世界はそれ…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。 デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。 30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。 趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)です まあ、それは良いと…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。 ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…