きてください

公開日: 心霊体験 | 怖い話

古い住宅(フリー写真)

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。

こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、電話などで掲載依頼を受ける事もあります。

その場合、何となく興味が湧いたら取材に行くという感じです。

お店を選ぶ基準は、このお店なら色々書くことありそうだな、こっちのお店は何かいまいちだな、と言ったフィーリングによるものが大きいです。

ある日、締め切り明けで暇になり、みんなどこかへ遊びに行ったり、得意先周りに行ったりで編集部から殆ど人が消えました。

私は特に行く所も無く、何か面白いことないかなと、その日届いた読者からのハガキを眺めていました。

その中にあった一通の封筒の中には、一枚の写真と便せん。

写真にはいかにも老舗という感じの古めかしい和菓子屋さんが写っていました。

便せんには、何だかインクの染みというか…書いて乾かないうちに擦ってしまったような…とにかく汚い字で

『おいしいですよ ぜひ来てください』

と書かれているだけです。

何だか気味が悪かったのですが、逆に少し興味を惹かれ、

『暇だし覗くくらいならいいか』

という気分になりました。

『来てください』

と言うなら恐らく自薦だろうと、便せんに書かれた住所を見て、大体の位置を把握しました。

…いつもは道路地図やネットで(最低でも店の名前くらいは)調べてから行くのですが、その時は暇だったのもあり、何だか調べるのが面倒だったんです。

見つからなければそれでいいや、くらいの軽い気持ちで出かけました。

1時間ほど車を走らせ、目的地周辺まで到着した私は、近くにあったスーパーに車を停め、そこからは徒歩で探す事にしました。

写真を見ながらてくてく歩く事、十数分。

大体の住所はこの辺だな…と見回すも、そこは閑静な住宅街といった感じで和菓子屋さんなんてありゃしません。

『裏道かな?』と脇道に逸れると、一軒の空き家がありました。

雨戸は閉められ、庭は荒れ果て雑草が生い茂り、一目見れば分かるじめっとした雰囲気。

何だか気持ち悪くなり目を逸らすと、突然上の方から視線を感じました。

はっとその方向を見ると、2階の一室だけ、雨戸が閉められていない窓がありました。

まさか人が居るのか…と、余計に気味が悪くなり、早々にその場から立ち去りました。

暫く周辺を歩くもやはり写真のお店は見つからず、そのまま少し離れた商店街まで来てしまいました。

私は近くの雑貨屋さんに入り、ジュースを買うついでに店主のおじいさんに写真を見せ、詳しい場所を聞いてみました。

おじいさんは写真を見るなり怪訝そうな顔で暫く考え込み、思い出したように言いました。

「ああ、これ、○○さんとこか!で、あんた、この写真どうしたの?」

「あ、私Aという雑誌の編集者なんですよ。

それで、そのお店の取材に行こうと思いまして。

写真はそのお店の方が送って来てくれたんですが」

「んん? そんな訳無いよ。この店、10年くらい前に火事起こして焼けちゃったから」

「え!? …お店の方は?」

「みんなそれで焼け死んじゃったと思うけどなあ」

「…それで今はその場所、どうなってるんですか」

「その後、新しく家は建って誰かしら引っ越して来たんだけど…。

いや、まあ、その家族長くしないうちに引っ越しちまったから、今は空き家だよ。しかし性質の悪い悪戯だなあ」

空き家…先程の家かもしれませんが、視線を感じたこともあり、確認するのが恐かったので、おじいさんにお礼を言い、そのまま編集部に帰りました。

帰って来ていた編集長に事の経緯を話し、例の封筒を見せようとカバンの中を漁りましたが、何故か無いんです。

どこかに落としたのかも知れません。『車の中か?』と思い戻ろうとすると、

「多分無いと思うよ、それ」

と編集長に引き止められました。

「5、6年前かな。俺が新人の頃さ、同じようなことがあったんだよな。

そこに行ったのは俺じゃなくて先輩だったんだけど」

「あ、そうなんですか。行ったのはどなたですか?」

「いや、もう居ない。取材に行ったきり帰って来なかったんだよ。

『××町の和菓子屋さん行くわ』と言ってふらっと出掛けたっきり。

当時は結構大騒ぎになったんだよね。車ごと消えたから。

先輩も車も、結局見つからなくてさ。

で、俺は先輩が行く前にその封筒も中身も見たんだけど、お前が言ってたのと大体同じ感じだったかな。

先輩のは確か『きてください』としか書かれていなかったんだけどね。

もちろん、悪戯かもしれないけどさ。気味が悪いよなあ」

…その後、車の中を探しましたがあの封筒は見つからず…。

誰があの封筒を送って来たのか、何故その先輩が消えたのか、何故私が呼ばれたのか…結局判らないままです。

それから3年経ちましたが、郵便が届く度にあの封筒が来ないかビクビクしています。

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

月(フリー素材)

死神さん

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。 ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。 その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。 嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。 今は多少綺麗に並んで…

アパートの階段(フリー写真)

山口さん

以前住んでいたアパートで体験した話。 土曜日の夕暮れ時に居間でまったりしていると、不意にインターフォンのチャイムが鳴ったので受話器を取る。 俺「はい」 訪問者『山口…

山(フリー写真)

山の物の怪

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。 裕福だった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。 ※ ある…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。 それからは仕事に…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。 高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。 6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。 そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。 その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…