きてください

公開日: 心霊体験 | 怖い話

古い住宅(フリー写真)

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。

こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、電話などで掲載依頼を受ける事もあります。

その場合、何となく興味が湧いたら取材に行くという感じです。

お店を選ぶ基準は、このお店なら色々書くことありそうだな、こっちのお店は何かいまいちだな、と言ったフィーリングによるものが大きいです。

ある日、締め切り明けで暇になり、みんなどこかへ遊びに行ったり、得意先周りに行ったりで編集部から殆ど人が消えました。

私は特に行く所も無く、何か面白いことないかなと、その日届いた読者からのハガキを眺めていました。

その中にあった一通の封筒の中には、一枚の写真と便せん。

写真にはいかにも老舗という感じの古めかしい和菓子屋さんが写っていました。

便せんには、何だかインクの染みというか…書いて乾かないうちに擦ってしまったような…とにかく汚い字で

『おいしいですよ ぜひ来てください』

と書かれているだけです。

何だか気味が悪かったのですが、逆に少し興味を惹かれ、

『暇だし覗くくらいならいいか』

という気分になりました。

『来てください』

と言うなら恐らく自薦だろうと、便せんに書かれた住所を見て、大体の位置を把握しました。

…いつもは道路地図やネットで(最低でも店の名前くらいは)調べてから行くのですが、その時は暇だったのもあり、何だか調べるのが面倒だったんです。

見つからなければそれでいいや、くらいの軽い気持ちで出かけました。

1時間ほど車を走らせ、目的地周辺まで到着した私は、近くにあったスーパーに車を停め、そこからは徒歩で探す事にしました。

写真を見ながらてくてく歩く事、十数分。

大体の住所はこの辺だな…と見回すも、そこは閑静な住宅街といった感じで和菓子屋さんなんてありゃしません。

『裏道かな?』と脇道に逸れると、一軒の空き家がありました。

雨戸は閉められ、庭は荒れ果て雑草が生い茂り、一目見れば分かるじめっとした雰囲気。

何だか気持ち悪くなり目を逸らすと、突然上の方から視線を感じました。

はっとその方向を見ると、2階の一室だけ、雨戸が閉められていない窓がありました。

まさか人が居るのか…と、余計に気味が悪くなり、早々にその場から立ち去りました。

暫く周辺を歩くもやはり写真のお店は見つからず、そのまま少し離れた商店街まで来てしまいました。

私は近くの雑貨屋さんに入り、ジュースを買うついでに店主のおじいさんに写真を見せ、詳しい場所を聞いてみました。

おじいさんは写真を見るなり怪訝そうな顔で暫く考え込み、思い出したように言いました。

「ああ、これ、○○さんとこか!で、あんた、この写真どうしたの?」

「あ、私Aという雑誌の編集者なんですよ。

それで、そのお店の取材に行こうと思いまして。

写真はそのお店の方が送って来てくれたんですが」

「んん? そんな訳無いよ。この店、10年くらい前に火事起こして焼けちゃったから」

「え!? …お店の方は?」

「みんなそれで焼け死んじゃったと思うけどなあ」

「…それで今はその場所、どうなってるんですか」

「その後、新しく家は建って誰かしら引っ越して来たんだけど…。

いや、まあ、その家族長くしないうちに引っ越しちまったから、今は空き家だよ。しかし性質の悪い悪戯だなあ」

空き家…先程の家かもしれませんが、視線を感じたこともあり、確認するのが恐かったので、おじいさんにお礼を言い、そのまま編集部に帰りました。

帰って来ていた編集長に事の経緯を話し、例の封筒を見せようとカバンの中を漁りましたが、何故か無いんです。

どこかに落としたのかも知れません。『車の中か?』と思い戻ろうとすると、

「多分無いと思うよ、それ」

と編集長に引き止められました。

「5、6年前かな。俺が新人の頃さ、同じようなことがあったんだよな。

そこに行ったのは俺じゃなくて先輩だったんだけど」

「あ、そうなんですか。行ったのはどなたですか?」

「いや、もう居ない。取材に行ったきり帰って来なかったんだよ。

『××町の和菓子屋さん行くわ』と言ってふらっと出掛けたっきり。

当時は結構大騒ぎになったんだよね。車ごと消えたから。

先輩も車も、結局見つからなくてさ。

で、俺は先輩が行く前にその封筒も中身も見たんだけど、お前が言ってたのと大体同じ感じだったかな。

先輩のは確か『きてください』としか書かれていなかったんだけどね。

もちろん、悪戯かもしれないけどさ。気味が悪いよなあ」

…その後、車の中を探しましたがあの封筒は見つからず…。

誰があの封筒を送って来たのか、何故その先輩が消えたのか、何故私が呼ばれたのか…結局判らないままです。

それから3年経ちましたが、郵便が届く度にあの封筒が来ないかビクビクしています。

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

旧家(フリー写真)

旧家の古井戸

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にも渡って改修工事をして来た家の改築だった。古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。まずは図面を起こす…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。その当時、私と家族は10階建ての団地の…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。恐い場所だという先行イメージ…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。夜道で霊らしきも…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…